ブログパーツ

『あずみ』

2006年05月27日
北村龍平と言う映画監督がおりました。
今は無き 『PREMIERE』 と言う映画雑誌が、廃刊前にこの人のエッセーを載せていまして、当時それを読んでいた私の心に湧き上がった気持ちが、
「なんだこいつ。」


私は “根拠の無い自信家” は嫌いではありません。
かく言う自分がそうだからです。
が、この人のエッセー(撮影秘話など)を読んでいると、やたらと自信過剰な文面が鼻に付く事この上なく、「何ぼのもんじゃい?!」 と思っていました。
しかし作り出した作品を観た事がありませんでしたし、1本も観ずにあれこれ思うのも何なので、丁度WOWOWでやっていた『あずみ』を鑑賞する事となりました。


・・で、まぁ、どうだったかというと


なっかり(※萎える+ガッカリ)


だった訳ですが・・・


どこを褒めればいいのか思い付かないのですが、頑張って挙げてみたいと思います。

 上戸彩の足がスッベスベだ。
 “瀕死状態”のメイクがとてもリアルだ。
 上戸彩の例のマントがカッコいい。(チョットしかまとわないけど)
 オダギリ・ジョーがクムジャさんだ。(アイメイクのみ)
 遠藤憲一がステキだ。
    ・・・えーっと  それから・・・  
 ・・若い男の子がわんさか出る・・・ とか・・

すみません、そんな感じです。


アクションが売りなんでしょうね。
上戸彩がスタントほとんど無しで、95%自分でアクションをこなしたとかこなさないとか・・・。
まぁ、「だから何だ」と言う感じなのですが。
逆に残りの5%をやっている、スタントさんの腰の据わり方や刀の振い方が素晴らしく見えると言う北村マジック


では反対に、なっかりポイントを挙げてみますと、

 冒頭、折角10年掛けて育て上げた凄腕の刺客を、わざわざ同士討ちさせて半数に減らす。(←何も減らさなくても・・・)
 若き刺客たちが、大事なシーンで口ポカーン。
 あずみの殺陣が敏捷じゃない。(どちらかと言うとどん臭い)
 またもややりたい放題の竹中直人。
  凄腕忍者一騎打ちシーンでの、最悪のワイヤーアクション。
 斬られ役の人が、斬られる前から血まみれの顔をしていて、それがバッチリ映り込んでいる。(しかも殆どがそう)
 緊張感を緩める為に用意された失笑シーン。
 目がまわる。


などなど・・・。

冒頭の同士討ちシーンにはきちんと説明があり、
「これから先の戦いにおいて、情に流される事無く心を殺して使命を全うする刺客になる為」
つまり、愛する者を殺す事が出来ないようなチキン野朗は、刺客失格であります。と言う事らしく、途中仲間が毒に侵された時も、リーダー(通称・爺)はアッサリ彼を山小屋に見捨てて行きます。
優しいあずみはその仲間の傍に残るのですが、彼自身が自害する事を選び、刺客と言う職業の厳しさを見せ付けます。
ところが、そこまで無情な戒めを描いておきながら、終盤敵の手に落ちたリーダー(爺)はアッサリあずみをおびき寄せる餌になり、優しいあずみは勿論リーダー(爺)を助ける為、敵がウヨウヨしている陣地に単身乗り込みます。
リーダー(爺)は自決する事も無く、あずみの姿を見つけて 「逃げるのじゃー」 なんて、心にも無い事を言ったりします。


なんじゃそりゃ

なんと言うか、このような中途半端なドラマや、抑揚の無いアクションシーンや、何の脈絡も無く挿入されるギャグシーンがすべて噛み合っておらず、結果映画としてどこに感情移入すればいいのか判らない、非常になっかりする作品になっている訳です。


これって誰の責任なんでしょうか。
キャスティングのマズさは言うまでも無いのですが、そのキャスティングを許した偉い人は、間違いなくA級戦犯ですね。(上戸彩を抜擢したのは北村龍平だそうですが)
そして、意味不明なラスト。

《敵陣を一網打尽にしたあずみは、仲間を全員失って、一人で残る使命をやり遂げるかどうか丘の上で考えます。
その時仲間達の幻があずみを取り囲みます。
「私は一人じゃない・・・」
決意を新たにしたあずみは、逃げのびた敵が乗った船を追って海の上へ。
いきなり海上から現れたあずみは敵の頭を一太刀で仕留め、再び海上へ飛び込みます。
水平線の見えるような広い海の上に、一人浮かんで空を仰ぐあずみ。
その後再び、ラストの大殺戮を繰り広げた廃墟を訪れると、瓦礫の下から奇跡的に生き残った仲間と再会。
二人は使命を果たすべく次の地に向うのであった。》

このくだりが全く持って意味不明です。
前後のつながりが無茶苦茶で、もうお手上げ状態です。

とりあえず、この一本を観終っての北村龍平に対する私の評価は、
「なんだこいつ。」
から変化無しでした。
この作品が、彼の中でどれくらいの位置にあるのか判りませんが、まぁあれです、世の中にはもっと才能ある監督は沢山いんじゃないのでしょうか。
そう言ってあげたいです。(余計なお世話ですね)


やる気はかなり減退しているのですが、 『あずみ2』 も録っているので、なんとかやっつけたいと思います。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。