ブログパーツ

隣の家の少女

2007年11月06日
20071104160214.jpg


隣の家に引き取られてきた少女に、わたしは心惹かれてしまった。
彼女は余りに純粋で、余りに真っ直ぐで、余りに強い心を持っていた為に、その家の女主人の怒りをかってしまった。
彼女は壊されていった。
わたしはそれを、ただ見ていた・・・。


本当はみんな大好き“人喰い一家モノ”の 『オフ・シーズン』 を買うつもりが、
スティーヴン・キング絶賛!
と言う帯マジックにまんまと引っ掛かってしまい 『隣の家の少女』 を購入。

キングさんよ・・・

あんた、なんちゅうモノ薦めるんじゃい!

○| ̄|_OTLorz.....


子供が大人の言動を否定する。 と言う事は、大人が考える以上に、子供にとっては不可能な作業です。
最近の子供たちを見ていると、それは実際簡単な事の様に思えるかもしれません。(むしろ大人が子供に支配されているような・・)
しかし少なくとも、生まれたての赤ちゃんに世の中の善し悪しを植え付ける(言い方は悪いですが)のは大人であり、一番身近の大きい人間から、一番大きい影響を受けるもの。それが子供というものなのではないでしょうか。
だから、最近の子供がもしも“大人びて”“生意気で”“力加減を知らない”のであれば、それは身近にいた大人のせいなのです。(必ずしも親ではないですよ)
そこんトコは、一切言い訳なんて出来ないのです。

で、この小説の主人公・デイヴィッドもまた、隣の家の中で行われる凄惨な虐待をそのまま受け流してしまいます。
なぜならその虐待を仕切っていたのが、信頼する大人・ルースおばさんだったから。

親友の母であり、隣の家の愉快で美人な世帯主であり、自分の親よりも“物分りがいい”大人・ルース
そんなルースおばさんがやっている事なのだから、それには正当性があるに違いない。
でなければ、ルースおばさんが続ける訳が無い。
ましてや、僕ら子供に(虐待現場を)隠そうともしていないじゃないか。

そこでデイヴィッドは、隣の家の少女・メグが理不尽な暴力に傷付けられ、死ぬよりも辛い屈辱に耐える様を、止めもせずただ傍観していたのです。
しかし、デイヴィッドは蚊帳の外のつもりでも、ルースとその子供たちはそんなつもりは毛頭ありません。

見ているだけ、止めようとしない、と言うのは立派な加担なのだと、時が過ぎて初めて気付くデイヴィッド。
その時には既に、メグも死に、デイヴィッドも死んでいるも同然な人生の上に立たされている・・・。

この余りに惨い小説を読んでいる間、辛くて気分が悪くて仕方ありませんでした。
登場人物が、前述のスティーヴン・キング風に言うところの
胸クソ悪い下衆野郎
ばかりだからです。
助けてくれる大人も、ヒーローとなる子供も誰もおらず、「よくもこんなヒドイ描写が書けたものだ」と軽蔑すら抱いてしまうような小説。

ページの中で、私の目の前で、筆舌しがたい暴力に耐え最後まで自分のプライドを捨てようとしなかったメグの姿・・・。
それを、途中で見て見ぬフリなど出来なかった私は最後までページをめくり、余りの理不尽さに吐き気を催し、壮絶なラストに涙を流し、もうめくるべきページが無い事に内心ホッとしていました。
そして、この小説と同じ様な暴力をどこかで目にした様な気持ちに襲われたのです。

女子高生コンクリート事件。

内容は違えど、その“凄惨さ”と“多くの人間が大した罪の意識も無く関わっていた”事実は、まさにこの小説の通りだと。
その現実の事件を思い出し、また新たな吐き気と悪寒が止まらなくなりました。

虐待。
暴行。
いじめ。
陵辱。
目の前のそれらを止められない自分。
「ヘタに手を出す事によって、自分に飛び火するのが怖い。」
そんな恐怖によって、私たちは現実から目を逸らす。

他人の体についた傷の本当の痛みを、私達はどれくらい実感出来ると言うのでしょうか。
いいえ、実感出来る筈も無い。
実際に我が身から血が噴出すまでは、本当の痛みなんて判る筈も無いのです。

この小説は、本当の痛みを伴う本です。
書かれた文字を読んでいるだけなのに、読者の心からは血が流れ出る事でしょう。
作者がこんな酷い小説を書いた意味は、きっとそこにあるのではないかと、私は思います。
この痛みを忘れない事が、新たな暴力への抑止力になるはずだ、と。

しかしまぁ、そもそも現実に監禁・陵辱なんかするようなキ○ガイ連中が、こういう本を読んで我が身を振り返るとも思えないのですが。

そんなこんなでそろそろ本題に・・。

ほ・ほ・ほんだいにぃ~?!(アガサ史上最長の前フリだった訳で)

そんな読む暴力の金字塔 『隣の家の少女』 がなんと、映画化された模様です。

予告編はコチラ → 予告編(公式HP)

20071105170741.jpg  ← (写真だけ見ると 『スタンド・バイ・ミー』 っぽいですが。)


予告編を観る限り、かなり原作に忠実に作られているようですが、どうもアガサの直感が「コイツつぁあ・・・どうなんだ?」と非常ベルを鳴らして仕方ありません。
あくまで直感ですが。
果たして原作のように、美しく、残酷で、罪悪感に満ちた作品になっているのでしょうか?

今世紀最大のトラウマムービーの誕生なるか?!
是非、あなたの目でお確かめください。(日本で公開されたらネ)

     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。