ブログパーツ

『エビデンス-全滅-』

2014年12月31日
large_A94PnKqOXvIjLkYuaG8vwDBf9BX.jpg

あらすじ・・・
廃屋で殺人事件が起こり、現場からとんでもないビデオが発見されます。


よくある「ファウンド・フッテージ」モノのていで始まる本作。 
捜査チームが焼け焦げたテープを復元し再生すると、そこに映し出されたのは女優の卵とその親友を取り巻くありふれた日常の風景。 
売れないアイドルのイメージビデオのような毒にも薬にもならない映像がだらだらと続き、やっとこさ「小旅行」という変化が起こったとおもったら、今度は謎のトラップ&謎の廃屋&謎の殺人鬼と、いつかどこかでお会いしたことのあるような既視感たっぷりな展開に。
・・って、この文章だけだといかにもつまらなそうじゃないですか? でも全然つまらなくないんですよ!これが!

発見されたテープの破損していた部分が徐々に解析されてゆくスリル。 
解析と同時進行で行われる容疑者宅のガサ入れの行方。  
そして、まさかのユージュアルサスペクツなオチと見せかけてからの畳みかけの気持ちよさ! 
クライマックスに達したとき、超かっこよかったOPの視点に隠された意味がブワワーっと理解できた時なんてのはもう、膝をバンバン叩きたくなりましたよね!ええどええどー!っつって。

というわけで、「ファウンド・フッテージ」モノという設定を逆手に取ったアイデアに大いに舌鼓を打ったのですが、さすがにラストのアレはあまりにも安っぽすぎるんじゃないでしょうかねぇ。 
この際だから思い切って更にもうひとひねりして、それすらも全てヤラセってことで、犠牲者役と加害者役が鎌田行進曲歌いながら出てくるオチまで行っちゃってもよかったと思います。 



     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

『ダークスカイズ』

2014年12月31日
ダウンロード (2)

あらすじ・・・
失業中の夫とそれを支える妻と絶賛反抗期の長男とかわいらしい盛りの次男というごくごく普通の一家が第三種接近遭遇してしまいます。


UFOをこの目で見るのが人生の一大目標であるわたしですが、その乗組員との接触は絶対ノーサンキューというか頼むから勘弁して欲しいわけで。 
いやだって、イヤじゃないですか、グレイタイプに囲まれるとか。 
夜中に目を覚ましたら掃き出し窓からまばゆいばかりの光が差し込んでブオンブオンという低音が・・とか、もう想像するだけで超イヤじゃないですか。 
で、本作はそんな超イヤな出来事にガッツリ巻き込まれた一家の気の毒すぎる物語でありまして、ホント観終わってからめちゃくちゃ怯えましたよねぼかぁ。

UFO話を大真面目に説明したところで、眉唾ものとして冷笑されるのが関の山。 
ひどい場合は頭のネジがゆるんだ人と判断されることだってあるはず。 
でももし、それが本当だったら?
本人にとっては本当に起こった出来事だったなら? 
そこには「それを経験していない人」からは想像もつかないほどの絶望があるのではないでしょうか。 
誰にも信じてもらえない。  誰にも助けてもらえない。

この手の映画がアメリカでたくさん作られていて、しかも受けている要因のひとつには、年間80万人とも言われる行方不明者(未成年)の問題もあるかもしれないなぁ・・と思わせるラストシーンも戦慄。



     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

『ヒューマン・レース』

2014年12月31日
ヒューマン

あらすじ・・・
突然見ず知らずの場所に集められた人々が、死のルールに則り、最後の1人になるまでひたすら走らされます。

「GANTZ」と「死のロングウォーク」を足して2で割って血糊や火薬でデコレートしたような殺伐ストーリーがとてもおもしろく、いったいどんなオチがつくのだろうか・・とワクワクしながら鑑賞していたら、巨神兵と初号機を足して2で割ってこじんまりとさせたような謎の生き物が出てきて「オレたちの闘いはこれからだ・・・!」で終幕。
 
わー!とんちき映画だー! 極限状態に陥った人間の醜悪な生き様をホラーテイストで描いた意識高い系ホラーだと思ってたら、週刊ジャンプでいきなり打ち切られた格闘漫画ばりのとんちき映画だったー! 

観終わった瞬間は呆気にとられてしまいましたが、今となっては楽しい記憶しかありません。
ただ、「頭がバーン」は最初のインパクトこそあれバリエーションが少なく徐々に飽きてしまうので、もうちょっと出し惜しみしてくれた方がよかったかも。



     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

『トランセンデンス』

2014年12月31日
ダウンロード (1)

あらすじ・・・
みんなジョニデになります。

人工知能の撲滅を図るテログループが専門家や関連施設を破壊 → その筋の権威だったジョニデも襲われ余命わずかに → 夫を死なせたくないジョニデの妻がジョニデの脳みそをコンピューターにアップロード → ジョニデの脳みそが思った以上に進化 → ジョニデを脅威に感じた元同僚がテログループとタッグを組む → FBIも協力するよ! → その筋の専門家モーガン・フリーマンも参戦するよ! → ジョニデvsセカイ → いざ攻撃をかけてみたらジョニデいい人だったみたい → なんかゴメン → ジョニデが死んだから世界中の電力もおちました → ジョニデ・・フォーエバー・・・
なんだこのストーリー。

平和的解決を望むジョニデ率いる人工知能チームと、殺人をも厭わない天然人間チームのぶつかり合いということで、圧倒的にジョニデ側にひいきしたくなります。 
ゆえにスリリングさはゼロです。 
ひたすら人間チームのヤな所ばかりが目につきます。 
それもこれもジョニデを主役にしてしまった代償なのか・・・。 
というか、そもそもテログループが人工知能の専門家を殺そうとしなければよかっただけの話なので、そんなテログループと協力し合う政府だとか研究者だとかに全く共感できない。 まずそいつら逮捕しろよ。 

どいつもこいつもがジョニデになってうっとりとした顔で奥さんに呼びかけるシーンの、何とも言えない「ジョニー・・おまえはそれで満足なのか・・」感が、最近の彼のパっとしなさと相まって胸に沁みるので、それだけでも観る価値ありだと思いました。




     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

『セレンディピティ』

2014年12月31日
c0a88639771a24071405777208881e86.jpg

あらすじ・・・
ジョンキューとベッキン姐さんが運命の恋に落ちます。

「わー遅刻遅刻!」 そう言いながらパンをかじったまま通学路の角を曲がったジョンキューが期せずして飛び込んだたくましい胸。
「いてて・・」と強打したお尻をさするジョンキューに差し伸べれれた白魚のような手。 
「だいじょうぶかい?」 問いかけるベッキン姐さんの薄茶色の瞳に吸い込まれるジョンキューなのであった。  
・・・っていうお話です。(※超訳)

まだニコラス・ケイジ化が進んでいない頃のフレッシュなジョンキューに震えて眠れ! 
クリスマスで賑わうデパートでの運命的な出会いから、お互いに連絡先を書きあった初版本と5ドル札が巡る運命的な道すじから、知り合いの知り合いが知り合いだったという運命的な人脈から、なんとか辿り着いた相手の住所にたまたま別の人が間借りしていたという運命的な悪戯から、思い出のスケートリンクでの運命的な再会まで、恐ろしい程の赤い糸的運命の連鎖が止まりません! 
これぞロマコメ! 
結婚式を迎えるその当日まで「ごめん、やっぱ他に好きな人が」って言い出さないクズさ加減もまさにロマコメ! 
運命の相手以外の人生お構いなしなとこが超ロマコメ! 
要するにロマコメは鬼畜!(今日の結論)




     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

« Prev | HOME | Next »

※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。