ブログパーツ

『ビー・デビル』

2013年01月05日

김복남

あらすじ・・・
・・・なにもかもぜんぶびんぼうがわるいんや!

心をグリグリ抉られるような「痛い」映画。 
とんでもなく「ヤな」顔の役者さんがどんどこ出てくる奇跡の作品です。 
韓国映画の俳優層、幅広すぎだろ! とにかく画面を観ているのがしんどくなる程のえげつなさ。 
閉塞感あふれる「村」(というか島)に堆積する澱んだ空気と濁った目つきの人間たちに、『黒く濁った村』を観た時抱いた「コレじゃない感」が見事に払拭され、「そう、コレ、コレなんだよ!」とドン底気分に陥る事が出来た大傑作でした。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。