ブログパーツ

第78回オスカー その予想(助演女優賞)

2006年02月24日
第78回アカデミー賞の予想です。
助演男優賞に続き、助演女優賞・・・と書き始めたものの、後何部門あったかなー・・・と思うと一人で勝手に落ち込んでしまいます。
3月6日の授賞式までに書き終わる事が、私の目標です(志低っ)。

気を取り直して行ってみまーす!(無理やりなテンション)

助演女優賞
フランシス・マクドーマンド・・・
『スタンドアップ』でノミネート。
私の好きな女優さんです。
『ファーゴ』の女署長役は最高でした(オスカーも獲ってますね)。
この人の出演作にハズレなし!と思っていましたが、次回作『イーオン・フラックス』と言うのはどうなんでしょう。
なんか嫌な事でもあったのでしょうか。


エイミー・アダムス・・・
『Junebug(原題)』でノミネート。
・・・誰?
ほうほう、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』に出演と・・・。
ひょっとして、ディカプリオの婚約者役かなぁ?
余り自信が持てない程、印象が薄いのは何故でしょう。
他には『私が美しくなった100の方法』とあります。
ミスコン出場者達が、血みどろの蹴落としあいを繰り広げる、世にも面白いブラックコメディでした(そういや松田聖子も出てたような・・・)。
しかし如何せん“ミスコン物”なので、若い姉ちゃんはわんさか出ていましたわなー。
やっぱりピンと来ません。
まあまだ若いようなので、ここはノミネートされただけで儲けものなのではないでしょうか。


ミシェル・ウィリアムズ・・・
『ブロークバック・マウンテン』でノミネート。
・・・まただわ。
知らないんだよー(泣)。   判らない時はググってみよう。
なになに? 出演作『ドーソンズ・クリーク』『ミー・ウィズアウト・ユー』『ランド・オブ・プレンティ』。
・・・観てないんだよー(泣)!!
しかし、観た事のある作品が一本だけありました!
『スピーシーズ』に出演、とあります。
・・・んー・・・   どの役かしら・・・。
“女性エイリアン(ナターシャ・ヘンストリッジ)の少女時代を演じ・・・”って
わかるかい
まあまだ若いようなので、ここはノミネートされただけでも・・


キャサリン・キーナー・・・
『カポーティ』でノミネート。
知ってる人で、ホッと安心(アリコ)としました。
最近で印象が強いのは『マルコヴィッチの穴』『アダプテ-ション』でしょうか。
中堅どころで、登場すると作品がピリッと引き締まる、安定した演技力の女優さんだと思います。
ちょっとシャーロット・ランプリングに似ていると思うのは、私だけでしょうか?


レイチェル・ワイズ・・・
『ナイロビの蜂』でノミネート。
一番有名なのは、『ハムナプトラ』の勇敢な考古学者役でしょうか。
もともとは舞台の女優さんだそうで、英映画にちょこちょこ出ていたり、内容がしっかりした作品重視なのかと思いきや、『マミー』2部作や『コンスタンティン』みたいな映画にも出ているので、案外節操無いのかもしれません。


さあ、この5人の中から、誰がオスカーを勝ち獲るのでしょうか。
ギャル2人組は、ちょっと可能性低そうに思いますし、中年コンビは今までに充分評価を得ているように思うので、ここはレイチェル・ワイズが一番有り得そうでしょうか。
競うとしたらキャサリン・キーナーじゃないか、と言うのが私の予想です。

と言う訳で、次はいよいよ主演男優賞です。


頑張って書かないと、あと一週間しかないヨーーー!!
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。