ブログパーツ

『ファイナル・デッドコースター』

2008年03月19日
middle_1145092792.jpg
手間隙かけてます。

こんにちは、アガサです。
ちょっと最近立て込んでおり更新が滞り気味なのですが、心はいつも切株です。(←意味不明)
今日もハンバーグの材料を捏ねながら、
「こいつぁいい特殊メイクの部材になりそうだぜ・・」
と、ミンチでゴアな妄想に浸っておりました。

・・・母さん・・。
自分の中の変態部分が、日に日に勢力を増しています・・・。


こういう事を書くから世帯主さまに怒られちゃうんだな、ぼくは。


それはさておき、あらすじ・・・
今日はウェンディの高校の卒業記念パーティ。
てことで、学年総出で遊園地にやって来ました。
卒業生のパーティの筈なのに、OBとか下級生とかが紛れ込んでいるようですが、そこは大人の事情と言う事で。
どうみても5ダブか10ダブくらいこなしている様な、老け顔高校生がずらりと揃っていますが、そこも大人の事情ですよ勿論ですよ。

さて宴もたけなわ、ウェンディと恋人ジェシー&親友キャリーと恋人ケヴィンは、遊園地の醍醐味・ジェットコースターに向かいますが、ウェンディはなんだか今ひとつ気乗りがしないご様子。
順番が回って、自分の席が最前列だと知ると、更に気が重くなってしまいます。


ではここで問題。
自分の恋人がこの様な状況だったら、あなたはどうしますか?
1.乗車をキャンセルする
2.席を最後尾に変える
3.オレはオレの道を行く(最前列に乗る)

では答え。
どうしても最前列に乗りたかったキャリーとケヴィンはコイン勝負をし、勝ったキャリーとジェシーは念願かなって最前列に、負けたケヴィンはウェンディに付き添い最後尾に座る事になりました。
と言う事で答えは 3 。
自分が後列に下がるのが嫌で、友達に恋人の付き添いをさせるとは・・・。
ジェシー・・・最前列に貪欲な男・・・!

席順も無事決まり、いよいよコースターが発車しようとした刹那、ウェンディの脳裏を凄惨な事故の模様が過ぎります。
それはつまり、予知夢だったに違いない!
そう確信したウェンディは、全力でコースターの走行を妨害し、ケヴィンや周囲にいた友達を巻き込んで屋外に退場させられますが、コースターはその直後に予知夢通り大破。
降り損ねた恋人・ジェシーとキャリーは帰らぬ人となったのでした・・・。


・・で、まぁ後は例によって例の展開になる訳ですよ、奥さん。

「例によって」の部分が謎の方は、にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← ←ポチっとしてから後半をご覧下さい。

“死に様博覧会” “死のピタゴラ装置” などの誉れも高い、本シリーズ。
見所はその言葉の通り “趣向を凝らした死にっぷり” でしかなかったりする訳で、
ストーリーや人間ドラマなんかクソ食らえ!
というスタッフの悪ノリ感だけを頼りに、ここまでやって参りました。

前2作と同じく、話の流れとしては
何がしかのイヴェントに於いて、主人公が死の予知夢
    ↓
「みんな逃げて~(゚ロ゚;w)」
    ↓
「あんだよテメふざくんなYO!(`ε´)」
    ↓
と言いつつ数人が予定をドタキャン
    ↓
大惨事
    ↓
ドタキャン組が一人づつ血祭りに
と、至ってシンプル。

で、あとは続編の名に恥じない程度に、血飛沫の量を倍増してレッツゴー!

・・・え?  血糊だけじゃ不満だって?
よっしゃ判った!  オレ、今回は装置もトコトン工夫して作るよ!
と、漢気溢れるスタッフが言ったとか言わないとか言う訳ないとか、ともかく今回第3弾では例の仕掛けの複雑さが格段にアップ。

「パリス・ヒルトンの成れの果てみたいなバカギャルが、日焼けマシーンでこんがりバーベキューにされる。」
ただそれだけの結果に至るまでが、まぁ長いこと長いこと。
持ち込み禁止のジュースを持ち込んで、日サロの店長が長電話して、戸棚の練り歯磨き(←推測)が落っこちてきて、裏口のドアに挟まって、ネズミが出てきて、作り付けの棚が緩んで、そいから・・そいから・・・
って、もうなんでもええわ!

このバーベキューのくだりはまだ簡潔な方で、その後展開される死の仕掛けなどは更に複雑さを極めて行き、結局のトコなにがどう作用してこう(血まみれに)なったのか、さっぱりわからなくなると言うおまけつき。
それはまるで、お酒に呑まれて絡んでくるオヤジの自慢話の様な回りくどさだそうな。

・・・ホントくどい。

だが、それがいい。
(←誰?)

しかしこれを観ると、1作目がいかに素直な作品だったかと思い知らされますねぇ。
なんだか久しぶりに、1作目から観直してみたくなってしまいました

とにかくストーリーや捻りなどは潔く放棄して、記録よりも記憶に残る死に様を追求する作り手の情熱には頭が下がりますし、手間隙かけた装置の数々はホラーファンならきっとお気に召す事でしょう。
未見の方は是非一度ご賞味あれ♪
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Trackback
監督:ジェームズ・ウォン 出演:メアリー・エリザベス・ウィンステッド    ライアン・メリマン ホラー お勧め度:★★★☆☆ 93...

※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。