ブログパーツ

『そんな彼なら捨てちゃえば?』

2010年05月10日
hes_just_not_that_into_you_.jpg
捨てる神あれば、拾う神あり。 それが恋愛というものなのれす。

あらすじ・・・
感じのいい男性に会うと、即座に恋に落ちてしまうジジ。
明らかに都合のいい男扱いされていると判っているにも関わらず、熱烈な片想いに身を窶しているコナー。
堅実なコナーをキープしつつも、運命的な出会いをした年上の男性に猛攻を仕掛けるアンナ。
アンナと知り合った事で、自分の結婚生活に疑問を抱き始めるベン。
若くして結婚した夫を愛しているけれど、最近彼に対する信頼が揺らぎ始めた事に気付き動揺を隠せないジャニーン。
7年間同棲しているのに、結婚には消極的なままの彼氏に不満と不安が入り混じった想いのベス。
結婚という形に囚われなくとも、愛と信頼は保持出来ると信じ続けているニール。
多くのチャラい恋愛を見すぎてきたせいで、なかなか本気の恋に踏み出せないでいるアレックス。
最新の通信ツールを駆使しながらも、本当に信頼できる相手に出会えず悶々としているメアリー。

思い通りにならない恋に翻弄される9人の男女。
彼らの赤い糸の行方は・・・?


だが敢えて言おう! にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 人多すぎじゃね? と!

人 多 す ぎ じ ゃ ね ? (←改めて言ってみた)

あのですねぇ、なんていうか、群集劇っつうの? シャレオツな街角で、シャレオツな職業の、シャレオツな男女が、絡み合って縺れあって解けあって・・で、最後には大団円、っつうの?そんな感じのスタイルなものですからね。 3人や4人じゃ話にならない訳なんですけどね。 ただ、まぁ実際問題多いですよね。 ひょっとしたら「誰がどれでどんな恋をしてるのかわからねーよ!」という方もいらっしゃるかもしれませんよね。
そこで、アガサ考えてみました。
超わかりやすいあだ名レッツカモン!
着火マン(ジジ)
ちびマイケル(コナー)
でかぱい(アンナ)
鼻(ベン)
まゆげ(ジャニーン)
ずんだ餅(ベス)
デアデビル(ニール)
皮パン(アレックス)
アンパンマン(メアリー)

・・・はい! という事で、つまりちびマイケルにフラれた着火マンを皮パンが慰めてて、ちびマイケルはでかぱいが好きなんだけどでかぱいは鼻にムラムラしてて、鼻は隠れてタバコを吸ってるんじゃないかってまゆげに再々責められるのがストレスこの上なくて、まゆげは会社で着火マンをけしかけるばっかしてて、ずんだ餅はデアデビルに結婚を迫ったら失敗してショボーンってなってて、アンパンマンは出会い系サイトで引っ掛けられそうになる。と、そういうお話な訳です。って余計わからねー! あと、“でかぱい”と“まゆげ”そのまんまー! 第一印象ー! マジ小学生レベルー!(※でかぱい=スカーレット・ヨハンソン まゆげ=ジェニファー・コネリー)

まぁ要は、恋愛あるあるネタを“オシャレな登場人物”という包装紙で包み込んだ、とても胃に優しいデートムービーという事ですので、つきあい始めの「イチャイチャだけが人生の目標です!」みたいなヌルいカップルは一緒に手でも繋いで観てみりゃいいんじゃねえの?  あ、言葉にトゲがあった?ごめんなさいねー。

いやぁ、それにしても、本作の冒頭シーンは衝撃でしたねぇ。
全国の女の子諸君の人生を狂わしてしまう原因となる一言。
そしてそれは、かなりの割合の女子が掛けられた事があるであろう一言。

「〇〇くんがあなたをいじめるのは、あなたの事が好きだからなのよ」

あるね! あるある!!

かく言うアガサも、先日うちのちびっこに言ったばかりですものね!
「〇〇くんがまいにちいじわるしてくるのー」と泣きついてきたちびっこに「あー、もしかしてその子、きみの事好きなんじゃないの~?」って。
いやね、もうこの歳になったら、さすがに“その言葉には嘘がある”という事は気付いてますよ。
確かに素直になれない可愛らしい男の子も居ますが、中には本気で性根の悪いクソガキ男の子もいますしね。
ただ、つい言ってしまうんですよね。
だってそれは、誰も傷つかない嘘だから。
人生に突如起こった“ちょっかい”というさざ波を、上手になだめる為の嘘。

しかし、その嘘は小さな胸に圧し掛かるストレスを収めてくれる代わりに、
「そっか、男の子って、自分の気持ちとは裏腹な事をしてくるものなんだな」
という、歪んだ解釈を植えつけてしまう。

とんでもない間違いなんですけどね! コレってね!
男の子が自分の気持ちと裏腹な態度をとるのなんて、せいぜい小学生くらいまでじゃないですか。
中学校越えてくると、そりゃもうシビアになりますよー、男子って。
眼中にない女子にはとことんビジネスライクな付き合いを。 意中の女子には形振り構わぬ猛アタックを。
わかりやすい程に目の色を変える男子の皆さんに、アガサも何度血の涙を流した事か・・・。
で、また、完全にこちらを切り捨てるでも無いのですよね。
プレゼントを渡したら「あぁ・・ありがとう」とかね。 
あ、受け取ってくれるんだ! って思いますわな。なんせこっちは真剣勝負ですし。
でも違うんですよ。
そのプレゼントはどこまで行っても一方通行だし、入れておいた連絡先の番号も、いつまで待とうが鳴り響く事なんて無いんです。

だったら受け取るんじゃねぇYO! 
はげろ!世の中のそこそこモテる男は全員ズルムケになってしまえ!!


本作でもバーテンダーのアレックスが、すぐ人を好きになって突っ走ってしまう(※ちなみにアガサは完全にこのタイプ)ジジに、
「男は本当に好きになったら前のめりになって誘ってくるもんなんだよ。 電話してねー♪とか、会えて楽しかったよー♪とか言ってるだけなら、それは気が無いって事なんだよ」
と、素晴らしく的を得たアドバイスをしていたのですが、ほんとコレ正味な話だと思いますね。

思わせぶりな態度や、煮え切らない口ぶりを、ついつい好意的に解釈してしまい、
「もしかしたらイケるかも・・・!」
と想いに拍車がかかってしまう女子の事を哀れと思うなら、今後一切情けは無用でござるよ、ケンイチ氏!ニンニン!!


・・・ただね、本気モードできちんと誘ってきてくれる殿方なら、それはそれでまだマシな方なんですよね。
最近は“草の根運動男子”だの“草ばっか食ってたら息が緑臭くなった男子”だのという、ヘンな呼び名をつけられた、自称“草系”な殿方がめっきり増えまして。

思わせぶりなんじゃなく、堂々と誘えないだけ。
煮え切らないんじゃなく、堂々と誘えないだけ。
気を持たせてるんじゃなく、堂々と誘えないだけ。

や、だってさぁ、こっちから誘って断られたらショックだし、逆に、そういう風にもっさりもっさりしてたら、業を煮やした女子の方から誘ってくれるかもしれないし。したら、その方が確実だし、好かれてるかどうかもわかりやすいっしょ。あー草うめえ。みたいな、そういう殿方が、只今絶賛増殖中。

もうねぇ、おめえらキ〇タマついてんのか! コンニャロウ!みたいなね。 
マジ頼みますよ、って。思わず固く拳を握り締めてしまった初夏の午後。
なんかすみませんね、言葉が荒くなってしまって。

という訳で、ちょっと本編からずれてしまったのですが、誰でも一度は体験したことがあるであろう、各種あるあるネタが散りばめられておりますし、王道パターンとは言え、後半訪れるハリウッドの職人芸とも言えるにやにや描写の畳み掛けも素直にドキムネ出来ますので、どなたでも楽しくご覧頂けるのではないでしょうか。
たまにはこういう、ふ菓子みたいな甘くて軽い映画もいいものですよ!

ちなみにアガサが一番印象に残ったのは、先ほども挙げたバーテンダーのアレックスとジジの顛末。
すぐに人を好きになり、その人の言動を都合よく解釈しては暴走してしまうジジに、辛口なアドバイスを与えて続けるアレックス。
ジジに対して恋愛感情が無いからこそ、男性側の本音をズバズバと教えるアレックスを、またもや都合よく解釈した結果好きになってしまったジジは、自信たっぷりにアレックスを押し倒すのですが、予想の斜め上を行くまさかの行動に、
「いやいやいや、なんでそうなるのさ! オレがいつキミの事好きって言ったよ?!」
とアレックスは大慌て。
そして、完全に自分の勘違いだった事を思い知らされたジジは悔し紛れに、
「でも、誰の事も本気で好きにならないあなたよりも、いつも本気で恋してるあたしの方がマシなんだからね!」
と、全く意味のわからない逆ギレをかまして去って行くのですが、なんとここからが衝撃のどんでん返し。
アレックスはジジの事を、本気で好きになってしまうのです!

どうですか! さすがは“恋愛あるあるネタ”の宝庫!
そうそう、こういうね、全く恋愛感情が無かった相手なんだけど、キレられた瞬間好きになってしまう、なんてことも、あるあ・・・ね え よ !!!


まぁ・・ね・・・ ほんと、男女の気持ちってわからないなぁ・・って・・  むしろ、わからないのが恋愛なんだ・・・って・・そう思いましたよね・・リアルにね・・。

全国の、叶わぬ恋に悩むみなさんも一度、自分を恋愛対象として見れくれないあの人に不条理にキレてみては如何でしょうか!
ただし責任はとらないでござるよ!ニンニン!!


     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。