ブログパーツ

『スリザー』

2008年03月23日
スリザー
これでスネイルどもも完全撃破!ネイルなだけにね!! (編註※ スネイル=かたつむり は出てきません)

今日は切株隊長・wataruさんにお借りした寄生スプラッター 『スリザー』 をさくっとご紹介いたしますですよ~。

あらすじ・・・
金にモノを言わせてゲットした超カワイイ幼な妻から、久しぶりの夜の営みを拒否られた中年男グラント。
カチンと来たので夜の街へ繰り出した。
なんと逆ナンされた。
据え膳を頂戴しようと、郊外の森に来た。
やっぱヤメた。
(←この辺ちょっと義理堅い)
しかし、森を後にしようとしたその時、グラントは奇妙な物体を見つけたのである。

なんだかヌメヌメしていて、にょろ長く、ちょっぴり幅広な部分もあるその物体・・・。

・・・もしや・・もしやこれは・・

・ ・ つ☆ち☆の☆こ ?!


やったぜ!おれはついにアノ幻の生き物を発見したぜ!
さてどうしよう♪どこに連絡すればいい?
兵庫の美方町に言えば、別荘地100坪貰えるってホントか?
岡山の吉井町も2007万円の賞金が出るらしいしなぁ・・。
にゃにゃっ! 新潟の糸魚川市に言えば1億円も貰えんのか?
よっしゃぁぁ これでオレも歴史に名を残し尚且つ大金持ちだぜぇぇぇ!!


と、一瞬浮かれたグラントが、実はツチノコではなくて地球外生命体だった物体に寄生されたからさあ大変。
小さな街は瞬く間に、ナメクジ的生命体に支配されるのであった。

<完>


・・・<完>じゃねえよ!Σ(`д´)

一人ボケつっこみがキレイに決まったところで にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← ←よろしかったら一押し♪

なんとも投げやりなあらすじで恐縮です。
一応お断りしておきますが、ツチノコパニック映画ではありませんのであしからず。(※なら書くな)
それにしても、wataruさんには結構な数の輸入版をお借りしてしまったのですが、そのどれもが大当たりで困ってしまいますなぁ。(困りはしないか)
でこの 『スリザー』 もまた傑作も傑作、大傑作!!

先日の 『クライモリ デッドエンド』 とシンクロしたかのような切れ味鋭い胴体縦割りイヴェントあり、ミンチあり、変異あり、繁殖あり、成長ありと、盛り沢山でありながらも且つまとまりのある作り。
ゆるい田舎町がナメクジ状の異生物に寄生され一気にカオスな状態に陥る様は、寄生侵略モノというよりまるでゾンビ映画のようです。
そうなんです。
歩き方のギコギコした感じといい、「ミート・・ミート・・・」と呟きながらアグレッシブに人肉に喰らい付く感じといい、寄生後の町民たちはまさにゾンビ状態。

80年代ホラーを思わせる音楽の使い方や、脱力感たっぷりのクリーチャー造形も、古きよきホラーファンの心をくすぐりまくりでこそばゆいったらありゃしない。
できる子や! ガンはできる子や!!(※ジェームズ・ガン監督)

で、余りにホラーテイストに力を注ぐと、大概の場合おざなりになってしまう宿命なのが「ドラマ性」なのですが、この 『スリザー』 はそこら辺もきっちりカバー。

年の差結婚に浮かれるオヤヂ・グラントと、貧困家庭から救い上げてくれたグラントに“義理”と“忠誠”と言う名の愛情で応える妻・スターラ。
そんなスターラを幼少期から愛し続け、でも人妻相手なので愛の告白も出来ず、見守り続ける事しか出来ない保安官・ビル。
この愛のトライアングルが、「寄生」という願ってもない思わぬ事態で大きく揺れ動く様は、これまた懐かしの80年代ラブコメディのようでハラハラ&ニヤニヤ必至です。

ホント、皆さん真剣なんですよねぇ・・・。
特にグラントのスターラに対する愛は、あまりに真っ直ぐであまりに深い。
最初はビル→スターラの恋が成就する事を祈っておりましたが、途中からはグラントが気の毒で気の毒で・・・ねぇ。(涙)

そして、最初に寄生されたグラントの意識が、その後に続々と寄生される人々の脳にシンクロされる仕組みになっておりますので、仕舞いには町民総グラント化現象でスターラに迫り来たりなんかして。
「オレがグラント」 「ぼくがグラント」 「あたしがグラント」 「わしがグラント」・・・
って、超新塾かよ! (←わかる人いるのかなぁ・・)

ともかく、おぞましい肉塊と化したグラントと自己に目覚めたスターラが迎える愛の結末に、あなたもきっと涙するハズ!

あと、ホラーに欠かせない「美しく可憐なヒロイン(※超かわいい)」に、「反抗的且つ使える少女(※これまた超かわいい)」も勿論大活躍。
「キラキラの付け爪には全く興味が無い」と言う、女性として問題山積みなアガサですが、本作を観た直後だけは「ネイルアートって、人生に必須なのかも・・」と思ってしまいましたとさ。 もう忘れましたけども。

シーンの繋ぎ方もとても上手く、場違いな様な(でもこれで正解なのです)音楽にのせて一気に畳み掛けるようにキャラクターを描くクライマックスなどは鳥肌モノでしたよ><。
こんなイイ映画を観る事が出来て、もうwataruには足を向けて寝られませんわい!

あらゆるホラー&SF&ゾンビ&スプラッターファンに送る極上のプレゼント、 『スリザー』  の日本版DVDは、4月25日発売予定。
みなみなさまもぜひ一度ご覧くださいませ!



     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。