ブログパーツ

『まぼろし』

2007年12月28日
まぼろし
ニュータイプ誕生。

“世紀の名作”・ 『タイタニック』 の公開当時、女友達の間でよく話題に上っていた事があります。
それは、
「あなたは恋人を見捨てて生き延びる事が出来るか?」
と言う事。
(ただし、ただの恋人ではなく、運命を感じた一生一人の恋人の場合)

意見は大体、
「彼が身を犠牲に助けてくれた命だもん。彼の分まで幸せにならなきゃ」
と言うローズタイプと
「助けられたかもしれない彼を踏み台にしてまで助かりたくない。彼無しの幸せなんてありえない」
と言うアンチ・ローズタイプに別れていまして、ちなみにアガサは後者でした。

恋人に限らずそれが家族だったとしても、自分が命を捧げてもいいと思うほど愛した人が抜け落ちた人生を、幸せに生きてゆく自信はありません。
苦しみを乗り越えて、その人の分まで充実した人生を切り開いてゆくなんて、とてもじゃないけど出来ません。

私は、卑怯者なのかもしれません。
私は、その人の願いを踏みにじっているのかもしれません。

でも、人間には出来る事と出来ない事があり、思うにローズの様な人生の選択は、私にとっては後者なのです。

あらすじ・・・
マリーは、いつでもジャンに会う事が出来る。

25年連れ添った、唯一の家族・ジャン。
ある夏の日の海で、突然姿を消したジャン。
警察は、ジャンの生存は絶望的だと言っている。
友人は、ジャンの事を忘れさせようとしている。

しかし、マリーはいつでもジャンに会う事が出来るのです。
灯りの消えた家で、いつでもジャンはマリーを待っていてくれる。
そして、疲れたマリーに優しく声をかけてくれる。

だからマリーは、人生を歩み続ける事が出来るのです。
ジャンの“死”とは、すなわちマリーの人生の終わりを意味しているのです・・・。


ここにも居ましたねぇ・・・。
アンチ・ローズタイプが。


よろしかったら一押し・・・にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← ←


最愛の夫を喪って、現実を直視する事が出来ないマリー。
いえ、直視しているから尚のことなのかもしれません。
とにかくマリーは、夫の“まぼろし”と共に暮してゆきます。
辛い現実も、“まぼろし”が寄り添ってくれるから何とかやり過ごす事が出来るのです。

そんな“まぼろし”は、彼女を過去に縛り付ける足枷なのでしょうか?
それとも、未来を生きる為の支えとなってゆくのでしょうかるのか?
どちらにしても、それはつらすぎる“まぼろし”です。

ジャンはどうして、マリーを人生に置き去りにしてしまったのか。
ハッキリとした答えは出て来ません。
ジャンが生前、うつ病で投薬を受けていた事は明らかになりますが、失踪(自殺)時に薬を飲んでいたのかどうかはわかりません。
せめて、遺書の一つも遺してくれていたら・・・。
せめて、遺体がすぐに揚がっていたら・・・。

お墓の前で泣く事も出来たでしょうに・・・。

色んな事が判らないので、後を追う事も出来ず、ジャンが居た頃と同じ様に人生を歩むしかなかったマリー。
例え新しい恋人が現れたとしても、それはマリーにとっては不倫であり、恋のトライアングルでしかないのです。
そして、ジャンの遺体と対面したとしても、それを受け入れる事はマリーにとっては死刑の宣告と同じ事なのです。

ジャンが居ない人生を一人で生き抜く事は出来ない。
でも、ジャンが居ると思えば生き抜いて行ける。
だからマリーは、生きる為にジャンのまぼろしを作り続けるのです。
きっと、ずっと、いつまでも。


これは
「あなた無しでは生きて行けない」アンチ・ローズタイプ
とは違う、より強い生存願望を抱いた
「あなた無しでは生きて行けない、ならばあなたを作り出そう」というニュータイプ
なのかもしれませんね。

シャーロット・ランプリングは、このニュータイプを「強さ・果敢なさ・危うさ」と共に見事に表現しており、その演技はまさに芸術品です。
そして何より、こんな心をえぐる作品を作り上げたフランソワ・オゾン監督の才能には、激しい眩暈を感じてしまいました。

こうなったら、オゾンさんの全作を観ないと気がすみませんねぇ。
ちょっくらレンタル屋まで小走りで懸け抜けてきます。



※一応注釈・・・ 
冒頭のアンチ・ローズタイプのくだりについてですが、アガサは何も、後追いを推進しているのでも示唆しているのでもありませんので。念のため。
愛する人が居ない悲しみを乗り越えて一人で生きてゆく自信はないので、まずはそうならない様に全力を尽くします。

ちなみにアガサがローズの状況に立たされたなら、まずはもっと平等に(板の上を)交替します。
そして、肉のつき具合を見て、交替の時間配分をさらに平等にします。
ジャックが眠そうになったら、「起きんかコラ──ッ」とハリ手をお見舞いします。
2人で助かる道しか、選ぶつもりはありません。

2人で助かってこその人生ですもの。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Trackback
この映画のテーマはズバリ喪失感であろう。 自分の目の前からある日突然、忽然と消えてしまった愛する夫。 あまりに深い絶望の中で、幻想と現実の間を行き来するヒロインの哀しみ、虚無感を、 老いてなお美しいデカダンス女優、シャーロット・ランプリングが熱演してい...

※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。