ブログパーツ

『めぐりあう時間たち』

2006年11月15日
20061116015705.jpg  格調高き一本



1923年、イギリス、『ダロウェイ夫人』を執筆している作家ヴァージニア・ウルフ。
1951年、ロサンジェルス、『ダロウェイ夫人』を愛読する妊娠中の主婦ローラ・ブラウン。
2001年、ニューヨーク。『ダロウェイ夫人』の主人公と同じ名前の編集者クラリッサ・ヴォーン。 
時代も場所も違う3人の女性の、とある(しかし大きな意味を持つ)一日。


とても観応えのある作品でした。

主役の3人を演じる女優の素晴らしい事! 
そして脇に配された役者も、それぞれ見事な演技を魅せており、文句の付け所は無し。
美しい映像や、叙情的な音楽、印象的な台詞が、役者陣の演技をさらに引き立てています。

主人公達はそれぞれが人生に疑問を持ち、自問自答して苦しんでいます。

ヴァージニア・ウルフは、心の病を回りに押し付けられている様にも見え・・。
実際にもそうだったのかもしれませんが、登場人物の声や作品の意味に思いを巡らし、「執筆」に心を占められている彼女は、作家としては異常な状態では無いような気がします。
自分の苛立ちや葛藤を理解してもらえず、「静かな療養地」と言う籠の中でもがいている彼女は、とても痛々しい。

ローラ・ブラウンは、「優しい夫と不自由ない生活」と言う檻に閉じ込められています。
友人の女性に秘めた思いを抱き、余りある程の愛情を注いでくれる夫を愛する事も出来ず、本当の自分、本当の人生と言う物を渇望している彼女は、とても憐れに見えます。

クラリッサ・ヴォーンは、エイズで死期の近いゲイの友人(男性)に、報われる事の無い愛を注ぎ続けています。
彼女自身も恋人(女性)と長年暮していますが、本当に手に入れたいのは彼なのです。
彼も彼女に深い愛を抱いているがようなので、なんでくっついちゃわないんだろう?と思うのですが、この二人の間の感情というのは、とても複雑なようなのです。
誰よりも、何よりも大切な筈の彼の存在は、彼女にとって幸せをもたらしているようには見えません。
残りの人生に失望し、彼女の存在の為だけに“生き続ける”彼と、全ての人生を、彼が存在し続ける為だけに費やす彼女。
互いが互いの重荷になっている事に気付いていますが、「愛」の為、現状を続ける事しか出来ない彼女は、常に悲しみに支配されています。

そして、それぞれが迎える「一日の終わり」に、彼らは三者三様の表情を見せます。

それは決してハッピーエンドではありません。

しかし、彼らが歩む(歩んできた)その後の人生に、きっと悔いはないのでしょう。


ヴァージニア役のニコール・キッドマンは、オスカーに相応しい演技を魅せてくれます。
彼女の持つ“華やかさ”が(鼻メイクのお陰もあり)きちんと抑えられ、今まで見たことの無い、渋い演技を披露してくれています。

ローラ役のジュリアン・ムーアと、クラリッサ役のメリル・ストリープは言うまでも無いでしょう。
誰が代表でオスカー獲ってもおかしくない(だからニコールだったのか?)演技合戦でした。
ただ、晩年のローラ役を、ジュリアン・ムーアが特殊(老け)メイクで演じていたのだけは、ちょっと違和感が・・・。

どう見ても美しすぎるのです。
これだけ演技の確かな面々を揃えたのだから、老婆役も適役がいたでしょうに・・・。

例えば・・・?

・・ジーナ・ローランズとか・・
・・・ジーナ・ローランズとか・・
・・ジーナ・ローランズとか・・

・・すみません、これと言ったいい例えが浮かびませんでした。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。