ブログパーツ

『the EYE3』

2008年02月05日
アイズ3
もはやそれはホラーの枠を越えた・・・。

今日、何気なくつけっ放しにしていた夕方のニュース番組の特集コーナーで、おさるモンキッキーが妻の山川恵里佳に手作りチョコケーキをプレゼント。という世にも珍妙な企画をやっていました。
「夢のマイホームに見立てたケーキのおうち、どうだい?」
「すてき♪ ダーリン、いつかはこんなおうち建てたいネ♪」

て、誰に向けた放送なんだコレ。

これだから、うかうかテレビを付けっぱなしになんか出来ませんね。
危ない危ない。
思わずテレビ相手に浮嶽(※)をお見舞いしてしまうトコロでした。(※修羅の門より)
とりあえず・・なんだ、次からは家でやってくれ。

と言う事で、気を取り直して『アイ・シリーズ』第3弾。
あらすじ・・・
 陽気な若者・タクと愉快な仲間達が肝試しにチャレンジ。
 タクと愉快な仲間達、コックリさんで霊を呼んでしまう。
 タクと愉快な仲間達、十字路で餓鬼の霊を呼んでしまう。
 タクの愉快な仲間のコーファイ、黒猫かくれんぼで霊にさらわれてしまう。
 タク、愉快な仲間達を旅先に置き去りにする。
 タクの愉快な元仲間のエイプリル、恋人だったコーファイを探す為墓場で運動会をする。
 タク、股の下から霊視する。
 タクと愉快な仲間達、コーファイ奪還の為に霊幻道士のコスプレをする。
 タクと愉快な仲間達、・・・フォーエバー・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★*


おしまい。

一押し頂けると にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← ←とても嬉しいデス♪

えー、なんでも世の中には、霊を見ることが出来る10の方法と言う物があるそうで。
① 死んだ霊能者の角膜を移植
② 妊娠中に自殺未遂
③ 猛烈にコックリさん
④ 十字路の真ん中に3人分の食事を置き、チョップスティックで茶碗を連打
⑤ 真夜中に黒猫を抱いてかくれんぼ
⑥ 真夜中に鏡の前で髪を梳く
⑦ 墓場の土で目を擦る
⑧ 室内で傘をさす
⑨ 股下から向こうを覗く
⑩ 使用済みの死装束を着用の上、臨死体験
と言う方法が載っていたHOW・TO本をそのまま試してみたら、どうにものっぴきならない状況になっちゃった。と言うのが今作の全てです。
それ以上もそれ以下もありません。

普通に考えたら、絶対素人さんが試すべきシロモノではない事は一目瞭然ですので、正直主人公グループに何の同情も湧きません。
いっちょ試してみよーぜー!
わー!出たー!
じゃ、次こんなんもやってみよーぜー!
わー!また出たー!
ヤダ~、私まだ見えてないしぃ
わー!今度は見えたー!
と、バカっぽい若者達がバカっぽい反応を繰り返す様を、観続ける事1時間余り。

なんだこの疲労感。 (-_-;

1作目で、知らなくてもいい世界を垣間見てしまった女性の悲劇。
2作目で、粘着VS粘着 +自縛霊アラカルト。

と、若干の路線変更は交えつつも、最低限の恐怖(じんわりとした)は保証してくれた 『アイ・シリーズ』 でしたが、3作目にしてついに、一番恐れていた事態に陥ってしまったようですね。

出て来過ぎな為、途中で見慣れてしまう自縛霊。
交霊体験の合間に挟み込まれた、中途半端なギャグ。
冥界に潜入する為に着用するキョンシー服の痛々しさ。
ついに見つけた霊の対処法は 「おなら攻撃」 。
やい霊ども! オレのおならを受けてみろ!
ワー!クサー!


ねぇ、これなんてドリフ?

恐怖と笑いは紙一重。
ホラーを突き詰めていった先で、コメディに辿り着くのは不思議な事でも無いと思います。
(『キャプテン・スーパーマーケット』 のような好例もありますし)
しかし本作は、そんなホラーコメディに着地しようとした結果、
降りるに降りれない、飛ぶに飛べない、所在なさげにフワフワ漂う浮遊霊
と言った感じの、ピントのズレた作品になってしまったのではないでしょうか。

きっともう無いとは思いますが、くれぐれもこれ以上 『アイ・シリーズ』 が続く事などありませんように。
それと、自分の中で余りに堕ちてしまった、パン兄弟に対する評価を少しでも何とかしたいので、次回はwataruさんが絶賛されていた 『リサイクル-死界-』 を、是非借りてみたいと思います。

ね! その方がいいですよね!wataruさん!・゚・(ノД`;)・゚・

あと、余談なのですが、霊を見る方法の中の
十字路で3人分の食事を置き・・
ってやつ、5人分のお皿があったのですが、そんな適当なので出てきてしまった霊のみなさんは、どうなんでしょうか?
あと、
股下から覗いた景色に霊が見える
ってやつ、そんなん言ってたら天橋立には行けれないぜ!ベイベー!
amanoha7.jpg  ※ 日本三景
 
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。