ブログパーツ

『ファンタスティック4/銀河の危機』

2007年09月30日
20070929214643.jpg
 2007年度“ヘンなニッポン”大賞・受賞作品、堂々登場!

よろしかったらここらで一押し! にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  ← ←


ある日、アメコミにてんで詳しく無い友達が、『ファンタスティック4』 のチラシを見て言いました。
これって要するにパート4なの?」と。

えぇっとねぇ・・・・ 
まだ4本もは作って無いかなぁ。´∀`;)・゚・

確かに予備知識が全く無い状態でこのタイトルを見たら、『ファンタスティック3』や『2』があってもおかしくは無いといやそんな事は無いか。
その説で言うと、『オーシャンズ13』は既にシリーズ13作目と言う長寿シリーズに・・・。
目指せ「寅さん」! 追い越せ「タコ社長」!!

・・・満男も頑張れよ!(←お前が頑張れよ)

前作(パート1)あらすじ・・・
宇宙光線を浴びた事でスーパーパワーを手に入れたファンタスティックな4人組。
リーダーのリードさんは、体をビョンビョン伸ばしながら、悪い科学者ビクターをやっつけたよ!
あと残りの3人も、スケスケになったり火だるまになったり、岩みたいになったりして頑張ったってよ!

おしまい。

今回(パート2)あらすじ・・・
セレブな超人となった、ファンタスティックな4人組。
リーダーのリードさん平メンバー・スーの結婚式当日、宇宙大魔神ギャラクタスの使いっぱ・シルバーサーファーがNYを襲ったよ。
あと数日で地球が滅びてしまうと知った4人組は、めちゃんこ強いアメリカ軍と手を組んで、シルバーサーファーを阻止する事にしたよ。
そんな中、パート1にも出ていた悪い科学者・ビクターが、知らん間に現場復帰していて、リードさんはやる気がモロ減退だよ。
そんな中、スーが腹割って話した結果、サーファー野郎は意外といい奴だと判明。
一方ビクターは本性を発揮して、またまた皆を困らせたよ。
困ったよ。
地球規模で困ったよ。

その上、サーファーの雇用主・ギャラクタスが、業を煮やして地球に触手を伸ばしてきたから、マヂでシャレにならないくらい困ったよ。
最強の特殊能力を持つファンタスティックな4人組は、無事地球を救って結婚式を挙げる事が出来るのか?
待て! 次号!!だよ。


「だよ」口調がウザイと感じた方、すみません。
私も正直ウザかったです。(なら書くな)

最近のハリウッド映画に於いて、エゲつなさがどんどん増してきた“日本媚び”
それと言うのも、トム様の 『侍・最終型』 が当たったのを目の当たりにしたハリウッドのエライ人たちが、
「とりあえず日本的な要素を出しときゃ、アイツら喜んで劇場に行くんじゃん」
と勘違いしてしまったからなんですね、きっと。

結果、USJでエイリアンが倒されたり、東京には巨大な雹が降り注いだり、青い目をしたゲイシャガールが社長さんを射止めたり、若き食人鬼が鎧フェチになったりと、アチラでもコチラでも「ちょっとヘン」な日本が大活躍する羽目に。
で、そんな映画を観るたびに日本の皆さんは
「んなこたぁない。」
と心の中で総ツッコミを入れつつ、
「まぁでも、これはファンタジーだから・・・」
と自分を納得させていたのですね。
ところが、ボケ倒してもボケ倒しても突っ込んでくれない、ボケ殺しの日本人(※忍耐強いとも言う)に業を煮やしたハリウッドのエライ人たちは、ついに本当のファンタジー世界に於いて、確信犯的に「ヘンな日本」を登場させるに至ったのです。

それがこの、『ファンタスティック・フォー』 なのだぁっ!

日本で始まり日本に終わる本編。
オープニングに登場する、駿河湾上の漁師さんは『ラストサマー』の殺人鬼みたいな合羽姿。
微妙に日本っぽくない漁師さんに戸惑いつつも、「まぁこれくらいは許容範囲内」と大きく構えていたところ、最後の決戦が大問題。
舞台となるのは上海らしき場所なのですが、ラストのドッキリシーンでワラワラと登場するのは、ヘンなつんつるてんの浴衣を着た童と、ゲイシャと見紛う謎の和服美女。

ど・どこ国(こく)やねぇぇぇ━━ん!!

ねぇぇ━━ん!

ねぇ━・・ん

ねぇ・・ん


まぁここはきっと、上海だったのではなく、太秦映画村かなんかだったのでしょう。
今回はそう言う事にしておきます。
だかしかし、次回は無いと思え!!(←多分あるのでしょうけど)


前置きはこれくらいに(前置き?!)しておいて、とにかく今回の話題は天下の人気者(inアメリカ)シルバー・サーファーに尽きるのでしょうね。
実は、我が家の世帯主さま(アメコミファン)も、長年に渡ってのシルバー・サーファーマニアでして、もうなんか大画面で銀さんが拝めれば本望。と言う感じがひしひしと伝わって来てました。
「残りの愉快な4人組は?」
「ああ、いたっけなぁ・・そんなの。」
って、それレベルなんですよ! お客さん!!

と言う訳で、“銀河の危機”に対して“どう贔屓目に見ても力不足”な4人組は、やれ「結婚式がしたい」の「4人一緒じゃなきゃヤダ」だの「岩みたいのはカッコ悪い」のと、宇宙レベルの危機を前にして個人レベルの諍いで大忙し。

で、さりげなく復活していた“駄々をこねさせたら宇宙一”のビクターまで、和気藹々とした4人組にジェラシーを燃やして大暴走。

おまえら・・・空 気 読 め !ヽ(`Д´#)ノ

結局、見かねた銀さまが地球を救うべく、ご主人様である筈のギャラクタスをコテンパンに。

・・・オラの1時間半を返しとくれ・・・。

まぁ、 銀さま登場 → ギャラクタスに圧勝 だけですと5分間程の短編映画にしかなりませんので、4人衆+駄々っ子のてんやわんやも必要不可欠ではあったのでしょうが・・・ねぇ・・。

とまぁこの様に、しょうもない身も蓋も無い内容の本編ではありましたが、多くのアメコミ・ファンの方々は縦横無尽にスクリーンを飛び回り、最強の4人組を華麗に煙に巻くシルバー・サーファーの姿だけで得心が行くのでしょうし、全く銀さまに思い入れの無いアガサですら、何となく満足してしまいましたので、作品としては成立しているのかもしれません。

でも正直、3作目は必要ないような気がします・・・。
友よスマン・・・。
残念ながら、『ファンタスティック』は『4』まで辿り着かねぇかもしんねぇなぁ・・・。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Trackback
                                                  {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/}最近のタイトルはやけに長い~!これ、タイトルエラーになって入りきらなかったけど、
前作と比べ、ジェシカ・アルバの鼻血の色がどす黒くなっていた!
「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ヨアン・グリフィズ、ジェシカ・アルバ、クリス・エヴァンス、マイケル・チクリス、ジュリアン・マクマホン、ローレンス・フィッシュバーン、ケリー・ワシントン、

※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。