ブログパーツ

『パラノーマル・インシデント』

2014年06月19日
パラ_convert_20140527101654

日本列島が青に染まっていると言われているような言われていないような今日この頃ですが、皆様いかがおすごしでしょうか。

わたしですか?
わたしは旬を過ぎてしまった筍のかりいれに精を出していましたよ。
「パラノーマル」という名の通り雨のあと生まれ、いまだ生え吹くことをやめない「タケノコ」をね・・・


自問


あらすじ・・・
廃墟におばけが出ます。


『パラノーマル・インシデント』のココがすごい!

■ 高画質ぐあいがすごい!
「パラノーマル」というぐらいですから、てっきりいつものがちゃがちゃカメラ&低画質映像で幕を開けるものと思っていたのですよね。
ところがどっこい、オープニングで映し出されるのは、上品なキッチンで娘のお絵かきを見守る美人妻というほほえましい画。しかも、4Kにも耐えうるであろうとおぼしきパッキパキの高画質。
今回のパラノーマルは、何かがちがう・・・ もしかしたら「パラノーマル=POV」という固定概念をも覆す、大傑作になるのではないか・・・ そう思っていた時期が、わたしにもありました!(※開始後3分までは)


■ おっぱいがすごい!
開始後3分ぐらいで、物語の舞台はいつもの廃墟へ。 しかし、「なあんだ」と気持ちをダレさせる隙を与えないのが本作のおそろしさ。 
なんと廃墟に潜入するのは、「おっかなセックス」とかなんとかいうポルノムービーの撮影のためやってきたセクシー女優さん。
ということはどういうことか。 
おわかり、いただけるだろうか・・・  ・・そう・・脈絡のないおっぱい大放出である・・・!
(※ついでにおばけも早々に飛び出します)


■ メガネがすごい!
POV撮影の不自然さを解消させるため、多くの映画人が知恵を絞ってきましたが、最近ちょいちょい出てくるのがメガネ一体型ビデオカメラ。
目にしたものがすべて動画におさめられるという便利さで、作品の臨場感を大いに高めている優れものです。
 「なんでそんなもんかけてるんだよ」という疑問も、「捜査記録用」という一言ですべてねじ伏せる本作の強引さ。キライじゃない・・オレはそういうのキライじゃないぜ・・(キライだったらパラノーマルなんて借りてられない)
で、便利だなーとは思いつつも、あくまで映画の中の設定であり、現実にはそんなカメラ存在しないよね・・ と軽い気持ちで検索してみたら、普通に1万円前後で販売されており、ある意味本編よりもビックリしました。
メガネ型カメラすごい! 「なんのために?!」とか「それでなにを?!」みたいな犯罪のにおいが半端ないけど、すごい!


■ 監督の名前がすごい!
本作のメガホンをとったのは、聞いてビックリ「デューク・ヒッチコック」さん。 ヒッチコックってあのヒッチコック?
そう、なんとあのヒッチコックとは完全に無関係で、いつもはDavid Chirchirilloとして活躍されている人の別名として使われている方のデューク・ヒッチコックさんなのです! いずれにせよ し ら ね ー !!
あと、David Chirchirilloの発音の仕方、わからねー! デビッド・チャーチャッロ?チルチリッロ?見当つかねー!
そんな、謎に包まれたChirchirilloさんですが、脚本を担当された 『ザ・スリル(原題 Cheap Thrills)』がなかなかの評判らしく、話題のオムニバスホラー『ABC・オブ・デス』の続編にも参加されている模様。長編初監督作となったコレはアレだけど、どどんまい!


■ 数字がすごい!
「616」という数字へのこだわりがすごい!
キーパーソンとして登場した、エマ・ロックハートなる女性。
FBIが極秘に追い回していたエマさんは、実は過去数世紀に渡り、世界の重大事件にいっちょ噛みし続けてきたんだよ!ということが、史実と絡めさも尤もらしく説明されます。
有名どころでは
「沈没したタイタニック号の616号室の乗客がエマさんだった」
とか、
「1941年1月12日の6時16分にアウシュビッツでガス室に送られた66人の犠牲者の中にエマさんがいた」
とか、
「1977年に616名が集団自殺を図ったんだけど、彼らをそそのかしたのはエマさんだった」
とか、
「1986年4月26日の6時16分にチェルノブイリ事故が起きたんだよ」
とか、
「1971年に起きたサンフェルナンド地震で、616軒の家が倒壊したみたいだよ」
とか、
「1984年にロス・アラモスで、616羽の鳥が死んでたらしいよ」
とかちょっとまて後半もうエマさん関係なくなってないか。
あと、サンフェルナンドとかロス・アラモスとかのアレは確認取れない微妙なトコ突いてきてるけど、チェルノブイリ事故はぜんぜん6時16分じゃないですし。史実との絡め方へたくそか。おい。

ちなみに、エマさんご本人曰く、「1692年の6月16日にセーラムで魔女裁判にかけられた女性こそ、誰あろうエマ・ロックハートその人である!」らしいんですけど、もうここまで来たら因縁に慄くどころか「おまえ・・盛れるだけ盛ったな!」って感想しかわかないのが悲しいところですよね。 正直ぼくら、おなかいっぱいです!


■ スター・システムっぽいところがすごい!
本作の主人公はワッツ捜査官という凄腕FBIエージェントなのですが、IMDbを見ていたらどうもこのワッツさん、他の作品にも登場しているようなのですよね。
同じ役者さんが同じ役名で、本作を含めなんと5作品に出演(※予定も含め)。 しかも、作品によって刑事になったり連邦捜査官になったりと、組織をまたいで大活躍! 
本作のラストでは、組織(FBI)の機密映像を盗み出したことから一転追われる身となっちゃっていましたが、今後のワッツさんの動向やいかに! 超どうでもいいけど、若干気にならなくもない! うそ!やっぱどうでもいい!


■ 奥さんとの連帯感がすごい!
自宅の玄関へ、何者かによって届けられた一枚のDVDを美人妻が鑑賞する。というテイで進められる本作。
その中におさめられた極秘映像というのが、「連邦捜査官が廃墟でどんどこしょ」という本編のストーリーそのものとなっている為、要は、美人妻と我々は、ほぼ同じ80分間を過ごしたということになるわけですな。
この、どうってことのない、オカルトともSFとも言い難い、とことん中途半端な80分間を!

パラ
(※ 観終わって頭を抱える奥さん。わかる!わかるよその気持ち!)

奥さん、だいじょうぶ!無為な時間を過ごしたのは貴女だけではないから!次こそきっと、当たりが来るはずだから・・・!(※まだ借りるつもりなのか)

■ 原題がすごい!
本編が終了し、エンドクレジットが現れたその時、わたしの心はざわめきました。

『Paranormal Incident 2』

げ・・・原題もパラノーマル?!

・・・しかも「パート2」・・・ こいつら・・正 気 か ッ?!


■ やる気のそがれ方がすごい!
ということで、薄々感づいていられる方や「またか」と思われている方もいらっしゃることとは思いますが、ストーリーに関して書くことがほとんどない為、今回のパラノーマルも、このようなやる気のない感想となってしまいました。まっこと面目ない。
最初はそれこそ、メモなんかもとりつつ真面目に観ていたのですよ。(※眠気対策ともいいますが) 
でもね、なんだろう、廃墟に移動してからの興ざめっぷりがすごいんですよね。
 「観るぞ!」という気持ちがグイグイ削られていくんスよ。 
お前は刀削麺の名人か!っていうぐらいの。
なんかもう、こっちのやる気がピシャー!ピシャー!って匠の技でそがれて、睡魔という大釜の中で茹ってゆく、そういう感じ。 なすすべなし。

てな具合に嘆いていましたら、世帯主さまに「こないだ“もうパラノーマルは借りてこない”って言ってたじゃん」と至極まっとうなご指摘を受けました。
そうだった・・・ そういやそんなこと言ってたわ・・・ごめんなさい・・「こないこない詐欺」でごめんなさい・・・

まあでもね! 人間ですから、魔がさすってこともあるわけで、またうっかり別の筍をかりこんできてしまった時のために、今からしっかりやる気を蓄えておきたいと思います。 

■ おばけがすごいブルキャン!
捜査官の一人の父親がおばけとなって現れるのですが、そのおじさんが悪霊に取り憑かれた時のブルース・キャンベルさんにそっくりだったとこをお伝えしておきたいと思います。
カラコンはめて車いすでシャシャーって駆け寄ってくるシ-ンはかなりの爆笑シーンとなっておりますので、要チェックですよ!

・・・・

・・誰もチェックしないか・・・



■ 次回『パラノーマル・リアリティ』をおたのしみに!



     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。