ブログパーツ

闘う女

2007年08月23日
それはそれは大きな口内炎が出来ました。

直径1.2cmはあろうかと言うビッグサイズで、喋るも地獄食べるも地獄と、非常にストレスフルな生活を強いられる事となったアガサ。

普段は、たいがいの痛みは我慢する頑張り屋さんなのですが(←自分で言うか)、夜もおちおち眠れないほどの苦痛にとうとう根負けし、薬局にて「デスパ」なる塗り薬を買ってみる事に。

・・・歯磨き粉に似た、なかなかオツな味でした。(※全く効きませんでした)

益々栄華を極めるばかりの口内炎に、今度は「アフタッチ」と言う貼り薬で挑んでみる事に。
そうですとも。
口内炎とはすなわち、ただの傷。
すり傷にバンドエイドを貼るように、口内炎には口内用のバイドエイドを・・!
そんな当たり前の事に気付かない程、うろたえていたのか・・私?!
色んな方のサイトでも大好評の「アフタッチ」で、いざさらば・・・我が口内炎よ・・!!

・・・患部に貼り付ける時の痛みが全く引き換えにならない程、効きませんでした。
ホント、シャレにならんです!!(貼る時)

一向に鎮火の気配を感じさせない、私の口の中の噴火口。
お茶を飲むのも命懸けです。

そんな最中、先月抜いた親知らずのメンテナンスに出掛けたスーパー歯科で、何気なくこのボルケーノの事を話してみると、
「じゃ、レーザーで焼く?」
と、ドクター。

そんなんあるんデスカ!!!

ええ、そうですとも。
先端医療を舐めていましたよ。
クローン人間が夢物語ではないこの時代に於いて、口内炎の対処法が歯磨き粉(っぽいやつ)や絆創膏(っぽいやつ)だけの筈がなかったのです!
ビバ! 先端医療!!
ビバ!! スーパー歯科医!!


・・・2回通り焼かれて、余計痛くなりました・・・。・゚・(*ノД`*)・゚・。

焼きを入れられた直後に痛みが引いたように感じたのは、今思えば、レーザービームの余りの痛みに、口内炎本来の痛みがマヒしていたからなのでしょう。

結局、毎晩チョコラBBでうがいをしつつ、後はひたすら我慢のアガサなのでした。

結論。

口内炎の特効薬 → 忍耐力 。


※ えーと、それとお知らせと言うかお誘いなのですが、今週末(日曜)の夜11時くらいに、当ブログの隅っこの方に佇んでいる「ミニチャット」で、映画好きな皆さんとちょこっとお話出来たらなぁ・・と思っております。
ご都合の宜しい方は、キーボードを打つ早さなど気になさらず、是非覗いてみて下さいませ。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。