ブログパーツ

すきもの主婦、都へ行く。

2010年05月24日
タイ
それは紳士と言う名のへんたいの集いだったッ!!globalheadさん)

どうもです。 アガサです。
この土・日に1泊2日で上京して来ました。
目的は、蒲田の大田区産業プラザで開催される文学フリマ。  ・・で、販売される「Bootleg vol.1 DYNAMITE!」。
昨年の12月にvol.0が販売された時は、どうあがいても上京出来る様な状況ではなかった為、泣く泣く諦めた映画評の玉手箱「Bootleg」を、今回こそは直接購入したい! あと、あわよくばサインとか貰いたい! と周辺住民を説得し、なんとか出発にこぎつけたのです。
で、せっかく上京するならと、あっちこっちもウロウロして来ましたので、今回はその模様をざっくりご報告させて頂こうかと。

ていうか、つまるところ自慢です。
へっへっへー!いいだろー! 泣け!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!小僧から石を取り戻せ!!
って言いたいだけです。 すみません、石はうそです。

と言う事で、以下ダラダラと続きますので、興味がある方だけどぞー。
(※画像が大量に貼ってありますのでご注意下さい)


1日目。
朝6時40分に岡山を出発して、そのまま渋谷のシアターNに直行。
なぜならこの日のレイトショーで上映される『逆襲!スケ番★ハンターズ 地獄の決闘』舞台挨拶の整理券が、朝10時45分から配布されるから。
これは行っとかないとどうなることか。 迷わず行けよ!行けばわかるさ!バカヤロー!!
とかなんとか心の中で叫びつつ、心配してお声を掛けて下さったdoyさんに少し遅れて合流し、無事整理券をゲット。
そこで一旦doyさんとはお別れして、11時15分上映の『戦闘少女』を鑑賞。

するとなんと、「初日だから」と言う事で劇場にいらしていた井口昇監督が急遽舞台挨拶をして下さる事に!
ヒャッハー! こいつはバカヅキだぜ!!
そしてなんとなんと、鑑賞後にロビーに出てみると、まだ監督が残っていらっしゃるではありませんか!
興奮する観客のサイン要求に、気軽に応えて下さる井口監督。
お腹も心もふとっぱ(ゲフンゲフン)

で、アガサも勿論おばちゃん根性を発揮してサインを頂いたのでした。 
画像2010.5 100
はい! お宝、ドーン!

調子にのったので写真をお願いしたら、またもや快く受けて下さった監督。
画像2010
かんとく! かわいいよ、かんとく!!

で、実は『戦闘少女』の上映直前にtwitterを眺めていたら、namanikuさんが同じ劇場内にいらっしゃる事が判明。
ただ、もうこれ探せないですよね。
twitterで確認したからって、目を皿のように、飢えた野獣のように、刑務所で懸垂するサラ・コナーのようにはがっつけないですよね。
なにせ自分、チキンですから。
そんな感じの負け犬発言をtwitterに繰り返していたら、見かねたnamanikuさんが「鑑賞後に挨拶しましょうか」とお声を掛けて下さったので、無事事なきを得ました。  イエーイ!めっちゃ他力本願!
そして、その後の予定を話していたら、なんと心配して一緒に行って下さる事に。

げへへ。 メガネ男子と東京散策っすよ。 こいつはありがてえ。 げへへ。

ホクホク顔(でも緊張も酷いのでほとんど喋れなかった)で高円寺に移動して、フィギアの殿堂・豆魚雷さんへ。
目移りしつつもなんとか理性を総動員して、「悪魔のいけにえトランプ」と「バブのフィギア」と世帯主さま用に「ヴェノムの上っ張り」を購入。
お昼休憩を挟んで、スターウォーズの専門店・STARCASEさんへ移動。

画像2010.5 086
はい! マスター・ヨーダ、ドーン!!

一足踏み込めば、そこはもう夢の国。
ネズミのアレなんて比べ物にならない、大人の、大人による、大人の為の夢の国です!

アガサはSWが大好きです。
全然詳しくないです(名称もわからないのが沢山あります)し、もっぱら旧3部作に特化していて、新しい方のは1回ずつくらいしか観ていないのですが、とにかくSWの世界が大好きなのです。
ま、その話は長くなるのでさておき。

所狭しと並べられたSWのアイテムたち。
絶えず聴こえてくるジョン・ウィリアムズの名曲の数々。
ルーカススタジオにハイパードライブしてしまったような、めくるめくひと時。

画像2010.5 090
ほら、アレ!あいつ! ジェダイの帰還でジャバの手下をガウガウ喰っちゃう地下のあいつ! ほんでその後扉で顔バシャーンってやられちゃうあいつ!(※ランカーだそうです)

画像2010.5 091
こう見えて、口周りは意外と凶悪なんですよね!

画像2010.5 087
背負わされるおじいちゃん。

画像2010.5 105
背負われるおじいちゃん。

もう、入店しない方がよかったのではないか、と思ってしまうくらい、どこを見ても家に連れて帰りたい品物ばかりで、目移りとか移らないとかそういう次元ではない迷走に次ぐ迷走。 同行して下さったnamanikuさん、本当に申し訳ありませんでした。

で、なんとか“大物買い”の誘惑を振り切り、数点を購入して再び渋谷に移動。
何を隠そう、この日の夕方から、万障をお繰り合わせ下さった皆様とオフ会の名誉にあずかれる事になっていたのですが、まぁそのメンバーの壮観たること!

ガ ふもさん メモリの藻屑 、記憶領域のゴミ のglobalheadさん

オフ どいさん THE KAWASAKI CHAINSAW MASSACRE のdoyさん

ヘンタイ 俺の邪悪なメモ のヘンタ・・じゃなかった、罪山罰太郎さん

オフ ぱせよさん とは云ふもの丶お前ではなし のpaseyoさん

オフ なまにくさん ナマニクさんの暇潰し のnamanikuさん

ガ ねこさん 日本で一番おみくじを見られた男こと とらねこさん

オフ かときちさん くりごはんが嫌い のkatokitizさん

オフ アガサ(※恐れ慄くアガサ)


どの方も、映画ブログの先頭を走っていらっしゃる有名人揃い。
そして、アガサが一度お会いしてみたかった方々ばかり。
みなさん親切な方ばかりだったので、アガサの図々しい声掛けに
「あぁ・・いや・・その日はちょっと・・うん・・まぁ・・ちょっとだけなら・・いや、いいですよ・・わかりましたよ・・行きますよ!行きますってば!」
と、快いお返事を下さったのです。

いやぁ、日に50通ずつメール送った甲斐があったなぁ! ・・あ、あの無言電話はアガサじゃないですよ?違いますよ?うふふ。

で、和やかな雰囲気で始まったオフ会なのですが、やはり話のメインはTENGAの伝道師ことヘンタ・・じゃなかった、罪山罰太郎さんによるTENGAレクチャーになっちゃう訳ですよね。
時に家庭不和を仲裁し、時に恋人同士の愛を深め、時にパートナーがいない男性に一筋の光を見出させるTENGA。
TENGAを使ったお陰で、ロト6も連続当選、あんなに減らなかった体重も1ヶ月で5キロ減量に成功しました!
あらゆる側面で、きっとあなたを失望させないTENGA!
今なら幸運を呼ぶミラクルパワーストーンとセットで月々19,800円!(分割不可)

そんなヘンタ・・・罪山さんのレクチャーに頭を垂れる一同。
お別れした後、男性のみなさんが渋谷のドラッグストアに駆け込んだであろう事は疑う余地もありませんが、他ならぬヘンタイ・・じゃなかった、罪山さん自身もまた、熱の入ったトークの途中でなんらかの激情に襲われていたであろう可能性もまた、想像に容易い事でありましょう。
いずれにせよ、みなさんよい夜をお過ごしなりますよう、心の中で祈りつつ、最終目的である『スケ番ハンターズ』を鑑賞に向かったのでした。

(※実際は映画のお話やブログ論についても沢山お話出来ました。 とても勉強になりました!)

で、doyさんと一緒に再度向かったシアターNでは、憧れの亜紗美さん(片腕マシンガール等、井口監督作品のミューズとも言える方)や三輪ひとみさん、掟ポルシェさんと奥田真一監督による舞台挨拶を堪能。

画像2010.5 104
ね! 心の眼で見れば何かを感じ取れるハズ!(※アガサの前世紀型携帯ではこれが精一杯でした)

そして、後ろの席に座っていらした、「人喰い映画祭」の著者・とみさわ昭仁さん(!!!)をdoyさんが紹介してくださったお陰で、なんとご挨拶させて頂き、もう舞い上がったの上がらないの。
握り締めていた手が、完全に色んな汁でねちょねちょになっていたアガサ。

鑑賞後にはとみさわさんから監督にお声を掛けて頂き、またもやサインと写真を頂戴する事が出来たのでした。

画像2010.5 101
はい! お宝ドーン! (その2)

映画の感想はまた後日書きますが、この日に鑑賞した2作品とも、とても情熱の詰まった素晴らしい作品でした。
そして、お会いできた皆様や体験できた事の数々も、たぶんこの先アガサが一生かかっても超えられないほど、貴重で、感動に満ちたものだったのでした。
いや、ホント出来すぎですって。 もしかして夢だったのかなぁ・・・。でも夢でもいいや! この夢はいつまでも忘れないぞ!

興奮も冷めやらぬままdoyさんととみさわさんとお別れした後、夜道を心配して駆けつけて下さったglobalheadさん、paseyoさん、とらねこさんに、宿まで送って頂き無事就寝。
本当にみなさんいい方ばっかりです!
何もお返し出来なくて本当に申し訳ないです・・。


2日目。
いよいよ今回の上京の目的でもある文学フリマへ。
蒲田駅で待ち合わせしていたdoyさんとkatokitizさんに合流させて頂き、大田区産業プラザへ向かいます。

画像2010.5 098
本丸登場!

生憎の雨でしたが、それでも人の波は一向に途絶える事無く、建物をグルリと囲む程の大行列となりました。
「やばい・・この人たち全員Bootlegだったらどうしよう・・・」と不安渦巻いていた心の中は、目の前を普通に通り過ぎる破壊屋さんの姿で、さらに混乱の一途を辿ることに。
あの破壊屋さんですよ!
映画サイトの頂点ですよ!
足も震えるっちゅうねん!

何度もネットでお姿は拝見した事があったのですが、いざご本人が目の前を通り過ぎると、なんかもうアレですよね。
濡れますよね。 (こういう事を書くと世帯主さまに怒られるんだけど、今回はもういいや)

行列の間には、mixiやtwitterで絡んで下さっているテルミンわちこさんにもお会い出来たのですが、なんかえらくビックリされ、「えー!全然想像と違います!こんなにかわいい方だなんて!」と、「こんなにかわいい」的な「こんなにかわいい」トークを「こんなにかわいい」と勘違いされたアガサに向かって仰って頂き、あぁ、オレが男だったら今すぐわちこさんを嫁に貰いに行くのに・・、と強く思ったアガサだったのでした。 いや、こんなにもそんなにも、全然かわいくないですけどね。マジで。

あ、それと、入場後にお会いしたいずむうびいさんからも、「いやぁ、こんなキレイな方だったとは・・」と耳を疑う様な言葉を掛けて頂きました。
なんや。 なんぼ欲しいんや。

もう、この2点だけで、「東京来てよかったなぁ・・」と思える出来事だったのでした。
(というか、そんなわちこさんといずむうびいさん自体がガチで美人とイケメソだった件)


さて、そうこうしながら、ついに開場の時間となり、早めに会場に到着していたお陰で難なくBootlegも購入する事ができました。
その上、またもやdoyさんを始め周りの皆様のお陰で、執筆者全員の方のサインまで頂戴したのですよ! 

画像2010.5 103
はい! 深町先生のサイン、ドーン!! 

画像2010.5 102たて
どうだ!いいでしょ!! 羨ましいでしょ! 小僧から石を(略


帰りの新幹線でもしみじみ思ったのですが、もしもアガサ一人で行っていたら、間違いなくこんな貴重な経験は出来ていませんでした。
きっと挙動不審になりながらも、ひっそりと本を購入し、ちょっと離れたところからじっとりとした目つきで華麗なるはてなーの皆様を凝視し、後ろ髪をぎゅんぎゅん引っ張られながら帰岡していた事と思います。

2日間を通し、アガサが東京でお会い出来た全てのみなさま。 何から何までお世話になり、本当にありがとうございました! 普段ネットを眺めながら「すごいなぁ。 なんて胸に響く文章なんだ」と感動していた、そのご本人と、こんな風にお会い出来ただなんて、今でも信じられません。 本当に本当にありがとうございました! 何か欲しいものがあったらいつでも言って下さい!

次に上京出来るのはいつになるか判りませんが、もしまた機会がありましたら、是非お付き合い頂けると嬉しいです。
それと、もしも関西方面にいらした時は、どうぞお声をかけて頂ければ、精魂込めて接待させて頂きますので!

いやぁ! 最高の2日間でした!
みなさん、ありがとうございました!


文フリ
黒スーツ(正装)のギッチョさんと記念写真。 濡れる!

     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。