ブログパーツ

『マリアの受難』

2007年12月15日
マリア
その王子様は40歳・独身。

『パフューム ある人殺しの物語』 の監督がトム・ティクヴァだったのだと知ったのは、DVDをプレイヤーに入れ、長すぎる予告編集を見終えて、やっと始まったオープニングタイトルを観た、まさにその時でした。
そうか・・・そうやったんか・・・。
瞬間、アガサの心は遥か遠く、まだ20代半ばで映画館に通い詰めだった頃に飛んでいました。
岡山で唯一のミニシアター、シネマ・クレール。
当時そこで観た 『ラン・ローラ・ラン』 には、アガサの胸に深く刻まれた甘酸っぱい青春の想い出が、もれなくおまけで付いて来るのです。

・・・まぁしかし、そんな甘酸っぱいレビューを書いてもなんなので、そんな 『ラン・ローラ・ラン』 の監督でもある トム・ティクヴァの長編デビュー作、『マリアの受難』 のレビューを行ってみますわい。

あらすじ・・・
平凡な主婦・マリア。
一秒の狂いも無い規則正しい生活の中で、何の感情も持たず、ただただ愛情の無い夫と寝たきりの実父の世話に明け暮れる。
そんなマリアの生活に、ある日変化が訪れます。
いつもの様に見下ろしていた窓の下の風景。
その中を通り過ぎていた男性が、彼女の方を見上げていたのです。
2人の視線はほんの数秒間絡み合い、何かが生まれる予感がした。
そして、直ぐに予感は実感に変わる。
マリアの隣人だった、その男性からの電話。
確かな熱い感情によって、マリアは生まれ変わろうとしていました・・・


チクショー・・・これも甘酸っぱいじゃねぇか・・・

本格的甘酸っぱさに突入する前に にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← ←よろしかったら一押し


例えば、いつも行く映画館。
何故だかよく見かける、同い年くらいの異性。
ある日、その人が話しかけて来たら・・・
「いつもあなたの事が気になっていたんです」と・・・。

例えば、いつものコンビニ。
同じ時間帯、同じ人。
顔はすっかり覚えていたけど、私語を交わした事など無かったその人に
「つきあっている人、いるんですか?」なんて言われたら・・・。

“いつもの平凡な自分を、密かに見出してくれていたあの人”
と言うのは、理想の王子様なのではないかと思います。
特別着飾っても、念入りなメイクをもしてもいない、素の自分に恋してくれる。
そんな、小説やドラマの中ではお馴染みの王子様(ただし実際にいたらキモいと罵声を浴びせられる事ナンバー1の半ストーカー)と、マリアは出逢うべくして出逢います。

王子様は、同じマンションの隣の棟に住む中年男。
3階に住むマリアがいつも、夕暮れに窓際でタバコを燻らす姿を見つめ続け、密かな想いを寄せていた王子様。
そして実は、1階に住む彼の部屋の窓も、マリアの部屋から丸見えだった。

・・・ベタだ・・ ベッタベタだよコレ・・
おうちが隣同士でお互いの姿が窓越しに見える。だなんて、昔の「りぼん」か「別マ」レベルだよ。
そして、お互いが揃って恋愛経験の乏しい加齢集コンビな訳なので、当然会話も弾まないよ。
好き好きオーラがビシビシ飛び交っているのに、
キスのタイミングを今か今かと計りまくっているのに、
最後の一手が打てないんだよ。
だって中年だから! 2人合わせて喜寿だから!!(←推定)

無駄に年ばかりを喰ってきた様な不器用な2人の恋は、観ているコチラまでドキドキしてしまうほど、リアルな心拍数を感じさせてくれて、ホントにもう、甘酸っぱいったらありゃしない。
で、一応人妻であるマリアの倫理的な問題は?と言うと、マリアの夫は彼女の事を、完全に奴隷か家政婦扱い尚且つギャンブル狂いなので難なくクリア。
むしろ、彼女の不憫な生い立ちを知ってしまうと、心から声援を送りたくなる程です。

『マリアの受難』 と言う題名が示すように、宗教的なイメージも多く感じる本作。
マリアがいきなり受胎・出産したり、無意識のうちに贖罪の人生を歩まされていたり、人生とは?生きる意味とは?と言う小難しいテーマを感じさせたりと、一見とっつきにくい印象を与えてしまいそうなのですが、実はとてもシンプルな物語なのではないかと思います。

要は、
無味乾燥な生活を送る主婦が、運命の相手と出逢う
と言う、凄くありきたりで胸にグっと来る(主婦は尚の事)普遍的なラブストーリー

悲劇的なクライマックスとその後に映し出される奇蹟のラストシーンは、何故か涙がこぼれてしまった程、愛情と救いに満ちていました。

色んな意味で、アガサの生涯ベスト10に入る作品かもしれませんねぇ。

ちなみにマリアの “一風変わった趣味” のシークエンスは悪趣味かつ変態色満載で、その暴走っぷりも見応えたっぷりですので、『ミセス・シンデレラ』系が苦手な殿方にも安心してご鑑賞頂けるのではないかと思います。
キーワードは虫と言う事で。 
ときめき変態ワールドを、皆さんも是非ご堪能あれ!
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。