ブログパーツ

『ヘルレイザー/ワールド・オブ・ペイン』(シリーズ7作目)

2008年07月04日
ヘルレイザー7
お兄ちゃん、今回もフラれちゃったよ・・・。

毎晩シャンプーの度に、排水溝がJ・ホラーっぽくなるアガサです。こんにちは。
何を隠そう、人生最長ヘアーに挑戦中だったりしますので(※今までは基本ショートボブでした)、抜け毛の量が半端ないのです。
いや、本数は変わらないのかもしれませんが、一本一本が長いので総体的に見ると毛量がおおkこれオチが無いので省略しますね。

それにしても、夏前頃になるとにゃんこやわんこの皆さんの毛が生え変わる。と言うのはよく聞きますが、ヒト科の生き物も生態的特徴は同じなのでしょうか?
おしえて、えらいヒト!
あと、やっぱりわかめは食べるべき?(ドキドキ)
それはさておき、長らく鑑賞中断中だった 『ヘルレイザー』シリーズ の7作目をやっと観る事が出来ましたので、今回はそれのレビューなんぞアップしてみるぞなもし!!(←誰?)

2ch風あらすじ・・・
1 名無しのセノバイトさん
 また開いてしまったらしいパズルボックスについて、マターリ語り合いましょう。
2 名無しのセノバイトさん
 >>1さん乙!
3 名無しのセノバイトさん
 また開いたのか! いい加減施錠しる!!www
6 名無しのセノバイトさん
 エイミーたんはおれの嫁
8 名無しのセノバイトさん
 (;´Д`)エイミーたんハァハァ
14 名無しのセノバイトさん
 このシリーズって、まだやってたのな
 続けりゃいいっでもんでもねえだろww

15 名無しのセノバイトさん
 つ【男はつらいよ全48巻】
17 名無しのセノバイトさん
 >>14 涙目wwwwwwwwwwww
38 名無しのセノバイトさん
 中盤がミッドナイト・ミートトレインですね、わかります。
47 我こそはピンヘッドさん
 真面目に語ろうというヤツはいないのかこのスレは
131 名無しのセノバイトさん
 突撃記者のエイミーが、カルト集団に潜入捜査
 ↓
 ルーマニアに到着
 ↓
 アパートで死体ハケーン
 ↓
 証拠品を無断拝借
 ↓
 パズルボックス開ける
 ↓
 いつものハゲが出てくる
 ↓
 エイミーたんゾンビ化 (←いまここ)
 ↓
 カルト集団のボスが木っ端微塵
 ↓
 ハゲがエイミーたんに告白
 ↓
 エイミーたんあぼーん

135 名無しのセノバイトさん
>>131 ちょww おまwww
136 名無しのセノバイトさん
>>131 ネタバレ厨ワロスwwwww
138 名無しのセノバイトさん
>>131 ピンヘッド様に対してハゲとはけしからん
139 名無しのセノバイトさん
 ピンヘッドたんはハゲじゃないお(*´・ω・)
140 名無しのセノバイトさん
 もれは好きだけどな、ピンヘッド
145 名無しのセノバイトさん
>>138->>140 どうみても自演です。 ありがとうございました。
152 我こそはピンヘッドさん
 よおしわかった、この痛スレに貼り付いている低脳どもよ!
 今こそ我が力で究極の快楽へと導いてやろう!!
 己の肉体がただの破片と成り行く様を、しかと見るがよい!

153 名無しのセノバイトさん
>>152 通報しますた


おいおまいら! にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← ←いいな、絶対押すなよ! 絶対だぞ!

うそです。
よかったら押しておいて下さい。(←必死だなm9(^Д^)プギャー ww)

まず最初に、今まで一度も“2ちゃんねる”というものをご覧になった事がない方。
さっぱり判らない内容で、どうもすみません。
今日は雰囲気だけでも味わって帰って頂ければと・・。

では、本題に入る前に、今回はちょっと過去の『ヘルレイザー』についてお触り・・じゃなかった、おさらいをしておこうと思います。
何故なら、このシリーズ7作目は完全に、過去の流れを把握している人向けに作られていたからなんですねぇ、困った事に。
まったく・・・ いきなり7作目から放送するなんて、前6作を観ていない人にどうしろって言うのさ!
WOWOWさんは、相変わらずツメが甘いなぁ!(※先日パート7と8だけを単独放送していた。それはそれで英断だとは思う。)

【ヘルレイザー用語説明】
パズルボックス・・・表面を指でなぞると、中からセノバイト(とフックの付いた鎖)が飛び出す仕組み。
セノバイト・・・究極の快楽=痛い事 をモットーとする、地獄の勧誘集団。
ピンヘッド・・・セノバイトのリーダーでハゲ。
チャタラー・・・セノバイトのメンバーで歯並びに自身アリ。
玩具屋・・・18世紀頃、悪魔の誘いにのり、パズルボックスを作ってしまった張本人。その末裔たちは、各世紀でその都度ピンヘッドと対決。

【ピンヘッド・行動パターン説明】
1. 勧誘の為、パズルボックスをいたるところでちらつかせる  
  おにゃのこが開ける → あわよくば付き合いたいと思う
  悪党が開ける → 即刻フック責め
  見込みがありそうな小悪党が開ける → ネチネチと悪夢責め
2. 飽きてきたら全員あの世に勧誘する

まぁ、こんな感じでしょうか。

で、これらを踏まえて今回の『ワールド・オブ・ペイン』なのですが、これが実に面白かった!!

我らがピンヘッドさまは物語の後半まで全く登場せず、主人公・エイミーが“エンドレスな悪夢ワールド”を彷徨う様が延々描かれるのですが、これがなかなかいい悪夢なのです。
幼児の頃、実父から性的虐待を受けていたエイミーは、常に夢の中で当時の記憶に苦しめられていました。
そんな中、たまたま手に入れたパズルボックスを開けてしまった事から、悪夢レベルはさらにスケールアップ。
おぞましい実父の姿と、刃物を持った謎の黒い影、死んだはずの人間を生き返らせるカルト集団の謎・・・。
エイミーを襲う様々な悪夢は、果たして幻影なのか、それとも現実なのか・・・?
そんなめくるめく映像を観ながら、夢オチかと思う度に新たな現実っぽいシーンに放り込まれて、心は完全にエイミーと同化してしまう観客たち。(←つまりアガサの事)

いいじゃないですか! いいじゃないですか!!
前作(パート6)前々作(パート5)も、今回のとかなり似た感じに幻想世界を堂々巡りしていましたが、今回の悪夢は過去のそれらにも増して、ビジュアルセンスも素晴らしい。
地下鉄の構内に佇む、ビニールコートの少女。
足元にはドス黒い血だまり。
アンダーグラウンドの情報をすべて把握していると言うチンピラが根城にしているのは、地下鉄車両の最後尾。
一両丸ごと、淫靡で悪魔的で尚且つ魅力的に彩られた車両は、文字通りミッドナイト・ミートトレイン。

所詮ビデオ映画でしょ? なんて舐めてかかったら火傷すんぜ!こんちくしょう!
と言うくらい、不気味な魅力に満ち溢れた不条理ワールドを、しっかり堪能したアガサだったのでした。

ただし、ピンヘッドが出て来る迄でしたけどね。

思い返してみれば記念すべき第1作目の時点から既に、美少女には目がなかったピン夫。
自分の好みを見つけると、まずは外堀から生めるタイプのピン夫は、パズルボックスを使ってちまちま気を惹く作戦。
ま、大概こっぴどくフラレるのですが。

で今回も、アンジェリーナ・ジョリーとアシュレイ・ジャッドを足して2で割った様な美女・エイミーに目をつけたピン夫は、丁度パズルボックスの謎を解こうとしていた宿命のライバル・玩具屋(の子孫)ウィンターとの揉め事に、エイミーを巻き込む事を決意。
ウィンターが行っていた怪しげな儀式でエイミーを釣り、まんまとパズルボックスを開かせる事に成功します。
そしてその後は、
箱さえ開ければもうこっちのモノ とばかりに、エイミーの周りをストーキング。
助けて欲しくばオレのモノになれ とばかりに、ストレートかつ強引なプロポーズ。
で、ちょっとエイミーが引き気味になったら、いやいやいや、ぼくが仕組んだんとちゃいますよ?ぼく通りかかっただけですやん? とばかりに低姿勢な地獄の魔道士。

・・おれ、ちょっと泣けてきた・゚・(ノД`;)・゚・

ルーマニアくんだりまで行ったのにね。
これでも割と控えめな求愛だったのにね。
あと一歩という所で、愛しのエイミーに拒絶(※あんたのモノになるくらいなら死んだ方がマシ・状態)され、失意のまま地獄に強制送還されるピン夫の姿は、色んな意味で号泣必至です。

と言う訳で《緊 急 募 集》
ピンヘッドさん(職業・魔道士)と今年のクリスマスをご一緒してくれる、ステキな女性を大募集いたします。
年齢・所在地は問いません。
職業柄、ピンヘッドさんがどこでも駆けつけます。
とりあえず、もし身近な所で金細工の施してある正方形の木箱を見つけられましたら、下部の表示に従ってゆっくりお開け頂ければ、と。
ごく稀にフックが飛んでくる事もありますが、その際はご縁がなかったと言う事で、なにとぞご了承下さい。


まぁ、うそですよ・・うそですけどね・・。

そんなピン夫の切ない恋模様も垣間見れる 『ヘルレイザー/ワールド・オブ・ペイン』 。
タイトルのペインはきっと、ピン夫の破れた心の痛みだと思ったアガサだったのでした。(←恐らく違う)

いやぁ、それにしてもいよいよあと1本で、『ヘルレイザー』シリーズ制覇という事になりますが、今からドキドキが止まりませんねぇ。
正直、もっと違った種類のドキドキが欲s(モゴモゴ)
ホラチャまでに感想があげられますように・・・☆
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。