ブログパーツ

第78回オスカー その予想(監督賞)

2006年03月04日
いよいよ、オスカーまであと2日になりました。
出席する女優の皆さんは、今頃何をしているんでしょう。
パーマネントでも当てているんでしょうか。
皆さん、さぞかしキリキリしているんでしょうね。
女同士の意地とプライドのガチンコ勝負の場、アカデミー賞。
まさに実録『デス妻』状態ですな。
字幕版で観てみたいものです。(前回の記事を引きずり中)

では今日は監督賞行ってみたいと思います。
スティーヴン・スピルバーグ・・・
『ミュンヘン』でノミネート。
言わずもがなの、ハリウッドの帝王です。
この人くらいになると、電話でも「オレだけどさー」で済むんでしょうね。
「オレオレ。 ちょっとキャスティングで揉めててさー。 バイク便そっちやるから20万ドル程託けといてよ。」って、“振り込め詐欺”かよ!
しかし、ハリウッドは操れても、観客動員だけは操れないようですね。
『インディ4』の行方も気になります。


ベネット・ミラー・・・
『カポーティ』でノミネート。
パッと見、“ベット・ミドラー”かと思いました。
これが長編2作目、しかも1作目はドキュメンタリーだそうなので、今回のノミネートはかなりラッキーですね。
よっぽど作品の出来がいいのでしょう。
授賞式では、オヤジ揃いの監督賞候補者達の中で、一際輝いて見えることでしょう。


ポール・ハギス・・・
『クラッシュ』でノミネート。
去年、監督賞を勝ち取った『ミリオンダラー・ベイビー』の脚色を担当したポール・ハギスが、今年は自身が監督賞にノミネートですか・・・。
すごいですね。
永年の苦労が報われると言うものです(本当に苦労していたのかは知りませんが)。


ジョージ・クルーニー・・・
『グットナイト&グットラック』でノミネート。
ハリウッド一の伊達男が、助演賞に続いて監督賞でもノミネートです。
もはや、オスカー授賞式と書いて、クルーニー祭りと読んでもいいのではないかと言うほどの活躍ぶり。
俳優が気まぐれにメガフォンをとる事は珍しく無いのですが、監督1作目の『コンフェッション』も中々いい作品でしたから、ひょっとするとクリント・イーストウッド道を進んでいくのかも知れませんね。
少なくとも、ケヴィン・コスナー道で無い事だけは、間違いないでしょう


アン・リー・・・
『ブロークバック・マウンテン』でノミネート。
『ハルク』を撮らされた後、「もう監督は辞める」と言ったとか言わないとか・・・。
ともかく、辞めないでよかったですね。
『グリーン・デスティニー』の時にもオスカーノミネートされていましたが、あの作品は私の中で“無茶苦茶なワイヤーアクションの先駆け”作品として、その後の中国大作映画にもたらした損害は計り知れないモノと、かなり評価が低いです。
もともと撮っていた作品は、小粒ながらもピリリと辛い、素晴らしい人間ドラマが多かったので、今回の『ブロークバック・・・』も原点復帰、と言った所なのでしょうか。
アメリカの魂、“カーボーイ”を“ゲイ作品”にすると言う、怒る人はとことん怒るであろう作品を、ここまで評価の高いものに仕上げるところが、流石だと思います。



以上が、ノミネートされた方々です。
私の予想は、希望も含めてアン・リーです。
監督経験・知名度共に、余りに低いポール・ハギス&ベネット・ミラーは除外して、“オレオレ”の人も、今このタイミングでは無いでしょう。
そうなると、実績を考えてもアン・リーの圧勝じゃないでしょうか。
ただ、ハリウッドは俳優兼監督に結構弱い(ケヴィン・コスナーの例もあるように)。
もしかしたら、ゲイ嫌いのオスカー会員票が大量に動いて、ジョージ・クルーニーがお神輿でワッショイワッショイ(要するに受賞)、と言う事もありうるかもしれません。

しかし、一つ気になるのは、ジョージ・クルーニーが誰をエスコートして来るのか、と言う事・・・。
マット・デイモンは結婚しちゃったしなー・・・。

さて、後残るは作品賞(や、その他いろいろ)。
なんとか明日中に、その他の部門の予想も終えたいと思います。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

第78回オスカー その予想(主演女優賞)

2006年03月01日
全く気にしていなかったのですが、“日本アカデミー賞”の発表も近いらしいですね。


全く以ってどうでもいいですけど。


どうでもいいですけど。


ほんとどうでもいいですけど。



どうでもいいので、どうでもある本家アカデミー賞いってみましょう!

主演女優賞
シャーリーズ・セロン・・・
『スタンドアップ』でノミネート。
2003年の第76回に引き続いて、またまた主演女優賞にお目見えとはアッパレですね。
『モンスター』でオスカーを獲った時、「これで自分の人生に欲が無くなった」みたいな発言をしていましたが、懲りずに“実話モノ”を選んだ所に、彼女の飽くなき野心を感じてしまうのは私だけでしょうか。
でもまあ、人一倍根性が座っている所や、野心マンマンな所がある女性はキライでは無いので、これからも精一杯トップ目指して頑張ってもらいたいですね。


キーラ・ナイトレイ・・・
『プライドと偏見』でノミネート。
『SWエピソード1』でのアミダラ姫の影武者役で名前を売ってからと言うもの、若手女優の出世頭として大活躍中ですね。
と、いうものの、主演作は『キング・アーサー』や『ドミノ』など、どう贔屓目に見てもヒット作とは言えないモノもあるのですが・・・。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』さまさまですね。
『ラブ・アクチュアリー』みたいに、ちょっとの出演で魅力が全開な物もあるので、演技力はそこそこあるのでしょう。
それにしても、いろんなところで言われていますが、ホントに全盛期のウィノナ・ライダーにそっくりですね。
本家がすっかり過去の人となった今、インディーズからメジャーまで若手演技派として重宝されるのは確実でしょう。
話は逸れますが、ゴールデン・グローブ授賞式でエマ・トンプソン(オースティンの『いつか晴れた日に』でオスカー受賞)が『プライドと偏見』を紹介した時、「ジェーン・オースティンといえば私でしょうが どうしてキャスティングしてくれなかったのさと言った時、冗談めかしていたものの眼がマジだ・・・と、背筋が凍る思いをしたのは私だけでしょうか。


ジュディ・デンチ・・・
『MRS.HENDERSON PRESENTS(原題)』でノミネート。
出ました。
デイム・ジュディ・デンチですよ。
爵位を持ちつつ、B級臭い作品から格調高い作品までコンスタントに出演している、オスカー女優です。
恐ろしいほど箔が付いてます。
『恋に落ちたシェイクスピア』での“8分の出演でかっさらったオスカー”は、今や伝説とも言えるでしょうね。
そんな効率のいい仕事を、私もしてみたい物です。
ちなみに、同じく『恋に・・・』のジョン・マッデン監督作、『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』は、今回はどの賞にも引っかかって無い様です。
ケロヨン(AKA:グウィネス・パルトロウ)は目論見が外れてさぞかしガッカリでしょうね。
それにしても『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』って・・・。
もうちょっとましな邦題は無かったのでしょうか。
メグ・ライアンとラッセル・クロウが出ていた例のヤツと、区別が付きません。


フェリシティ・ハフマン・・・
『TRANSAMERICA』でノミネート。
デスパレートな妻が、“女になりたい男”を演じて見事ノミネートされました。
予告を観ましたが、最初『デス妻』だと気付きませんでした。
かなり気合の入った、素晴らしい演技をしていると思われます。
・・・しかし、実際のところ日本での人気はどうなんでしょうかね?『デス妻』は。
私は最初の数話は観ていたのですが、テリー・ハッチャーの声をあてている萬田久子があまりにも酷くて、あえなく脱落しました。
話は面白かったのに・・・。
それはさておき、フェリシティ・ハフマンです。
過去の出演作もテレビが多いようですので、今回のノミネートは本当に嬉しかったでしょうね。 
と同時に、色々な所に影響を及ぼしていそうですが。
そうでなくても、女同士のプライドが激突していそうな『デス妻』の現場が、益々ギシギシしていそうで怖いです。
実録版『デス妻』。  字幕版で観たいものです。
萬田久子めぇ~・・・


リース・ウィザースプーン・・・
『ウォーク・ザ・ライン』でノミネート。
大本命の登場です。
『キューティ・ブロンド』と『メラニーは行く!』のせいで、“ポストメグ・ライアン”なんて言われているようですが、演技力も、頭の出来も、野心も、人生設計も、全てに於いてこの人の方が上なんじゃないでしょうか。(あ、顔は僅差で負けているかも)
99年に結婚した、当時のトップアイドル俳優(ライアン・フィリップ)の劣化ぶりに反比例した上り調子っぷりですので、後はオスカーを獲ってその地位を磐石な物にしておきたい所でしょうね。
唯一気になるのは、年々前に出ている(ように見える)アゴですね・・・。
あのアゴの受け入れられ方で、外人さんとの美意識の違いを感じます。


以上、華やかさの殆どをシャーリーズ・セロンに任せ切っているような主演女優賞部門ですが、受賞の可能性が一番高いのはやはりリース・ウィザースプーンではないでしょうか。
『モンスター』で獲ったばかりのシャーリーズ・セロンと、非オスカー受けな役柄のフェリシティ・ハフマンは無さそうですし、ジュディ・デンチもオスカー会員の“英国コンプレックス”が、かなりの高ポイントになりそうですが、受賞するまでには作品の“格調感”が足りないかな・・・と。
となると、英文学モノのキーラ・ナイトレイかリース・ウィザースプーンになる訳で、そのどちらかと言う事になると、やはり“実在の人物”と言うオスカー会員の大好物を演じた、リースに軍配が挙がるような気がします。

これでフェリシティ・ハフマンが受賞したりした日には、『デス妻』の撮影現場に血の雨が降りそうですものね。

・・・実録版『デス妻』・・   観たいような気がします。(字幕版で)←しつこい


次は気力が湧き次第、監督賞の予想をしたいと思います。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

第78回オスカー その予想(主演男優賞)

2006年03月01日
いやー、盛り上がってきましたよー(私が)。

授賞式まで、あと一週間を切った第78回アカデミー賞。
地味~~に予想を続けておりますが、続いては
主演男優賞
テレンス・ハワード・・・
『Hustle & Flow(原題)』でノミネート。
うゎ・・もう・・・・
いきなり知らないおじさん登場です。
過去の出演作を見て見ましたが、さっぱりピンと来ません。
去年オスカーを賑わした『RAY』に出ているようですが、生憎未見ですし・・・。
確か、ノミネート作では“ラッパー志望の中年”役だと紹介されていたと思うのですが、それすらも定かではありません。
こういう時は、次いってみよう!!(追悼・長さん)


ヒース・レジャー・・・
『ブロークバック・マウンテン』でノミネート。
『パトリオット』でのメル・ギブの息子役で、ハリウッドに彗星のごとく現れて、続く『ROCK YOU!』でティーンのハートをがっちりゲットした、若手の売れっ子。
の筈でしたが、予想以上に額の生え際の進行が早く、日本のギャルは早々と手を引いたのではないでしょうか。
その後の作品も今ひとつで、やはり生え際問題はアメリカのギャルの間でも無視できない物なのだろうか・・・、と陰ながら心配しておりました。
そんな中でのノミネート。
よかったね・・・。   ほんと良かったよ。   
大丈夫だよ。中堅にさえなりゃ、生え際問題はセクシーと見なされ、逆に重宝するようになるから。


ホアキン・フェニックス・・・
『ウォーク・ザ・ライン』でノミネート。
説明するまでも無い、ハリウッドにおいてかなり貴重な性格俳優です。
一生付いてまわると思われたお兄さんの影を、最近は完全に振り払った感じがします。
『誘う女』から後の作品は、ハズレが全く無い!(もちろんブラザー・ベアは論外)
作品の選び方も見事だと思います。
どの作品でも抜群の存在感を示しているのは、やはりその見た目も大きな要素なのでしょうか。
今回のオスカー候補者の中でも、ダントツの顔の濃さです。


デヴィッド・ストラザーン・・・
『グッドナイト&グッドラック』でノミネート。
これまた、実に渋い方がノミネートされましたね。
パッと思い付くのは、『激流』のメリル・ストリープの旦那さん役や、『黙秘』の呑んだくれオヤジ役ですが、とにかく色んな作品で印象深い演技を魅せています。
小狡いオヤジ、人の善いオヤジ、虫唾が走るようなオヤジと、作品によってガラリと印象を変える、これぞ実力派。
ちなみに名前の表記ですが、“ストラセアン”や“ストラクターン”なんて書いてあるサイトもあって、ホントの所どうなのかは不明です。
今度の授賞式で、どんな発音なのかしっかり聞いてみようと思います。
正解の発表は、このブログで・・・。


フィリップ・シーモア・ホフマン・・・
『カポーティ』でノミネート。
待ってました
誰でも、映画を観るポイントの中で、“この監督なら”“この俳優なら”と言うのが少なからずあると思いますが、私の中でフィリップ・シーモア・ホフマンがまさにそれ。
好きです。  好きなんですー!!
主に多いのが卑怯者や変態の役なんですが、『フローレス』の哀れなドラッグクイーン役や『マグノリア』の心優しい介護士役など、その愛くるしい容貌を充分に活かした癒し系な役で、どんどん演技派として認められ、ついにオスカーノミネートですよ。
しかも主演で・・・!
まいったまいった。
トム様の『M:i-3』では敵役みたいですね。
『パンチドランク・ラブ』で魅せてくれた、凄みの効いた悪党っぷりをたっぷり観られると思うと、今から胸が高鳴ります。
どう考えてもトム様に勝ち目が無いのは、致し方ありませんね。


ついつい、フィリップ・シーモア・ホフマンの事になると脱線してしまいますが、とにかく今回のノミネートは、嬉しいような寂しいような、でも彼の実力からいって当然のような、複雑な心境です。
受賞者の予想は、結構難しいです。
テレンス・ハワードは置いといて(暴言)、ヒース・レジャーも作品は評価が高いですが彼の受賞は無いかと・・・。
獲って欲しいのはデヴィッド・ストラザーンかフィリップ・シーモア・ホフマンですが、前者の作品は政治色がかなり強そうですし、後者はいかんせん“脇の俳優”イメージが強いかと。
そう考えると、オスカー会員に受けがよさそうな、“実在の人物”で“アメリカの伝説のスター”で“愛と挫折の物語”を“なりきり演技”で演じ切り“過去にノミネート経験”もあり“有名スターだったお兄さんの死”も乗り越えたホアキン・フェニックスが一番無難かなー・・・と思います。


さて、次は主演女優賞です。

いよいよ眠たくなって来ましたので、また後日。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

第78回オスカー その予想(助演女優賞)

2006年02月24日
第78回アカデミー賞の予想です。
助演男優賞に続き、助演女優賞・・・と書き始めたものの、後何部門あったかなー・・・と思うと一人で勝手に落ち込んでしまいます。
3月6日の授賞式までに書き終わる事が、私の目標です(志低っ)。

気を取り直して行ってみまーす!(無理やりなテンション)

助演女優賞
フランシス・マクドーマンド・・・
『スタンドアップ』でノミネート。
私の好きな女優さんです。
『ファーゴ』の女署長役は最高でした(オスカーも獲ってますね)。
この人の出演作にハズレなし!と思っていましたが、次回作『イーオン・フラックス』と言うのはどうなんでしょう。
なんか嫌な事でもあったのでしょうか。


エイミー・アダムス・・・
『Junebug(原題)』でノミネート。
・・・誰?
ほうほう、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』に出演と・・・。
ひょっとして、ディカプリオの婚約者役かなぁ?
余り自信が持てない程、印象が薄いのは何故でしょう。
他には『私が美しくなった100の方法』とあります。
ミスコン出場者達が、血みどろの蹴落としあいを繰り広げる、世にも面白いブラックコメディでした(そういや松田聖子も出てたような・・・)。
しかし如何せん“ミスコン物”なので、若い姉ちゃんはわんさか出ていましたわなー。
やっぱりピンと来ません。
まあまだ若いようなので、ここはノミネートされただけで儲けものなのではないでしょうか。


ミシェル・ウィリアムズ・・・
『ブロークバック・マウンテン』でノミネート。
・・・まただわ。
知らないんだよー(泣)。   判らない時はググってみよう。
なになに? 出演作『ドーソンズ・クリーク』『ミー・ウィズアウト・ユー』『ランド・オブ・プレンティ』。
・・・観てないんだよー(泣)!!
しかし、観た事のある作品が一本だけありました!
『スピーシーズ』に出演、とあります。
・・・んー・・・   どの役かしら・・・。
“女性エイリアン(ナターシャ・ヘンストリッジ)の少女時代を演じ・・・”って
わかるかい
まあまだ若いようなので、ここはノミネートされただけでも・・


キャサリン・キーナー・・・
『カポーティ』でノミネート。
知ってる人で、ホッと安心(アリコ)としました。
最近で印象が強いのは『マルコヴィッチの穴』『アダプテ-ション』でしょうか。
中堅どころで、登場すると作品がピリッと引き締まる、安定した演技力の女優さんだと思います。
ちょっとシャーロット・ランプリングに似ていると思うのは、私だけでしょうか?


レイチェル・ワイズ・・・
『ナイロビの蜂』でノミネート。
一番有名なのは、『ハムナプトラ』の勇敢な考古学者役でしょうか。
もともとは舞台の女優さんだそうで、英映画にちょこちょこ出ていたり、内容がしっかりした作品重視なのかと思いきや、『マミー』2部作や『コンスタンティン』みたいな映画にも出ているので、案外節操無いのかもしれません。


さあ、この5人の中から、誰がオスカーを勝ち獲るのでしょうか。
ギャル2人組は、ちょっと可能性低そうに思いますし、中年コンビは今までに充分評価を得ているように思うので、ここはレイチェル・ワイズが一番有り得そうでしょうか。
競うとしたらキャサリン・キーナーじゃないか、と言うのが私の予想です。

と言う訳で、次はいよいよ主演男優賞です。


頑張って書かないと、あと一週間しかないヨーーー!!
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

第78回オスカー その予想(助演男優賞)

2006年02月24日
空前の盛り上がりを見せているトリノオリンピック。
金メダル取れて良かったですね。
私は、始めの数競技は頑張ってテレビにかじりついていたのですが、観る競技がことごとく揮わないので、もしや自分に負け犬菌が取り付いているのかも!と早々にリタイアしました。
でも、リタイア後の成績もあまり変わらないようなので、私の視聴は関係無かったようですね。
世間はそんなこんなでスポーツの祭典一色ですが、忘れてはいけません。
映画の祭典、第78回アカデミー賞があなたのすぐ後ろまで近づいている事を・・・


・・・なんでホラー調なんでしょうか。

それはともかく、私なりに今年のオスカーを予想してみようと思います。
まずは、オスカーの進行に合わせて、助演男優賞から。

助演男優賞ノミネート
ウィリアム・ハート・・・
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』でノミネート。
言わずもがなのベテランですね。
『ロスト・イン・スペース』のようなアレな映画から、『蜘蛛女のキス』『スモーク』のような名作まで、脚本を選んでいるのかいないのか判らなくなるような活躍っぷりで、どの作品でもそつない演技力を披露しています。
個人的には、『蜘蛛女のキス』のインパクトが強すぎて、未だにどの映画で観ても“実はゲイなんじゃないか?”と思ってしまうのが難点です。


ジェイク・ギレンホール・・・
『ブロークバック・マウンテン』でノミネート。
ゲイのカウボーイと言う、いかにもオスカー会員受けしそうな複雑な役柄で手堅い評価を得ているようです。
若手ではかなり頭角を現しているようですね。
『ドニー・ダーコ』で初めて名前を知ったのですが、一度観たら忘れられない顔でした。
くどさ加減では、ジョン・タトゥーロに匹敵するのではないでしょうか。
『ムーンライト・マイル』のような小粒なものから『デイ・アフター・トゥモロウ』のような大作まで偏る事無くしっかり抑えているのは、本人の信念がしっかりしているからなのか、エージェントが有能なのか気になる所です。


ジョージ・クルーニー ・・・
『シリアナ』でノミネート。
もはや“ロス先生”なんて呼ぶ人は居ないんでしょうね。
『ピースメーカー』や『バットマン』の頃は、正直「テレビ界に戻った方がよかったんじゃ・・・」と思ったものですが、ソダーバーグに出会ってからというもの、若い衆にも慕われすっかり出来る男へと変貌を遂げました。
自分でメガフォンを執ったり、小粒な作品をプロデュースしたりと“インディーズの雄”的な路線を歩むようになったのも、ひとえにソダーバーグあっての事。
西に足を向けて寝られませんね(西にソダーバーグがいたと仮定して)。


ポール・ジアマッティ ・・・
『シンデレラマン』でノミネート。
The!助演男優賞!と言う感じでしょうか。
ジョージ・クルーニーとは対照的な、いかにも地味~な俳優さんです。
しかし、一度観たら眼に焼き付いて離れないインパクト大な顔(と演技)で、『アメリカン・スプレンダー』『サイドウェイ』での好演も記憶に新しいですね。
こういう人がハリウッドを支えているのは間違いないでしょう。
ただ、受賞する可能性が低いもの間違いないでしょう。


マット・ディロン・・・
『クラッシュ』でノミネート。
出ました!
今年の“あの人は今”部門(勝手に設定)で、堂々のノミネートです。
生きててよかった・・・!  
と言ったかどうか判りませんが、キャメロン・ディアスと別れてからと言うもの、全く以ってパっとしなかったキャリアに、再び光が差し込んでいるのは確かでしょう。
受賞はまず見込めませんが、“参加する事に意義がある”と言うまさにオリンピックの精神で、授賞式では世界にブラット・パックここにあり!!と見せつけてやって貰いたいものです。


以上、5人の素晴らしい候補者を見渡すと改めて気付いたのですが、
濃い顔・・・多っ!!

・・・この5人と合コンなんかやったら、一次会の料理一品目の時点で、お腹いっぱいな気分になりそうです。

普通に考えると、ジェイク・ギレンホールとジョージ・クルーニーのどちらかが獲るでしょうね。
助演男優賞は、毎回毎回おっさんがさらって行くのが常なので、出来ればジェイク・ギレンホールに獲らせて助演男優賞の平均年齢を上げて貰いたい所ですが、いかんせん選ぶ方もおっさん(&じいさん)ばっかなので、ジョージ・クルーニーが若干有利と言った所でしょうか。

私の予想は、期待も込めてジェイク・ギレンホールにしておきます。

次は、助演女優賞。


・・・長くなりすぎたので、また後日にしたいと思います。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

« Prev | HOME | 

※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。