ブログパーツ

『シャンプー台のむこうに』

2006年09月02日
20060902213336.jpg  ←2000年 イギリス作品

映画を観る基準の一つに、「ご贔屓の役者が出る」というのがありまして、アラン・リックマンは私にとって正にその一人であります。

『ダイ・ハード』 『ロビン・フッド』 『ボブ・ロバーツ』 『いつか晴れた日に』 『ギャラクシー・クエスト』 『ラヴ・アクチュアリー』・・・
どれもこれも傑作だらけじゃありませんか!

アラン・リックマン 最高!
アラン・リックマンにハズレなし!!


と言う訳で、前々から観たかった本作。

他の出演者も、ビル・ナイにレイチェル・グリフィス、ジョシュ・ハートネットと、とっても魅力的。
そして観終わってみると・・・やっぱりアラン・リックマンにハズレなし!!
大満足だったのでした!

どうしてイギリス映画ってやつは、こうも暖かいんでしょう?
いや、もちろんハズレに出くわす事もありますが、大概はホンワカ気分に包まれます。


舞台はイギリスのド田舎。
羊がメーメー泣いてます。
で、主人公は理髪店の息子・ブライアン。
お母さんは10年前に浮気相手と家を出て行って、今はその理髪店の向かいに美容院を開いています。
当然、父ちゃんと母ちゃんは絶縁状態で、間に挟まれたブライアンはとっても微妙なポジションです。
そんなド田舎で、なんと『全英ヘアドレッサー選手権』が開催される事になります。

すごいのかすごくないのか、イマイチ乗り切れない住人達 (と超張り切っている市長) の中、息巻くブライアン。
それもその筈、彼の父ちゃんはその昔、知る人ぞ知る「伝説の髪切り職人」だったのです!
それが何故、しがない理髪店の店主をやっているのか?

母ちゃんの家出の原因が、その『全英ヘアドレッサー選手権』にあったからなのです! 

他を寄せ付けない強さで連覇を続けていた父ちゃんでしたが、10年前の大会の時、彼らのチームでヘアモデルをしていた人と母ちゃんが電撃的な恋に落ち、なんと決勝前日に二人で駆け落ちしてしまったのです。
チャンプの座と母ちゃんを一気に失った父ちゃん・・・。

そりゃやる気も失せますよねぇ。
しかもそのモデルとは、なんと女性・・・。
そう、母ちゃんは女に寝盗られたのです!!

そんな苦い過去を引きずり、今は地味~な理髪店の店主に収まっていた父ちゃんだったのですが、ブライアンの熱意と、元チャンプのプライドから、再び選手権にエントリーする事を決心します。

かつて父ちゃんのライバルで、現チャンプであるレイ。
よりにもよって、そのレイの娘と恋に落ちるブライアンの恋の行方は?
そして、何かの秘密を抱えて、選手権に出場して来た母ちゃん。
その秘密とは?
父ちゃんはチャンプの座を取り戻す事が出来るのか?


もう、こう書いているだけで面白くなって来て、鼻息が荒くなってしまいます。(私は)

とにかく登場人物がどれも魅力的。
父ちゃんの往年のライバル・レイは、小ずるい奴ですがなんだか憎めません。
冴えない市長が、大会が進むにつれどんどん自己を解き放っていきく様は、観ていてとっても微笑ましい。
母ちゃんの浮気相手も最初はちょっとうっとおしい感じで、「なんでこんな人と駆け落ちしたかなー?」と思うのですが、観ているうちにその人柄がだんだん光ってきます。

観ていて彼らに親近感を感じるのは、きちんと作りこまれた役柄だからでしょう。
奥行きのある役作りに、思わず映画が終わってからも彼らの今後をふと考えさせられます。

そこには「完全な正義」も「完全な悪」もないのですね。
どこぞの大味な映画とは大違いです。
話は母ちゃんの「秘密」によって、お気楽コメディーには落ち着きません。
その秘密が明らかになる事によって、母ちゃん父ちゃんが和解して、皆んなハッピーとは行かない現実が、そこかしこに見え隠れします。
したがって、ラストも決してただのハッピーエンドとは言えない余韻を残しています。

しかし、彼らのこれからを想像する時、希望に包まれた暖かな気持ちになるのは、この映画の持つ「優しさ」のせいなのでしょうね。

ちなみに、脚本を書いたサイモン・ビューフォイは 『フルモンティ』と書いた方です。

なるほど納得。

「人生って悪くない・・・」 と思わせてくれる、とてもいい映画でした。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。