ブログパーツ

夏休み・親バカ企画「ロボえもん」

2011年07月19日


※ 今回の記事は親馬鹿スピリット全開となっておりますので、そういうのが苦手な方はくれぐれもご注意ください ※


明日からいよいよ夏休み(※岡山市調べ)と言う事ですので、今回はちょっと趣向を変えて、我が家の鬼才すぎるちびっこが描いたまんがを貼ってみようと思います。 いや、手抜きとかじゃないですよ。 ただの親バカですよ。

小2の時、「ラブラブハッピー」で衝撃のデビューを果した姉に続けとばかりに、独創性溢れるまんがを描き始めた妹・現在小学1年生。
彼女の奥底に秘められていた恐ろしい才能が、今、開花する・・・!


「ロボエもん」
IMG_0003_convert_20110719095627.jpg
「パクリじゃないよ」(←本人談)


ロボ2
「きょうもなぐられた」
(がたがた)(※机の引き出しが開く音だそうです)
「やあ こんにちは。 ロボエもんです」

ロボ3
「だれ」
「きみは30さいでしぬ」
「よけいなおせわだ」
「ぼくわきみが30さいでしなないためはいたんだ」(※ぼくは君が30歳で死なない為に来たんだ)

ロボ4
「わかった ごめん」
「わかってくれたか」

<おわり>

・・・

・・

シ ュ ー ル !


とりあえず、会っていきなり「30歳で死ぬ」とか言われたら、そりゃのび太もキレるわなぁ。あ、のび太じゃないのか。
さいごの「わかってくれたか」の見下している感じなんかもうね、Mっ気がある人にはたまらないですよね。
解説してれる間なんども「パクリじゃないよ」と言っていたちびっこの澄んだ瞳が印象的でした。

そして同時に発行された第2巻。

「ロボットノドウブツ」(かっこロボエもん)
ロボ5
(※「え?なにこれ? ロボットン ドクブツ?」と聞くと「てんとうむしこみっくす!ロボットのドウブツ 2かん だよ!」とややキレ気味に訂正されました。)


ロボ6
「まって みっちゃん」
「ふん」
「また どじたが みっちゃんを さそってやがる」
「ロボエもーん」
「またいじめられたの。」

ロボ7
「まって
 そのまえに
 けんかロボット」

ロボ8
「いけー」
「はい」
「テテテテー ばたばた」(せつめい ほんとうわちょうちょごうだったのです)
「わーん」

<おわり>

「まって、その前に」って焦らしておいて、すぐけんかロボットを出すのは何故なのか、と訊ねてみたトコロ、「本当はこの後どらやきを食べ始めるシーンを描こうと思ったんだけど、めんどくさくなったからロボットを出した」との事でした。 ですよねー。食事シーンはめんどくさいですよねー。
最後に登場する「チョウチョ号」がいまひとつ理解困難なのですが、本人は「けんかロボットだと思ったらチョウチョのロボットだったの!おもしろいでしょー!」と極めて満足している様子でしたので、もう、それだけで母は幸せです。


と言う訳で、ちびっこたちの自由な発想に心打たれながら、やっぱうちの子は天才だわ!!と自分に言い聞かせつつ、長い長い夏休みを楽しく過ごしたいと思います。

ぜんこくのちびっこしょくんもいいなつやすみを!(大人には夏休み、ないですけどね!)

     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。