ブログパーツ

ドラえもんは悪くない。

2008年04月22日
どら
おい!そこの元少年、そういう事言ってっと藤子・F・不二雄先生にギッタギタにされっぞ。


今日はどうしても書きたい事があったので、映画とは関係ない記事を・・・。

テレビでも散々やっていましたので皆さんもご承知でしょうが、今日、一人の殺人犯に死刑が言い渡されました。
力の無い女性を殺し、その死体を犯し、彼女よりももっとか弱い乳児を殺し、物のように押入れに詰め込んだ当時18歳の少年には、死刑が相当であると。
そう、判断されたそうなのです。

で、この山口出身のコスプレ大好きっ子(仮名)さんと、彼を死刑台に送らせまいと奮闘する弁護士(自称)のみなさんは、即時にこれを上告したらしく、この愉快な仲間たちの言い分はこうです。

熱狂的な“水道屋コスプレ”ファンのFくんは、母の愛に飢えていた為、若い女性の家を物色していました。
すると、ある家の若奥さんが「おいでおいで」してくれたので、嫌々ながら入らざるを得ませんでした。
そしてなんとなく、「お母さーん」と抱きついてみたらどうも死んでしまったらしく、慌てて生き返らせようと精液を注入。
ふと気付くと、彼女の子供らしき赤ちゃんが泣いていたので、あやそうと首にちょうちょ結びをしてみたら、なんとこちらも動かなくなってしまいました。
こうなったら、ドラえもんになんとかして貰うしかないと考え、若奥さんの死体は押入れに、赤ちゃんの死体はちっちゃいので天袋に入れて、運を天に任せてみたFくんは、ちっとも悪かないんだよ。


ええっと・・・
・・・お前らバカか?


私は “死刑大賛成” ではありません。
悪人の死も、罪なき者の死も、老いた者の死も、生まれて間もない者の死も、どの死であろうと、それはとても悲しく、残酷なものだと思うからです。
当然ですが、仇を討っても亡くなった人は戻りません。
憎い犯人の死を願った末にその死が執行されたとしたら、きっと遺された者は、2つの死の重みを背負って、残りの人生を過ごしてゆかないといけないでしょう。

それに、誰かに対して 「死ねばいい」 なんて、そんな風に思うなんて、自分が哀しすぎます。

でも、この事件に関しては、ここに至るまでの経緯を考えれば、「コイツを死刑にしないと日本はおしまいだ」と言わざるを得ません。
この事件と科せられる量刑を、弁護側は「見せしめだ」と言っているそうですが、なに言ってるんですかヤダなぁ、見せしめですよ?もちろん。
悪い事をしたら、人は痛い目に遭うんです。
人を殺したんだから、殺されても文句は言えないのです。
もちろん、だからと言って闇雲に死刑をばら撒くのは間違いです。
だから裁判があるのです。

この大弁護団(a.k.aアホの集団)は、散々遺族を侮辱して、なにやら訳の判らないことを言っていたようですが、もしその主張が全部真実だとしたら、コイツ(Fくん)は真性のガイキチですよね。
ガイキチを、そのまま再び野放しにするおつもりですか?
やっぱりバカか?お前ら。

ちょうちょ結びだったらとか、ドラえもんを信じてたらとか、お母さんが恋しくてとか、そういうのはこの際問題じゃないのです。
何の罪も無い人間が2人殺され、その内の一人が屍姦された。
この事実が、一番の問題なんです。
この事実は、どう言い訳しても消えないんです。

上告と言う事は、まだまだ “来週・再来週” レベルでの決着はつかないのでしょうね。
つくづく、前回差し戻しを決めたチキンな最高裁の連中が恨めしい限りです。
お前らがハッキリしなかったせいで、遺族はまだまだ苦しまないといけないんだぞ。

最後に、大弁護団とコスプレ野朗に伝えたい事を箇条書きにして、今回の記事を終わらせたいと思います。

● 「死刑にするべきだ」「死刑まではしなくていい」 を決めていいのは、殺された本人と遺族だけだと思うよ。
● とりあえず、もう一回ご本人と遺族に謝れ。
● とりあえず、全国の「母親に自殺され、父親には虐待されたけど、頑張ってまっとうに生きている」皆さんに謝れ。
● とりあえず、ドラえもんにも謝れ。 もちろん、藤子先生にも謝れ。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

漫画「ハクバノ王子サマ」 は反則。

2008年03月13日
ハクバ
そんな呪文、役にたたないんだよっ!(↑詳しくはコミック5巻参照)


先日ある方に教えて頂いた大人向けトキメキ漫画 「ハクバノ王子サマ」 を、人生初のコミックレンタルにて大人借りしてみました。(大人買いじゃないトコロが泣ける)

あらすじを簡単に書きますと、
32歳独身の女教師・原多香子(通称タカコサマ)と、脱サラして教師になったばかりの小津晃太郎(25歳・婚約者アリ)が、そりゃもうワシャワシャしまくるお話。
です。

只今第9巻まで発売されていて、アガサが借りる事が出来たのは8巻までだったのですが、まあもう大変なやきもきコミックですね・・これは(ゴクリ)。

どえらい美人なのに恋人が居ないタカコ。
孤独と空虚さに耐えられず、同僚の年上教師とプチ不倫に陥りそうになっていた所で、新任の小津と出会ってしまう。
生徒にけしかけられた勢いでタカコを食事に誘う小津に、本気でトキメいてしまうタカコは、それをきっかけにどんどん小津へと気持ちが傾いてしまいます。
一方小津は、イギリスに留学中の婚約者に変わらぬ愛を誓いつつも、なんとなくタカコが気になってしまい、ふとした拍子にタカコの不倫疑惑に気付いてしまった事から、より一層彼女への気持ちが大きくなってしまうのですが・・・。

・・・一言いいですか?

・・・なんだよ、お前ら相思相愛なんじゃん。Σ(*`Д´)

「想いと言えば片想い」 が人生のテーマ(?)だったアガサにいわせりゃ、
「だったら小津は婚約解消して、タカコと付き合っちまいナ!」
と、さっさと一刀両断してやりたい様なお話なのですが、小津が妙に真面目に婚約者に義理立てする性格のせいで、話はちっとも先に進みません。
婚約解消する気もないクセにタカコに思わせぶりな態度ばかり取る小津は、もはや国家の敵です。

・・・とはいえ、しがらみを断ち切ることが出来ず、人生が狂うかもしれない様な賭けに踏み切る事が出来ない小津の姿は、こういう状況下での至極リアルな私たちの姿なのかもしれませんし、
「遠方にいる婚約者から略奪したるわい!」
と、思い切った行動に出る事が出来ずに鬱々とするタカコの姿もまた然り。

いいじゃないか。
思う存分悩みたまえ、若者よ。

と、若干上から目線でアドバイスしたくなるくらい、口に出せない想いや、振りほどく事の出来ない想いにワシャワシャするタカコと小津の恋の行方に、これまた一人ワシャワシャせずにはいられないアガサだったのでした。

しかし、小津がどんどん好きになって行くタカコが、
「果たして自分は何を求めているのだろう・・?」
と自問自答した末に、
「きっと、好きな人から好かれたいだけなんだ」
と言う気持ちに辿り着くシーンは、痛いですね。
ホントに痛いです。(心が)

・・・何さ?

・・みんなも憶えがあるだろうさ、こういう気持ち? え?え?
 (←何故か逆ギレ)


と言う訳で、このブログを読んで下さっている方で東京にお住まいの方。
もしも街でバッタリ佐野史郎さまに出会う事があったら、
「岡山のアガサが好きだと言っていた」
とお伝え下さい。 (そんなオチか)

とっても胸が締め付けられて、動悸息切れ必至の 「ハクバノ王子サマ」 。
皆さんも一度お試しあれ。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

パーフェクト・アンサー。

2008年02月09日
ヨンコマ

ヨンコマ2

ヨンコマ4

ヨンコマ3


土曜日から公開になる2作品、
『L change the WorLd』 

『チーム・バチスタの栄光』 
がとてつもなくドストライクゾーンだったので、どちらを観に行こうか迷っていたアガサに、世帯主さまが衝撃のお返事を下さいました。

くそぅ・・・っ!来週がバレンタインと知っての狼藉かぁっ!(チョコは諦めた上での発言であろうな?!)

諸事情を抱えるアガサは、世帯主さまのサポート無くして劇場鑑賞が出来ません。
あぁ・・・ やっぱ 『ホステル2』 はDVDで我慢しとけばよかったなぁ・・・・゚・(ノД`;)・゚・

悔しいので、世帯主さまの似顔絵を晒してやりましたとさ。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

そこで見た夢

2007年11月13日
いつも幣ブログを覗きに来て下さっている方、お久しぶりです。アガサです。
たまたま今日うっかり幣ブログを開いてしまった方、はじめまして。アガサと申します。

結論から言いますと、また風邪を引いて寝込んでました。

元々が虚弱体質なものですので、もういい加減やんなっちゃう(というか学習しろ)という感じなのですが、またもや高熱でギャフンと言わされてしまいました。
本当に疲れました。

で、そんな寝込み中にアガサがもっぱら見ていた夢がコチラ。
↓        ↓       ↓      ↓
20071113231953.jpg


・・・うなされるっちゅうねん。
( ※ナギ・・・デモンズ’95に登場する純なヤツ。でも首が無い。)

それはさておき、お陰さまでほぼ回復致しましたので、また頑張ってヘタレ記事でも書いてみようかな・・と思う所存でございますので、宜しかったらまた覗いてやって下さいいやむしろお願いします。
お願いついでで恐縮ですが、ブログランキングの方もポチポチっと押して頂けるならば、小躍りするアガサが目に浮ぶ事かと・・。

では、皆様もお体にお気をつけて・・・。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

押し問答 in お茶の間。

2007年07月20日
最近のアガサ家。


♪ テキレイナマ・マ・テキレイキ・

♪ デキレバ・テキ・テキレイキ・


♪ テキテキテキテキテキテキ

20070720230734.jpg
※ ↑国際女優・菊池凛子


・ ・ ・ い や で す 。


と、心の中で返答してしまうアガサ・花の30代。
だってなんか怖いんだもん。

そして数時間の後に、再びテレビの前で繰り返される押し問答。

・・・すまんが、わしにはお前さんの求婚に答える事は出来んわい。(求愛されて無いだろうけど)

と、この様に観る人の心を捉えて離さない、話題沸騰のCM 『適齢期.com』 。
ショートムービー・バージョンがHPで観られるとの事で、何となく覗いてみました。
・・・なんと言うか、凄まじい作品でした。

アガサがちょっとばかし「自分の中の女部分」に気を抜いている間に、“女(おんな)世界”ではこういうオサレな恋物語が「ステキ~」と言われる事態になっていたのですね。

こりゃあ、 『300』 なんぞを観てウォーと猛ってる場合じゃないですね。
“女世界”から完全離脱してしまわない様、気を引き締めて行きたいと思います。

・・・でも、やっぱりコレの凛子さんはちょっと怖いです。
あと、関係ないですけどコレの凛子さん、ちょっとゆで卵に似ています。
ホント関係ないですけど。

『適齢期.com』 ←色んな意味で凄いショートムービー。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

« Prev | HOME | 

※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。