ブログパーツ

『死霊のえじき』

2006年04月30日
ゾンビ界の巨匠、ジョージ・A・ロメロがお届けするゾンビ3部作、いよいよここに完結。
3作目は 『死霊のえじき』です。


それにしても、世のホラー映画に“死霊の”が付いたもののなんと多い事か・・・。
そしてそのほとんどがキワモノであることは、間違いないでしょう。
我らが巨匠の作品も、その邦題のせいでかなりの迷惑を被っていたはずです。


『死霊のえじき』 の舞台は近未来のアメリカ。
地上の殆んどはゾンビによって埋め尽くされ、生存者はほんの一握りの状態で、科学者と軍人の数人が地下シェルターの中でゾンビに対抗する術を研究しています。
その2グループもすでに分裂状態で、なかなか成果を上げることの出来ない科学者に対して、軍のリーダーは完全に業を煮やしており、まさに一触即発状態です。
こんな限られた状態で反目しあって、何がどうなると言うのか・・・。
ほんとバカばっか


こんな危機的状況においても、人間と言うのは権力を手に入れたがるものなのか?
彼らの辞書に、“協力”の二文字は無いのか?
イラつきます。
科学者グループの中にも、イラついた女性が一人。
生存者の中で紅一点、サラさんです。
(・・・やっぱりロメロは女性に何か不満でもあったのでしょうか?
殺され要員でもいいから、もう一人くらいは出してくれてもよかったのに・・・。
不公平だわ。  と、田嶋陽子センセイも申しております。)


で、サラさんですが、軍のリーダー・ローズ大尉の横柄さや、ゾンビ研究の第一人者・フランケン博士のオタクっぷりや、恋人ミゲル君のやる気の無さにかなり辟易しているご様子で、パイロットのジョン&無線係のおっちゃんと酒で憂さ晴らしの日々です。
そんな、日に日に緊張感の高まる科学者と軍人達のやり取りを尻目に、一人我が道を行くフランケン博士(ゾンビオタク)。
これぞ オタク道!!と言う生き様を、まざまざと見せ付けてくれます。
『死霊のえじき』が後世に語り継がれる事になった立役者、とも言えるバブ(ゾンビ)と博士との愛に満ち溢れた日々・・・!
素敵です!!
おすぎです!!   (関係ないです)


(普通に考えたら、一度死んだ人間である“ゾンビ”ですから、脳も死んでいる訳で、記憶能力とか学習能力だとか、ありえないと思うのですが、それを言ったら“ゾンビ映画”そのものを全否定してしまう事になりかねないので言わない事にしておきます。)
このバブが、博士の愛情たっぷりな授業によってどんどん人格が目覚めてゆきます。
サリバン先生とヘレン・ケラー。
狼少女ジェーンとステュワート(ガラスの仮面)。
そして、フランケン博士とバブ
今ここに、新たなる愛の物語が・・・(略)


とにかくバブが最高でした。
正直、途中から「主役のサラさんがゾンビの檻に入れられてキャー」とか「恋人のミゲル君がゾンビにかじられてワー」とか、もうどうでもいいよ・・・と言う気持ちになるくらい、バブの独壇場です。
バブに出会えただけで、私の人生幸せです。   (それは嘘です)


で、結局この作品でもゾンビに対する対処法も解決策も見えないまま、サラさんとジョンと無線係のおっちゃんと言う“やなドリカム編成”が、無人島に逃避行して物語は終わるのですが、やっぱりこれが限界なんでしょうか。
そもそも
・歩くのも遅い
・頭を打ち抜けば倒せる
ゾンビですから、最初の対応さえ間違えなければ鎮圧は可能だと思います。
何をどうやったら、こんな全米各地ゾンビだらけになるのか、よっぽどヘタレばっかりだったのか・・・としか思えないので、“その場しのぎ”というか“現実逃避”のようなエンディングしか迎えようが無いのかもしれません。
しかしこのような選択肢を見せられると、やはり私には「そこまでして生き残ってなんになる?」という気持ちが浮かんでしまうのです。
例えばこのドリカム編成で、離れ小島で、これから先どうするのでしょう?
文明を一からやり直す?
子供を作って子孫を増やす?
このおっちゃん達と~?
私には無理です。


さて、今回借りた 『死霊のえじき』 ですが、観ていてやたらと音楽がぶつ切れしたり、シーンのつなぎが不自然だなー・・・と思っていましたら、なんとこれがファンの間では悪評高い『(最終版)』でした・・・。
どう悪評高いかというと、「ゴアシーンをことごとくカットしてしまっている」との事。
・・・なるほど。
「ここからかじられるシーンだな」と思ったシーンの直後が、全て編集されていた訳ですね。
どうりで臓物が一つも出てこない訳だ。
・・・いや別に臓物が観たかった訳ではないのですが。
ロメロ氏の意向はまるでくみ取られていなかったと言う事ですね。


機会があったら、是非ノーカット版を観てみたいものです。
・・・いや別に臓物が・・・(略)





     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Trackback
ジョージ・A・ロメロ監督が贈るゾンビ3部作のうち最終章を飾る「死霊のえじき」。この写真のおじさん、このおじさんのせいで地下にゾンビがなだれ込んでくるのですが、その禁断のボタンを押す前に金網越しに一瞬、遠い目をするシーンがあるのですが、めっちゃ好きなシーンで

※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。