ブログパーツ

第81回オスカー その予想 (主演男優賞)

2009年02月16日
ろうも、みらさんこんにちらアガサれす。
あのれすねぇ・・・なんつーか・・・ふぅ・・・   ・・ええと、オスカーみたいなものをやっとる訳ですよ・・。


と、どうにもこうにも真似せずにはいられないような中川(酒)の面白会見で、朝からコーヒーを噴いていたアガサです。

いやあ、日本にはまだまだ面白い芸人さんがわんさか居たんですねぇ・・!

・・え?

・・・芸人じゃない?

彼、今度のR-1決勝組に入ってませんでしたっけ?
だとしたら勿体無いですねぇ。
最近観たコントの中で、一番のクオリティだったと思うのですが。

まぁ、なんつーの? こういう時事ネタって、一年経って読んだらスゴくつまんないんだよね・・うん・・。
と言う訳で本題へ。


主演男優賞・ノミネート

ジェンキンス
■ リチャード・ジェンキンス
・・・
『The Visitor』でノミネート
『ハンナとその姉妹』『イーストウィックの魔女たち』『シー・オブ・ラブ』『ランダム・ハーツ』『ヒマラヤ杉に降る雪』『バーバー』『ザ・コア』『Shall We Dance?』などなど、調べてみるとまぁ出演作が出るわ出るわ。
葛篭の中から大判小判がザックザク状態です。
しかも、そのどれもどの役だったか思い出せないと言う。
いい加減自分の記憶力をどうにかしたい今日この頃です。
アレですかねぇ、あの「一晩敷いて寝ると記憶力がグンバツによくなる」とか言う枕を、20数年前に購入しておくべきでしたかねぇ。(ジャンプとかりぼんとかによく載っていた広告のアレ)

まぁ失った脳細胞の話はさておき。
役は思い出せなくても、この顔は絶対に見覚えがある! そう思わせてくれるジェンキンスさん。
まさに名脇役の鑑のような役者さんが、晴れて表舞台でのノミネート。

だからアカデミー賞は面白いのです!



フランク
■ フランク・ランジェラ
・・・
『フロスト×ニクソン』でノミネート
フランク・ランジェラと言えば、『デーヴ』のイヤミな大統領補佐官ですね!
あと、『スモールソルジャーズ』のアーチャーね!(声のみ出演)
先ほどのジェンキンスさんとは反対に、一度見たら忘れられない悪人顔渋い面持ちで、色々な映画に重みと深みを与えて来たランジェラさん。
意外にもこれが初ノミネートだそうで、いかにハリウッド俳優協会・おっさん枠の皆様が苦渋を甞めさせられているかがよく判りますね。
しかし、ジェンキンスさんに続いてランジェラさんまでが、主役部門でノミネートとは・・・。
涙で前が見えません・・・。+゚(゚´Д`゚)゚+。

なんか今年のオスカーは人と地球にやさしいなぁ・・・。
エコスカーとでも呼んでやろうか。(←流行らなそう)



ショーンペン
■ ショーン・ペン
・・・
『ミルク』でノミネート
なんと今回で5度目のオスカーノミネート。
そしてうち一回は受賞。
もういいじゃない。
それでいいじゃない。

ハリウッドきっての演技派俳優・ショーン・ペンさまに関しては、もう特に言う事も無いのですが、超個人的感想を言わせて頂くとアガサはこの人苦手です。
あの、妙に威圧的で自信満々な顔ね。
「オレ、すげえなりきり演技やってんだろ!」みたいなね。
アガサはもっと謙虚な人がタイプです。(←そういう問題じゃない)



ブラピット
■ ブラッド・ピット
・・・
『ベンンジャミン・バトン 数奇な人生』でノミネート
The・ジョリーズの男前担当・ブラピが、『12モンキーズ』以来2度目のノミネートゲット。
オスカー以外での賞レースでも、ちょいちょい候補には挙がっていましたので、顔だけじゃなく演技もイケてる事は実証済みですね。
今回の作品では、80代の老人から10代の青年まで見事に演じきったと大評判。
まぁ、とは言ってもその半分くらいは優れた特殊メイクによるところが大き・・(ゲグンゲフン)

演技どうこうと言うより、素晴らしく整ったビジュアルや、普通に滲み出ている人柄の良さ、色んな監督さんに愛される人望の厚さなど、こういう方こそハリウッドのスターと呼ぶに相応しいのではないかと思いますね。

え? 「どうこうも言っとけ」ですか?
じゃあ、「どうこう」もアリって事で!



ねこぱんち
■ ミッキー・ローク
・・・
『レスラー』でノミネート
と言う訳で、今年度オスカーの“復活組”ラストは、元フェロモン俳優で元ボクサーのミッキー・ロークさんです!
ノミネートおめでとうございます!!

復活の予兆は、『シン・シティ』の時点で感じていたのですよね。
フェロモン時代の栄光にすがって、無謀な整形手術やヨレヨレのダサファッションを発信していた時期もありましたが、「オレはオレ! おっさんなままのオレでいいじゃない!」と素の自分を受け入れた事で見事復活。
泣ける転落人生経験を見事に活かした、説得力のある演技で他の出演者を圧倒。
今回のノミネート者の中で一番オスカーに近い位置にいるのではないでしょうか。

ホント、是非受賞して貰いたいですね。
アメリカだけでなく、全世界が失望の底にある今、ミッキー・ロークの受賞が人々に「オレたちはまだ終わっちゃいない」という希望の光を与える事は間違いないでしょうから・・・。






ではアガサの予想。

ずばり
ミッキー・ローク
でお願いします!

もうねぇ、今年はミッキー・ロークが獲らなきゃダメなんですよ。
ほんでみんなで泣きましょうよ。
でもって、アガサが個人的に一番獲って欲しいのはフランク・ランジェラさんだったりします。
地道に良作品を支えてきた役者さんが日の目を見る、というパターンで、シーモアやウィテカーの感動を再び・・・!みたいな?

まぁ、ミッキー・ロークだったとしても感動するとは思いますけどね。


さて、明日は 主演女優賞 部門ですよ。
6回目と15回目が繰り広げる女の闘い、乞うご期待!!


     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

第81回オスカー その予想 (助演女優賞)

2009年02月15日
こんにちは、アガサです。
只今オスカー大予想中です。

過去のオスカー予想記事を一応貼ってみますと、こんな感じになります。
2006年オスカー
2007年オスカー
2008年オスカー

それにしても、毎年長い記事書いてますよねぇ。
あと毎年、授賞式までに間に合うかどうかの瀬戸際感が満載ですよねぇ。
で、今年もギリギリ・・・、と。
昨晩も、パソコンの前で「記事を書かなくちゃ」と言いながらも、ネットウォッチ@2chネカマ作戦記なるサイトを3時間掛かりで読みふけってしまい、世帯主さまから
「お前バカだろ」
と直球のツッコミを受けてしまいました。

すみません、バカな子ですみません。・゚・(*ノД`*)・゚・。
でも、ネカマ作戦記はムチャクチャ面白かったですので、皆さんも是非一度覗いてみては如何でしょうか。

あ、あとリンク先に飛ぶ前に、ついででいいのでこの記事も斜め読みして頂けたら・・(´・ω・`)
ついではイヤ!!(⊃ω・`。) (←どっちだよ)



助演女優賞・ノミネート


エイミー
■ エイミー・アダムス
・・・
『ダウト あるカトリック学校で』でノミネート
『魔法にかけられて』で、ゴキブリやらドブネズミやらゴマバエやらイエダニやらを召還していた、暗黒婦女・エイミーたんが、各賞を総なめにした傑作舞台の映画化作品でノミネートゲット。
実は、2005年のオスカーでも助演女優賞にノミネートされていたんですよねぇ。
つまり、元々すごい実力派だったって事ですよ。
去年のオスカーでは、主題歌賞のパフォーマンスとして、なんかの罰ゲームみたいな簡素なセットで歌わされていましたが、それもきっと彼女の真の実力を恐れた者たちが仕掛けた嫌がらせだったのでしょう。

この作品の撮影中でも、やはり彼女の若き才能に嫉妬した者から、シューズに画鋲を入れられたと聞きましたが、このノミネートペースから言うと止むを得ない事かもしれませんね。
周囲のヤッカミに負けず、頑張れ!エイミー!

あと、メリル・ストリープは己の行動を恥じるように。(←とんだ言いがかり)



ペネロペー
■ ペネロペ・クルス
・・・
『それでも恋するバルセロナ』でノミネート
タイトルに罪は無い。
タイトルになんの罪も無いのは判っているけれど、こんなタイトルで観る気が起こる訳ねえじゃんよ!
「それでも」って何だよ!
つべこべ言わずに死ぬ気で恋すればいいじゃない!! それが青春じゃない!!

と、ここまで書いて調べてみたら、これウディ・アレンの新作だったのですね。
いやぁ! どうりでセンス溢れるタイトルだと思った!!(←さいていにんげん)

もはや説明不要の人気女優・ペネロペさん。
トムから怪しい宗教に誘われそうになって逃げたり、マコの平に怪しいボンゴを叩かされそうになって逃げたりと、香ばしい過去もお持ちですが、今は同郷のオスカー俳優・ハビエル・バルデム(別名アントン・シガー)とラブラブだそうで何よりですね。
人生、結果オーライって事でいいんじゃないでしょうか。

ペネロペに関しては以上です。(作品には触れないのか)



ビオラ
■ ヴィオラ・デイヴィス
・・・
『ダウト あるカトリック学校で』でノミネート
お初にお目にかかります、ヴィオラさん。
いや、過去の出演作『トラフィック』や『エデンより彼方に』は観ているので、お初では無いのですが。
でも、その中のどこに紛れ込んでいらしたのかさっぱり思い出せないのですよねぇ・・。
と言う訳で調べてみましたら、『エデンより彼方に』ではジュリアン・ムーア奥様のおうちの召使さんだったようです。
そう言えば居たなぁ・・としか言えない私を、どうか許して欲しい。

それにしてもこの『ダウト』、一作品から主要キャスト部門で4人もノミネートとは、よっぽど俳優陣のアンサンブルが素晴らしいのでしょうね。
いやぁ、必見必見。 ・・・と当たり障りの無いコメントしか出来ない私を、どうか許して欲しい。



タラジ
■ タラジ・P・ヘンソン
・・・
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』でノミネート
『スモーキン・エース』でやたらと慌てる凄腕スナイパーを演じていたタラジさんが、おじいちゃんの体で生まれたブラピを聖母の様な愛で包み込む義母役で初ノミネートゲット。
パっと見、前記のヴィオラさんとクリソツですよね。
実際は5歳も(ヴィオラさんより)若いのにね。
ちなみに息子役のブラピとも7歳も違う(タラジさんの方が年下)なんですってよ。
老けメイクも施されているものの、それだけタラジさんの演技力に説得力があるって事ですわね。

今回のノミネートで、今後のハリウッドに於ける“親切な黒人女性枠”は大幅にタラジさんに流れ込むとアガサはみた。

違ってたらすまん。



トメイ
■ マリサ・トメイ
・・・
『レスラー』でノミネート
今年の“復活組”女性の部はこの人、マリサ・トメイで決まり!
なんかもう、懐かしいですよね!
『忘れられない人』、大好きだったなぁ!
アガサはこの人の声が好きなんですよねぇ。 ちょっとハスキーで艶っぽくて・・・なんつうの?悩殺ボイスっつうの?(←言い回しが平成初期)

実は1992年に『いとこのビニ-』でオスカーゲット、2001年には『イン・ザ・ベッドルーム』でオスカーノミネートと、華麗な経歴も持っているマリサ・トメイ。
中堅女優枠は混雑しているので、なかなか大きい作品に出るチャンスは巡って来ないでしょうが、これからも小規模な良作で活躍し続けて頂きたいものですね。






この部門は毎年悩みます。
なぜなら、観ていない作品が多いから。(←それを言うならどの部門もそうだろう)

毎年、候補者の年齢の事を考えてみたり、過去のノミネート回数から考えてみたり、オスカー会員ウケ度で考えてみたりと、色々迷走して結局外すこの部門。
今年はもう迷いません。

アガサの予想は
ペネロペ・クルス
で決まり!

何故って?
ほら、ノミネートは経験あるけどまだ獲ってないし・・あと若いし・・でも海外の賞は獲った事あるから実力は折り紙つきだし・・・ねぇ・・。(←結局今までと同じ様な発想)
それに、『それでもなんでも恋してやるせなす!』みたいなナメきった様な邦題ですが、中身はウディ・アレン作品ですしねぇ・・。

今回晴れて栄光を勝ち取っといて、あとは去年オスカーを獲った彼氏と思う存分イチャつけばいんじゃねえの?
そんな感じでいんじゃねえの?
はいはい、リア充リア充。(←どんだけやる気ないんだよ)


では、次回は 主演男優賞部門 をサクサクと予想。



     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

第81回オスカー その予想 (助演男優賞)

2009年02月14日
どうもこんにちは、アガサです。

気が付かなかったのですが、いつの間にかアクセス数が50万を超えていまして、本当にありがとうございます。
これもひとえに、こんな特殊なブログを忍耐強く読み続けて下さった皆様のお力添えがあっての事。
だからそんなあなたに何度でも伝えたい。 ありがとうございます、と・・・。.:*゜.:。:.(´∀`).:*゜:。:.

そして、出来ることなら皆様一人一人に直接会って、直筆お礼とか特技のモノマネとかをお披露目したい・・・。
まぁ・・さすがにそれは無理ですけどねぇ・・ いや、ホントはしたいんですよ? やだなぁ・・ホントですってば!!
てな事はさておいて。
こんなふつつかなアガサではございますが、これからもどうぞよろしくお付き合いの程お願い申し上げます。

あと、今回初めてこの記事でお目にかかった皆様、よろしかったら明日からも覗きにいらして下さいませ! マジで! 冗談抜きで!!


さて、では本題に。

古くからお付き合い頂いている皆様には、すっかりお馴染みとなった(ハズ)の恒例企画・オカデミー賞全部門予想を、今年も頑張ってみたいと思っているんですよ!

毎年やっている割には、今ひとつ盛り上がらないこの企画。
でもやらずにはいられない・・・たとえそれが茨の道と判っていても・・・。
という事で、強引に書き綴りますので、1週間だけご辛抱下さいませ。
「チッ・・・! レビューじゃねえじゃん」とか、そんな短気は損気なんだぜ!兄貴!(←姉貴の場合もある)


また前振りが長くなってしまいましたorz
では、早速本題に入ります。


助演男優賞・ノミネート

シャノン
■ マイケル・シャノン
・・・
『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』でノミネート
いきなり知らん人キタコレ。(´Д`;)
なになに、出演作は 『セシルB ザ・シネマ・ウォーズ』 『パール・ハーバー』 『ワールド・トレード・センター』 ・・・。
全部観てるのに、全部ピンと来ないずらよ―――!!
しかし、それこそが優れた助演男優たる証拠だと思うのです。
印象に残らない程度に、頬をすり抜けるそよ風の様に、サンドイッチについているパセリ的な感じに・・・でも、君は確かに其処に居た!!
ほんでたまに「こいつ絶対前に観た事あるぞ~」と思わせる憎いあんチクショウ。それが名バイプレイヤーと言う職業なのです。

・・いや、無論ピント来ないのは、きっとアガサの記憶機能がガラクタだからですけどね!

とにかく初ノミネートおめでとうございます☆


ジョシュ
■ ジョシュ・ブローリン
・・・
『ミルク』でノミネート
みんな知ってた? この人サム(指輪物語)のお兄さんだったんだよ!(※『グーニーズ』)
ナウでヤングなスターとして俳優人生をスタートさせたジョシュ兄さんが、まさか20数年後にこんな渋い俳優さんになるとは・・。
一体誰が予想したでしょうか?!
少なくとも、リチャード・ドナーはご近所さんに「ジョシュはオレが育てた」って言って回っているでしょうね。
あと、スピルバーグは「ジョシュ?・・そんなヤツ使ったっけ?」と、子役への思い入れの無さを自ら露呈してしまうに違いない。

出演作ごとにガラリと雰囲気を変えてしまう確かな演技力が素晴らしいジョシュ兄。
(『プラネット・テラー』と『ノーカントリ-』が同一人物だなんて思えません!)
あと、陰で女を殴っていそうなマッチョな外見もグッドですね☆
今回は、そんなセルフイメージをフルに活かしてゲイ嫌いの保守委員を演じ、栄光のノミネート入り。
嫁のダイアン・レインも、さぞかし高い鼻を更に伸ばして喜んだ事でしょう。



ダウニー
■ ロバート・ダウニー・ジュニア
・・・
『トロピック・サンダー 史上最低の作戦』でノミネート
大好きだったんですよ。
高校生の頃観た『ワン・モア・タイム』で、完全に恋に落ちてしまったんですよ。
でも、絵に描いたようなダメ男だったんですよ。+゚(゚´Д`゚)゚+。

『レス・ザン・ゼロ』 『ピックアップ・アーティスト』 と言った青春スター時代から、 『チャーリー』 『ショート・カッツ』 での絶頂期・・・。
そして、逮捕されたり社会奉仕したり、また逮捕されたり釈放されたりと、「お前さぁ、もう住民票刑務所に移しちゃった方がよくね?」と言いたくなる様な低迷期を経て、ついに不死鳥の様に返り咲いたよダウニーが!
もうねぇ、よかったとしか言い様がないよね!
でも、このノミネート写真を見ると、なんかの悪ふざけとしか思えないよね!
早く観たいなぁ・・『トロピックサンダー』!



シーモア
■ フィリップ・シーモア・ホフマン
・・・
『ダウト あるカトリック学校で』でノミネート
シーモア!! 可愛いよシ-モア!!(←お約束)

第78回アカデミー賞で、主演男優賞を勝ち取ってからはや3年・・。
ていうか、こないだも出てなかった?オスカー。
と思ったら、去年も助演部門でノミネートされてましたよねぇ。
なんだかすっかり、あたいの手の届かないトコロに行ってしまったみたいね・・・。(←最初から届いてない)
作品によって、小狡い役から諸悪の根源、はたまた気は優しくて力うどんみたいな役までドンと来いなシーモア。
絶対可愛いと思います。 異論は認めません。
今回は、厳格なカトリック校の教師でありがなら、「生徒と関係を持ったんじゃねえの?」とメリル・ストリープにガン見される神父さんの役だそうで、かなり評判もいいようですが・・・。
でも・・どうかなぁ・・、今回の受賞は無いんじゃないでしょうかねぇ・・。



ヒース
■ ヒース・レジャー
・・・
『ダークナイト』でノミネート
昨年公開された映画で、ここまで完璧な演技を観る事の出来た映画が存在したでしょうか。
・・・『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のダニ=デイが居た?
おお! 居た居たそう言えば!!(・∀・)(※あっさり確認)
まぁ、とっくの昔にオスカー像を掻っ攫っていた人の事は置いておいて。
この『ダークナイト』に於いてヒースが演じたジョーカーはまさに、永遠に語り継がれるに相応しい完璧な演技。
いや、もう演技とかそういう言葉で表せない程の、観た事の無い狂気の塊。それがヒースのジョーカーだったのです。

むしろ、なんで主演じゃない訳?
闇の騎士って、ジョーカーの事じゃないの?  っていうか、百歩譲って違ったとしても、ここは空気読んでそうだって事にしちゃおうよ!ねぇ!
あと、亡くなった事による同情票というか、希少価値というか、そういうのヤメにしましょうね。 ま、アカデミー会員の皆さんは勿論判っていらっしゃると思いますが。





てな感じで出揃いました、助演男優賞候補者のみなさま。

今年はいつもに増して、オスカー全体に“復活組”が多い様な気がしますねぇ。
この部門の中でも、ジョシュ兄さんにダウニーさんと2人も辛酸を甞めて来たツワモノが・・。
え? ダウニーはともかく、ジョシュ兄さんは落ちぶれていない?
・・・だったら兄さんが『グーニーズ』以降の10数年間ナニしてたか言ってご覧なさいよ!!(←何故か逆ギレ)(でもユアンの『ナイトウォッチ』とトロの『ミミック』に出てた事は覚えている)

まぁ、こういう復活組のみなさんは、ノミネートされただけでもかなり人生再生の狼煙代わりにはなりますので受賞は無いとして、そうなって来ると今回はやはり、ジョーカー以外の名が呼ばれる事は考えられないのではないでしょうか。


と言う訳で、アガサの今年の助演男優賞予想は
ヒース・レジャー
で。


相変わらずスタートが遅くて、今年もギリギリでの更新になってしまいそうですが、頑張って全部門予想しますので、もしよろしかったら皆さまの予想などもお聞かせ頂けると嬉しいです^^


では、次回は 助演女優賞部門 です。


     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

« Prev | HOME | 

※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。