ブログパーツ

第80回オスカー その予想 (主演女優賞)

2008年02月20日
明日は楽しい 「ショック!残酷!切株映画の世界(洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)の発売日ですね♪
こればっかりは買わずにはいられない。
いや、これを買わずして何を買えというのだ?
うーんと・・、お米? わお!もう米びつ空だった━━━!
はぁい、ヒット&ラーン♪ヒット&ラーン♪(←アガサ崩壊)

なんだかここ数日、品行方正なアカデミー賞関連にかかりっきりで血の気の多いものに全く触れていないので、物凄くフラストレーションが溜まっています。
と言うか、多分アガサの成分の7割以上がフラストレーションです。
残りの3割は優しさです。 (少なっ!)

話を先に進めましょうね。OTL

主演女優賞・ノミネート

 ケイト・ブランシェット・・・
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』でノミネート
と言う事で、 “助演” 部門に引き続き “主演” でも見事ノミネートに輝いたブランシェットの姐御。
こうなったらもう、登場人物全員をブランシェット姐に演じてもらい、、エディ・マーフィか?北島マヤか?という位のカオスな映画を作って貰いたい気分です。
間違いなく、メリル・ストリープ街道をまっしぐらで、将来に一片の曇りも見出せないブランシェット姐には
『ゴールデン・エイジ』の予告って、観るたびにバカ殿を連想してしまうんだよねぇ・・
なんて打ち明けられる筈も無いアガサなのでした・・・。


 マリオン・コティヤール・・・
『エディット・ピアフ 愛の賛歌』でノミネート
フランスのアカデミー賞ことセザール賞を小脇に抱え、新たな刺客がやって来た・・・!
エディット・ピアフのなりきり演技が評価され、フランス映画界の若き演技派マリオンさんが見事ノミネートゲット。
バートン監督の『ビッグ・フィッシュ』では、主人公のよき理解者である妻を演じていましたねぇ。
特筆すべきはベッソンのアレな映画『TAXI』シリーズ。
暴走主人公のモナムーな恋人役で、シリーズ皆勤賞というなんとも律儀な一面を披露。
映画業界に敵はいないと見た!


 ローラ・リニー・・・
『The Savages』でノミネート
ローラを見ないで、ハリウッド映画を観るのは不可能だ。
と言っても過言では無いイヤゴメン過言かもと言う程の、ジャンルを問わない多作っぷりを誇るローラ・リニーさんが、草原に吹き渡る風の様に爽やかに3度目のノミネーション。
『トゥルーマン・ショー』の偽装妻役、『ミスティック・リバー』のショーン・ペンの妻役、『エミリー・ローズ』の弁護士役など、どの作品でも一度観たら脳裏に深く刻まれる名演技を魅せてくれています。
最近ちょっとパっとしないジュリアン・ムーアのポジションを、このまま一気に掻っ攫って行く事が出来るのか?!
GO! リニー! GO!


 ジュリー・クリスティ・・・
『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』でノミネート
『ドクトル・ジバゴ』 『ナッシュビル』 『天国から来たチャンピオン』 などなど、6~70年代のハリウッドを支えた大ヒロイン。
今作では“認知症の老夫人”という、オスカー会員の爺さま方が涙無しでは観られない高ポイントの役どころで、10年ぶりのオスカーノミネートをゲット。
余談ですが、ノミネート一覧で初めて名前を見た時、一瞬「ジュリー・デルピー」と勘違いしちゃったぜ!
これぞ余談!!(ホントどうでもいいな)


 エレン・ペイジ・・・
『JUNO ジュノ』でノミネート
師匠! やりましたね師匠!!
『ハード・キャンディ』 で、ロリコン野郎どもを地獄送りにしてくれた、ヘイリー師匠ことエレン・ペイジたんが、若干21歳にして初ノミネートをゲット!
今回は想定外の妊娠にドギー&マギーな女子高生役だそうですが、避妊をしようとしない不届きな若者を、再び地獄に叩き落す・・・訳ではないのですね。きっと。(嗚呼残念)
次回作はサム・ライミの新作ホラーだそうで、ますますコッチ側のファンの胸をトキメかせてくれる事必至ですね
アガサはヘイリー師匠にどこまでも着いて行きますぜ!!






さて、アガサの予想は当然の如く
師匠・・・ じゃなかったエレン・ペイジちゃんで。

オスカー受けしそうな大ベテランのジュリー・クリスティさんとか、
そろそろ貰って当然なローラ・リニーさんとか、
考えれば考えるほど迷ってしまいますので、ここはキッパリ諦めます己の嗜好に身を任せます。
次世代の演技派も、きちんと評価する気になるか・・・?オスカー会員どもめ!(何故暴言)

次は 監督賞 です。


     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

第80回オスカー その予想 (主演男優賞)

2008年02月19日
今日は主演男優のやつらを、まとめて予想してやんぜ!

主演男優賞・ノミネート

 ヴィゴ・モーテンセン・・・
『Eastern Promises』でノミネート
すごいよ馳夫さん!
世紀の名作『ロード・ブ・ザ・リング』のアラゴルンこと馳夫さんことヴィゴ・モーテンセンが、クローネンバーグとの2度目のタッグで見事オスカーノミネーション。
とても『悪魔のいけにえ3』で、レースのエプロンつけてフンフン言っていた人の行く末とは思えません。
とても『ダイアルM』で、ケロヨン(※グィネス・パルトロー)相手にフンフン言っていた人の行く末とは(以下略)。


 ダニエル・デイ=ルイス・・・
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』でノミネート
よっ!おやっさん、開いてる?
と、行きつけのホルモン焼き屋を覗く中間管理職のごとく、今年もサクっとやって来ましたダニ・デイさん。
ええっと、今回で4回目のノミネートですか。
しかも全部“主演”だそうで。
わーすげーすげー。(棒読み)

とりあえず次。
 トミー・リー・ジョーンズ・・・
『告発のとき』でノミネート
意外や意外、“主演”では始めてのノミネートだそうです。
何を隠そう宇宙人です。
最近は、メイド喫茶でオムライスを食べているのが目撃されていました。
って、本国ではトップシークレットでしょうね。間違いなく。
渋み溢れる演技で、どの作品にも確実に深みを持たせてくれる、稀有な役者さんですね。
「映画はクソ今ひとつだけど、トミー・リーはよかったね」
と言われる事が非常に多いおじさまなのでは。

どうでもいいですけど、『告発のとき』って邦題は何とかならなかったのでしょうか?(原題は「IN THE VALLEY OF ELAH」)


 ジョージ・クルーニー・・・
『フィクサー』でノミネート
ぼくらの頼れる兄貴、ジョージ・クルーニーが、大活躍した第78回に続き今回は“主演”でノミネート。
元弟分のマーク・ウォルバーグも、草葉の陰で喜んで・・(←暴言)
人柄もいい、顔もいい、羽振りもいい、イイトコ尽くしで弱点の無い男・ジョージ兄貴。
きっと、 『リターン・オブ・ザ・キラー・トマト』出演 という黒歴史も、爽やかに笑って話せる度量を持っているのでしょうね。ああつまらん。
政治にもかなりの関心を持っているご様子ですし、案外20年後くらいの米国大統領は兄貴かもネ!!


 ジョニー・デップ・・・
『スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師』でノミネート
全国の女子高生のみなさーん!
例の「歌って捌ける髭剃り屋」映画のお陰で、天下のジョニデが3度目の“主演”ノミネートだよー!

しかし・・・海賊のアレとか髭剃りのコレとか、オスカー候補というにはちょっと物足りない様な気がしませんか・・?
あれだけの眼力を持つのは、ジョニデがバンコランくらしかいないと思いますので、その力量を評価されたという点で言えば納得なのですが。
ま、なんにせよ今年もバネッサ同伴で授賞式を盛り上げて下さる事でしょう。




ロシアマフィアの謎の男ヴィゴ。
石油発掘で天国と地獄を見たダニ・デイ。
イラク戦争で人生を狂わされた退役軍人トミー・リー。
表沙汰に出来ない罪を闇に葬る「揉消し屋」ジョージ兄貴。
日曜大工もお手の物な髭剃り屋ジョニデ。

この中で賞を勝ち取るのは・・・
ダイエル・デイ=ルイスでしょうね、きっと。

ジョニデが獲る事は、「日本アカデミー賞で香取慎吾(西遊記)が主演男優賞を獲る」と言うのと同じくらい無いでしょうし、トミー・リー&ジョージ兄貴も・・ちょっと無さそうですかねぇ・・。
すると残るは、ダニ・デイとヴィゴの一騎打ちな訳ですが、第75回の『ギャング・オブ・ニューヨーク』で落選した時のダニ・デイのおっそろしい顔を思い返すと、オスカー会員は票を入れずにはいられないのではないでしょうか。
そりゃもうアガサだって、今思い出しただけで震えが来ますよ((((;゜Д゜)))。

と言う事で、だいぶ予想してきたつもりですが、まだ3部門しか書けてない・・orz
果たして受賞式(月曜日)までに全部門書けるのでしょうか・・ (これ毎年言ってんなぁ)

次回は 主演女優賞 ですよ!

     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

第80回オスカー その予想 (助演女優賞)

2008年02月18日
先日、観たい観たいと駄々をこねていたアガサを見かねて、親切な方がアノ『BLACKSHEEP』を貸してくださいました!。(←何だかとっても既視感)
ところが、連日のオスカー予想記事に苦戦中のアガサは、その貴重なDVDをモニター前に飾ったまま・・。
こんな・・・夢に観続けた黒羊が、おいらの手元にあるってのに・・まだ・・まだ観れないなんて・・・・゚・(ノД`;)・゚・(イヤ、先に観ればいいだけの話なのですが)

そうだ!この『黒羊』は、オスカー予想が見事当たった暁に、自分へのご褒美として鑑賞しよう!
そうだそうだ、そうしよう!!
モチベーションも上がるってもんさ!

・・え? 大幅にハズレた時?
そらやっぱアレでしょ? 労いの意味を込めて鑑賞するっきゃないでしょ?(※要するに早く観たい)

と言う訳で、己の中の欲望と闘いつつ、今日もちまちまとレッツ予想。


助演女優賞・ノミネート

 ケイト・ブランシェット・・・
『アイム・ノット・ゼア』でノミネート
ワ━━━! また出たー!おかーさーん!!
もう、これで何度目なのでしょう・・・。
毎度お馴染みケイト・ブランシェットさんが、今回は助演と主演でダブルノミネート。
と、思ったらなんと、助演部門ではまだ、これでたったの3回目なんですねぇ・・ノミネーション。
オースラトリア出身なのにイギリス人みたいな空気を身に纏うケイトさんは、3回しかノミネートされていないのにメリル・ストリープ級の貫禄を身につけてしまった様です。
しかも今回は男装(男性役)でノミネート。
ケイト・・・怖い子・・!!


 セルシャ・ローナン・・・
『つぐない』でノミネート
今年もありましたねぇ。オスカー子供部門が。
オスカーというモノには、今までも散々お子様のノミネート(やドッキリ受賞)の例があったのですが、今回のお子様もたったの13歳での初ノミネート(当たり前か)に輝きました。
オスカー会場の平均年齢をたった一人でサルベージしようとは、なかなかどうしてアッパレなお子ぢゃ!(←誰?)
ま、これに懲りずにこれからも頑張れ!(←暴言その1)


 ルビー・ディー・・・
『アメリカン・ギャングスター』でノミネート
ベテラン部門でノミネートされたのは、御年84歳の大ベテラン、ルビー・ディーさんです。
アガサが知っているのは『ザ・スタンド』の黒人老婆役くらいなのですが、『ドゥ・ザ・ライト・シング』にも出演されているようですね。
こういう、表舞台には立たないけれど裏をしっかり支える役者さんが、もっと沢山ノミネートされるといいのに・・と思わずにはいられません。
毎回毎回ノミネートされる様な役者さんも、確かに文句なしの実力を持っているのでしょうが、
「あぁ、そういえばアレでもコレでも観た事あるなぁ・・この人」
という様な方こそが、真の助演俳優に相応しいのでは。
なんてな。


 エイミー・ライアン・・・
『Gone Baby Gone』でノミネート
殆ど知らない女優さんなのですが、どうやら『カポーティ』でクリス・クーパーの奥さん役を演じていた模様・・。
あぁ・・そういや観た事あるっけなぁ・・そんな人 (←ね!コレね!)
まぁなんだ・・、頑張って! (でも投げやり)


 ティルダ・スウィントン・・・
『フィクサー』でノミネート
皆のもの~~!下がれ下がれぇぇっ!
スゥイントン様の御前であらせられるぞぉぉっ!!(o゚ロ゚)ノ

男になったり女になったり、性別を軽々と越えることの出来る(しかも自然に)女優さんといえば、やはりこの人。
『オルランド』『コンスタンティン』の演技は、アガサにとってネ申です!
ちょいとそこの自称ボブ・ディランさんよぉ。
ちょっと男役が受けたからっていい気になんぢゃないわヨ!
こちとら元祖・男女なんだかんね!!
と、ティルダさんが言ったとか言わないとか言う訳ないとか。(さあどれでしょう)
実は何気にケイト・ブランシェット似。(※アガサ独断)




さて、幅広い年齢層がノミネートされたこの部門ですが、アガサの予想は
ルビー・ディーさんで。

ホントはホントは、大好きなティルダ様に獲って欲しいし、獲りそうな雰囲気もあるのですが、ここ数年助演女優部門に高齢受賞が無い事などを鑑みても、ルビーさんの感動受賞が可能性大なのではないかと・・。
もちろん、俺たちみんな、ケイトが大好きさ!(byオスカー会員)と言う傾向も考えれば、ブランシェット姐さんの受賞も大いに有り得そうですが。

・・いや、ここはやっぱりルビーさんで。
多分次は無いだろうし。(←暴言その2)
出来る事なら助演男優部門のハルさんと高齢W受賞して、オスカーの壇上をひなたぼっこの縁側オーラで包み込んで欲しいものデス。(若干意味不明)

さあ、次は 主演男優賞 の巻ですよ~!
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

第80回オスカー その予想 (助演男優賞)

2008年02月18日
オッス!オラ、アガサ!
2年前に始めたオラのブログも、みんなのお陰で3年目に突入したぞ!
夢はでっかく “映画芸術科学アカデミー入会” っていうオラだけど、これからも応援ヨロシクな!!


・・うん・・、それちょっとでっか過ぎるな。

と言う訳で、
初めて当ブログをご覧になっている方、
いつも当ブログをご覧下さっている方、
当「すきなものだけでいいです」を書面上牛耳っているアガサと申します。
なんだかんだで、本日満2歳の誕生日を向かえる事が出来ましたが、これもひとえに皆様の励ましがあっての事と思っております。
これからもホラー色の強い、ラグジュアリーでコンテンポラリーなブログを目指して参りますので、どうぞ宜しくお付き合い下さいませ。

・・・じゃ、いつものアレ、行ってみますか。

助演男優賞・ノミネート(←いつものアレ)

 フィリップ・シーモア・ホフマン・・・
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』でノミネート
シーモア! 可愛いよシーモア!!
2年前に『カポーティ』で見事主演男優賞を獲得した、アガサ大好きシーモアたんが、今回は助演男優賞でノミネート。
それもそのはず、そもそもシーモアはもっぱら“脇で主役を喰っちゃう”のが専門の役者さんなのです。(←アガサ独断)
『ハピネス』での変態電話男、『マグノリア』での心優しき介護士、『パンチドランク・ラブ』でのヤクザなどなど、どの作品でもキッチリ成果を残しているシーモアが今回、実話に基づいた社会派コメディでまたもやいい仕事を残したようです。
これで、オスカー受賞直後に出ちゃったアレ(※トム様の不可能な作戦)を払拭出来るね!
てか、悪い虫にでも刺されたと思って、アレの事はきっぱり忘れちゃいナ! シーモア!


 ハル・ホルブルック・・・
『Into the Wild』でノミネート
今年の助演男優・ベテラン部門(アガサが勝手に選別)でのノミネートは、ハル・ホルブルックさん。
『カプリコン・1』の腹黒博士、『大統領の陰謀』のディープスロート、『クリープショー』『ウォール街』などなど、あらゆるジャンルで強い印象を残す名脇役のハルさんを、あなたもきっと一度は観た事があるハズ!
御年83歳のベテランが、冥土の土産に貫禄たっぷりに堂々ノミネート。


 ケイシー・アフレック・・・
『ジェシー・ジェームズの暗殺』でノミネート
エレクトラを嫁に持つデアデビルことベン・アフレックの弟ケイシーが、助演部門でノミネート。
アガサが観た事があるのは、『グッド・ウィル・ハンティング』『200本のたばこ』くらいなので、青春映画の若手スター的ポジションなのだと思っていたのですが、しっかり地に足つけてキャリアを伸ばしていたのですね。
感心、感心。 (何だこの上から目線)


 トム・ウィルキンソン・・・
『フィクサー』でノミネート
今年の助演男優・イギリス部門でのノミネートは、これまた誰もがきっと一度は観た事あるであろうトム・ウィルキンソンさん。
『フル・モンティ』の冴えないおじさん(それは全員か)、『恋におちたシェイクスピア』の演劇好きな金貸し、『エターナル・サンシャイン』のドクター、『エミリーローズ』の神父さんなどなど・・・ね、ピンと来るでしょ?
いかつい顔とは裏腹にキュートな役もよく似合うトムさんが、ジョージ兄貴のサスペンスミステリー『フィクサー』でノミネートゲット。
やはり役どころは「フィクサー」なのでしょうか?(ちなみに原題は「MICHAEL CLAYTON」)


 ハヴィエル・バルデム・・・
『ノーカントリー』でノミネート
『ライブ・フレッシュ』で初めて見た頃は、もっと線が細くてイケメンだった様な気がするのですが・・・。
第77回のオスカー外国語映画賞を獲った『海を飛ぶ夢』で、尊厳死を願う寝たきりの男性役を見事に演じ、今やすっかりスペインを代表する演技派俳優となったハヴィエルさんが、コーエン兄弟の新作『ノーカントリー』では非情な殺し屋に大変身。
どすこい体形で迫力のある演技を披露しているようです。
それにしてもゴツイ。
気を抜いたら、ばんばひろふみとうっかり見間違えてしまいそうです。




当ブログを隅から隅までご覧になった方ならご存知かもしれませんが、何を隠そうオスカーが大好物のアガサ。
毎年この時期は、各部門別に受賞者予想をちまちま書いているという按排でございやす。
(以上、“いつものアレ”の解説)

ズバリ、アガサの今年の助演男優賞予想は
トム・ウィルキンソンさんで。

この部門、限りなくハヴィエル臭が立ち込めてはいるのですが、オスカー会員のイギリス好き&今までの功績を考えたら、トムさんもイイ線行っているのでは。
そしてなにより、アガサが(このおっちゃんを)好きだから

去年は殆ど当たらなかったので、今年は当たって欲しいです・・・。(好き嫌いで予想してたらダメか
また、よろしかったら皆さんの予想もコメント欄にお寄せ下さいね♪
アガサと一緒にあーだこーだ言ってくれる方、只今大募集中です。

では、次回は 助演女優賞 行きますね~!
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

« Prev | HOME | 

※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。