ブログパーツ

『オーメン』 (リメイク版)

2006年12月16日
20061214003116.jpg ミア・ファローの、ミア・ファローによる、ミア・ファローの為の映画。


『オーメン』・・・。
それは、永遠に語り継がれるであろう、名作の名前。
『オーメン』・・・。
30歳以上の方なら誰もが知っている(※アガサ調べ)であろう、ホラーの傑作。

それがリメイクされたという。

何で今リメイクさ?!

神をも恐れぬ暴挙(悪魔の子だからか?)に出た20世紀フォックスの面々が、避雷針に刺さったり、落ちてきたガラスに首を切られたりしない事を祈るばかりですが、ホントにホントに何で今?!

まさかとは思いますが、
オリジナル公開30周年
とか
2006年で06/06/06が可能だから
とか、そんなしょうも無い理由だけじゃないでしょうね?!

まさか?!

まさかなのか・・・

そうなのか・・・

もうホント、そういう安直な理由だけで名作を汚すのやめましょうよ、ハリウッドの皆さん・・。

この『オーメン』、誰もが知ってる(アガサ調べ)傑作なので、あえてあらすじは書きませんが、要するに悪魔の子がこの世に誕生し、それを絶とうとする一人の漢(おとこ)の物語です。
オリジナルでは、悪魔の子・ダミアンを(そうとは知らずに)養子にしてしまった悲劇の男(主人公)に名優グレゴリー・ペックを配し、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった名監督リチャード・ドナーがメガフォンを執る事で、ホラーテイストとドラマ部分が絶妙のバランスになっていましたが、このリメイク版はどうでしょう。

主人公・・・リーヴ・シュレイバー。

・・誰ですか?
『スクリーム』でシドニーの母親殺しの冤罪を着せられていた男ですか。
いたいた、そんな奴。
(他にも代表作があったらゴメンナサイ)

主人公が一番肝心なこの作品で、一番印象が薄かったシュレイバーさん。
しかしそれも仕方の無い事なのかもしれません。
何故なら、主人公に投入するべき情熱を、全て注ぎきったと言っていいほどの脇役の充実っぷりが、そこに存在しているからです。

主人公にダミアンの秘密を伝えようとする神父に、ピート・ポスルスエウィト
主人公にダミアンの退治法を教える神父に、マイケル・ガンボン
主人公を助けてダミアンの秘密を探る記者に、デヴィッド・シューリス

渋好みな映画ファンには、垂涎モノの品揃えではありませんか。
特に、デヴィッド・シューリスは私の大好物ですので、彼の出演だけでお腹いっぱいです。

しかし、それより何より特筆すべきは、
ダミアンに仕える、悪魔の手先である乳母のベイロック夫人にミア・ファロー!

『ローズマリーの赤ちゃん』のミア・ファローですよ!
『華麗なるギャツビー』のミア・ファローですよ!
フランク・シナトラの元妻のミア・ファローですよ!
ウディ・アレンの黄金期をミューズとして飾ったミア・ファローですよ!
(しつこい?)

そんなハリウッドの恋人ミア・ファローが、見た目もすっかり悪魔の手下らしく恐ろしげに変貌し、髪の毛を振り乱して主人公に飛び掛かるのです!

怖いですよ~・・・!(色んな意味で)

と言う訳で、この作品は悪魔の子ダミアンの映画でありながら、ダミアンはただの可愛げのないクソ坊主少年で、一番怖いのは乳母だったという、ミア・ファロー万歳映画だったのでした。

ちなみに・・・
20061213233143.jpg ←元祖・ダミアン。 雰囲気たっぷり。

20061213233159.jpg ←新・ダミアン。 お彼岸の記念写真?


     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Trackback
 オリジナル版『オーメン』は、映画館で初めて寝てしまったという経験をした印象深い映画だ。
先月の「ポセイドン」に続いて、70年代の名作を元にしたリメイク映画がまた一本。今回ハリウッド再生工場から出荷されたのは、愛すべき職人監督リチャード・ドナーが1976年に世に送り出した「オーメン」。「エクソシ

※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。