FC2ブログ
ブログパーツ

10分31秒ぐらいでわかる『ハロウィン』のおはなし。(ハロウィン・シリーズまとめ)

2019年04月10日
みなさん、いよいよきましたよ!(以下略)


というわけで、1978年に産声を上げて以来多くの続編とすぐれたリメイクで世界中のホラー映画ファンをよろこばせてきたホラー映画の金字塔、『ハロウィン』の実に9年ぶりとなる新作が、ついにすぐそこまできましたよ!
今年は『ハロウィン』以外にも『チャイルド・プレイ』の新作も公開予定であるなど、どれだけおっさんおばさんをホイホイさせるねん、と言わんばかりなラインアップとなっており、嬉しい反面ネタ切れ感も半端なくはないのですが、なにはともあれうれしいものですよ! 劇場でホラー映画の新作がかかるというのは!
しかし、新作を観に行きたい気持ちと同時に、「過去作ぜんぶ観てないけどだいじょうぶかな・・・」という不安が脳裏をよぎる方も少なくないのでは。
わかります。 わたしもそうでした。
なにを隠そう『ハロウィン』シリーズ、今まで作られたのは続編8本とリメイク2本の合計10本もあるのですから。

オッケーオッケー、わかってますって!そんなみなさんのために、いつものアレ、ちゃちゃっとやっときましたよ!
これさえ見れば、何本目で何人殺されて設定がオリジナルからどこまで遠ざかっていったか一目瞭然!
今回の新作が「どこからの続き」というテイで始められても心配ご無用!
ハロウィン・シリーズのすべてをとくとご覧あれ!!


1作目 『ハロウィン』
Halloween1978_800d.jpg
(ウィリアム・シャトナーのマスクを白く塗ったところから歴史ははじまりました)

【一行あらすじ】
マイケル・マイヤーズが地元の女子高生を徹底的にストーキングします。

【舞台】
イリノイ州ハドンフィールド

【主な登場人物と注記事項】
■ ローリー・ストロードさん ・ ・ ・ 花の17歳。 勉強だいすき女子高生。 ドイル家のベビーシッターで小遣い稼ぎ。
■ トミー・ドイルくん ・ ・ ・ 近所の小学生。 いじめられっこ。 ローリーだいすき。
■ アニー・ブラケットさん ・ ・ ・ ローリーの友達。 ベビーシッターで小遣い稼ぎ。 祭りの日はローリーに仕事を丸投げして彼氏と遊ぶ予定。
■ リー・ブラケットさん ・ ・ ・ 保安官。 アニーのおとうさん。 ルーミスさんの話をわりとすんなり受け入れる飲み込みの早さが自慢。
■ リンジーちゃん ・ ・ ・ アニーが預かる予定だった近所の小学生。 すきな映画は『遊星よりの物体X』。 趣味がバツグンにいい。
■ サム・ルーミス医師 ・ ・ ・ スミスグローブ精神科病院のおいしゃさん。 マイケルの治療を幼少期から担当。 いつも自信まんまんだけど医師としての力量は不明。
■ マイケル・マイヤーズさん ・ ・ ・ いわずと知れた大量殺人鬼。 気は優しくなくて力持ち。 触るものみな傷つけるナイフみたいな男の子。

【今回の流れ】
・ 1963年10月31日、両親に子守りを頼まれるも完全放置したまま彼氏とおっぱじめた姉・ジュディスが弟・マイケルに刺される。
・ 15年後の1978年10月30日、成人を迎えたため裁判所に出廷することになり病院からの移送が決まったマイケル、脱走する。
・ 10月31日ハロウィン当日、不動産業を営むパパに頼まれ廃屋状態のマイヤーズ邸を訪れたローリーをマイケルがロックオン。
・ ローリーの関係者をとにかく殺す。

【今回の設定】
自分の病室に「SISTER」(おねえちゃん)という血文字を残したり、実家に戻る際おねえちゃんの墓石を持参するなど、筋金入りのシスコンであることがうかがえるマイケルくんです。

【お亡くなりになったみなさんとその死因】
① ジュディス・マイヤーズさん、花の17歳/包丁でメッタ刺し
② マイケルに作業着を盗まれたフェルプス・ガレージのおじさん/銃殺
③ リンジーちゃんちの犬/首をグギって
④ アニーさん/包丁で喉をカット
⑤ ローリーの友達のリンダさん/受話器のコードで絞殺
⑥ リンダさんに頼まれてビールを取りに行っていた彼氏のボブさん/包丁で壁にはりつけ

【今回のマイケル】
ローリーに編み針で刺されては生き返り、包丁で刺されては生き返り、ルーミスさんに6発撃たれたのちにベランダから落下してはまた生き返る粘り強さ。

【思い出写真館】
18halloween1978-articleLarge-v2.jpg
(もっぱら泣いてるだけのスクリーミング・クイーン)

Halloween-Ghost.png
(伝説の一枚)



2作目 『ハロウィンⅡ』
ハロウィン2
(髪型がオールバックになりました)

【一行あらすじ】
マイケル・マイヤーズが実の妹を徹底的にストーキングします。

【舞台】
イリノイ州ハドンフィールド

【主な登場人物と注記事項】
■ ローリー・ストロードさん ・ ・ ・ マイケルの近所に住んでいたというだけでストーキングされたのかと思いきや、実はマイケルがやらかしたのちに養子に出されていた妹だったことが判明。 脚本に行き詰ったジョン・カーペンターが苦肉の策でひねりだしたこの設定が、まさか以後数十年にわたり引っ張られることになろうとは・・・
■ ジミーくん ・ ・ ・ ローリーの知り合い。 殺人事件に巻き込まれ救急で担ぎ込まれたローリーを秒で口説くフットワークの軽さ。 そういう場合じゃねえだろ。
■ ブラケットさん ・ ・ ・ 保安官。 娘を喪って復讐に走るのかと思いきや捜査から外される展開に一同衝撃(一同=わたし)
■ サム・ルーミス医師 ・ ・ ・ 銃乱射系ドクター。 マイケルの主治医だったせいでいろんな人から責任を問われる。 ルーミス先生は転院も移送も反対してたのにお気の毒。
■ マイケル・マイヤーズさん ・ ・ ・ ローリーのおにいちゃん。 6歳からずっと入院生活だったのに、シャバに出た瞬間から並外れたドライブ・テクニックを披露。 どこで習ったんだよ。

【今回の流れ】
・ 1作目の直後からスタート。
・ ベランダから落下したマイケルはご近所さんちで包丁を入手しローリーのいる病院を目指す。
・ 突然の『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』。
・ マイケルと同じお面を被った人物が事故死し、ブラケットさんとルーミスさんは身元確認に奔走。
・ もちろん生きてるマイケル。
・ 病院の関係者をとにかく殺す。

【今回の設定】
病院に行く前立ち寄った小学校で「SAMHAIN」(サムヘイン)(死者の日)と落書きしていたマイケル。 ただの筋肉シスコン殺人鬼かと思われたキャラ設定に突如オカルトの風が吹き始めた瞬間です。

【お亡くなりになったみなさんとその死因】
① たまたま近所に住んでいたアリスさん/包丁で壁にはりつけ
② たまたまブギーマンマスクをかぶって歩道を歩いていたベン・トレイマーくん/警察の車とぶつかり焼死
③ 病院の警備員ギャレットさん/トンカチで頭をドーン
④ 看護師さんと乳繰り合っていた救急隊員のバッド/コードで絞殺
⑤ 仕事中なのにバッドと乳繰り合っていた看護師のカレンさん/アツアツの風呂に浸けられ溺死
⑥ 夜勤の休憩中だったミクスター医師/目ん玉注射器ブッ刺し
⑦ 看護師のジャネットさん/注射器ブッ刺し
⑧ 看護師のアルブスさん/血管に刺された管から大量出血死
⑨ 看護師のジルさん/背中を刺殺
⑩ ルーミスと一緒に病院にきたおまわりさん/包丁で喉をカット

【今回のマイケル】
ローリーに両目を撃ち抜かれ、酸素の充満した部屋でルーミス先生共々炎につつまれる。 まぁ、生きてんですけどね。(どっちも)

【おまけ】

(テーマ曲がピコピコサウンドになったよ!)



3作目 『ハロウィンⅢ』
halloween-iii-3-season-of-the-witch-masks.jpg
(マイケルが出てくると思ったでしょ?!ざんねん!番外編でした!!)

【一行あらすじ】
おじさんがおじさんに狙われそのおじさんを助けようとしたおじさんがおじさんに殺されます。

【舞台】
カルフォルニア州サンタミラ

【主な登場人物と注記事項】
■ ダン・チャリスさん ・ ・ ・ お医者さん。 バツイチ。 酒浸り。 婚姻中も離婚後も妻の子育てには非協力的。
■ グリンブリッジさん ・ ・ ・ 雑貨屋さん。 謎の組織に追われる謎のおじさん。
■ エリーさん ・ ・ ・ グリンブリッジさんの娘さん。 おとうさんの死の真相を探る。 おじさん好き。
■ コナル・コクランさん ・ ・ ・ アイルランドから移住してきた有能社長。 おもちゃ産業で過疎化の進んでいた酪農村をよみがえらせる。

【今回の流れ】
・ 10月23日土曜日、スーツ姿の集団から逃げてきたおじさんがなんとか病院に運ばれるも、病室まで追ってきた謎の男に殺され、男自身もガソリンをかぶり焼死する。
・ 10月24日日曜日、おじさんの娘を名乗る女性が病院にくる。
・ 10月27日水曜日、検視の結果、おじさんは素手で頭をカチ割られていたことが判明。
・ 10月29日金曜日、エリーと一緒に、おじさんが最後に訪れていたおもちゃ会社・シルバーシャムロック本社のあるサンタミラに向かうダン医師。
・ 品行方正な村なので、午後6時を過ぎると村民は外出禁止。 することないのでエリーと乳繰り合うダン医師。
・ 10月30日土曜日、コクランさんのおもちゃ会社シルバーシャムロックの工場見学に行ったダンとエリー、しかし途中でエリーがいなくなる。
・ 10月31日日曜日、実は世界の終末を予期していたコクランさん、ハロウィンの仮装マスクに仕込んでおいた謎システムで子どもたちをとにかく殺そうとする。

【今回の設定】
ハロウィンとは、ケルト人いわく「年の初めの現世との境が消え霊魂が帰ってくる日」のことで、3000年前の大祭礼の時なんかは野山が血で染まったらしいですな。 で、星の位置で未来は決まるんだけれども、それによると今日この地球は終わるとのこと。 だから子どもたちを大量に生贄として捧げようというのがコクラン社長の狙いだそうです。 みなさん、ここまで理解できましたか。 わたしにはさっぱりです。 たすけてマイケル。

【お亡くなりになったみなさんとその死因】
① 謎の男・その1/車と車に挟まれ圧死
② グリンブリッジさん/頭蓋骨グシャア
③ 謎の男・その2/車内で焼死自死
④ コクランさんを嫌っている村民/首を引っこ抜かれる
⑤ おもちゃの仕入れにきていたマージさん/ハロウィンのマスクをいじっていて怪光線を浴び死亡
⑥ 謎の男・その3/殴られた衝撃でお腹が裂ける
⑦ おもちゃの仕入れにきていたバディ・カプチャーさん/蛇に噛まれて死亡
⑧ カプチャーさんの息子さん/かぶったマスクから虫が湧いて死亡
⑨ カプチャーさんの奥さん/家族の様子を見ていてショックで死亡
⑩ ダン医師といい仲だった検視官のテディさん/こめかみにドリルで穴をあけられ死亡
⑪ コクラン社長/謎の光線を浴び爆死
⑫ エリーさん/鈍器で頭をガッ
その他大勢の謎の男/謎の光線を浴び爆死

【補足】
・ コクラン社長が作ったマスクはシルバーシャムロック社のテレビCMと連動して虫や蛇が湧くシステムになっている。
・ つまり、それをかぶったまま特定のCMを見ると頭が溶けて虫が湧く。
・ と、同時にマスクに貼ってあるタグを剥がそうとすると怪光線が出る仕組みもある。
・ また同時に、タグそのものをばらまいてCMを流しただけで爆発が起こる仕組みでもある。
・ ちなみにタグに使われている素材はイギリスにある古代のストーンヘンジで、社長がこっそり空輸してきたらしい。
・ ストーンヘンジはそれそのものがCMに反応して光の輪を発生させ、大爆発を起こす仕組みでもある。
・ みなさんここまで理解できましたか。 わたしにはさっぱりです。 帰ってきておくれよマイケル。
・ 家庭をかえりみず、酒に女に手を出しまくって生きてきたダンが、最後の最後に自分の子どももシルバーシャムロックのマスクを持っていたことを思い出し、なんとかCMを見せないよう奔走するのが皮肉だったし、次々と放送が差し止められる中、残り一社の放送だけが止められず流れ続けてしまうバッドエンドもおもしろかったです。 つまり、ラストだけよかった。 あとはなんつうか、からくりサーカスみたいでした。

【おまけ】

(テレビばっかり見てると脳が溶けるぞ!! というPTAからの熱いメッセージが)



4作目 『ハロウィン4 ブギーマン復活』
halloween_4.jpg
(ザ・下がり眉)

【一行あらすじ】
マイケル・マイヤーズが実の姪っ子を徹底的にストーキングします。

【舞台】
イリノイ州ハドンフィールド

【主な登場人物と注記事項】
■ ジェイミー・ロイドちゃん ・ ・ ・ ローリーの娘。 7歳。 11か月前に両親が死亡し、ローリーが昔ベビーシッターしていた家族に引き取られる。 伝説のクレイジー伯父さんをもったせいでいじめに遭う。 かわいそう。
■ レイチェル・カラザースさん ・ ・ ・ ジェイミーちゃんの義理の姉。 両親からジェイミーちゃんの子守りを頼まれる。 血はつながっていないけどとっても優しいおねえちゃん。
■ ミーカーさん ・ ・ ・ ブラケットさん引退後ハドンフィールドの平和を守るわれらが保安官。 ルーミス医師の話を秒で理解する有能ポリスメン。 物わかりの良さはブラケットさんを超えた・・・かも・・?
■ サム・ルーミス医師 ・ ・ ・ 長い付き合いのためマイケルに勝手にシンパシー感じちゃってる系医師。 マイケルを理解できるもの倒せるのも自分しかいないと思いがちだが実際はそうでもない。 医者としての力量はいまだ未知数。
■ マイケル・マイヤーズさん ・ ・ ・ おかえり!!!

【今回の流れ】
・ 1988年10月30日、ハロウィン前日。 リッジモント精神科病院に収容されていたマイケルがスミスグローブ精神科病院に移送されることになる。
・ もちろん脱走するマイケル。
・ 10月31日、ハロウィン当日。 事故った救急車が発見され、マイケル脱走の事実を知ったルーミスがハドンフィールドに向かう。
・ 道中たまたま立ち寄ったガソリンスタンドにマイケルがいた。
・ 説得を試みるも、電話線を切りスタンドを破壊してマイケル逃走。
・ レイチェルとジェイミーがハロウィンを満喫している中、マイケル無事帰郷。
・ 姪っ子の存在を知ったマイケル、ストーキング開始。
・ 警察署に着いたルーミスがマイケルの危険性を訴え、保安官が緊急事態宣言を発令。
・ ハドンフィールドの町民が10年前の悲劇を思い出し復讐に燃える中、マイケルがジェイミーちゃんの関係者をとにかく殺す。

【今回の設定】
ローリーは1978年の事件から3年後の1981年にジェイミーちゃんを出産という計算に。 ジェイミーちゃんはおじさんの顔を知らないはずだけど、頻繁に悪夢をみているご様子。 精神的つながりを示唆というわけですな。 マイケルとルーミスさんは、2作目のラストで燃えたはずだけどなんとか生き延びてそれぞれ社会復帰を果たしている模様。 マイケルはともかくルーミスさんの生命力よ・・・

【お亡くなりになったみなさんとその死因】
① 移送に立ち会った看護師さん・その1/ひたいに指で穴
② 移送に立ち会った看護師さん・その2/死因不明
③ 移送車を運転していた救急隊員・その1/死因不明
④ 移送車を運転していた救急隊員・その2/死因不明
⑤ マイケルが立ち寄った整備工場のおじさん/鉄の棒で串刺し
⑥ マイケルが立ち寄ったスタンドの店員さん/死因不明
⑦ 犬のサンディ/たぶん首をグギッて
⑧ 発電所作業員のバッキーさん/感電死
⑨ たまたま草むらに隠れていた若者のテッド・ホリスターくん/ビジランテと化した町民が誤射
⑩ ミーカー保安官の家の警護を指示されたローガン補佐官/首をもがれる
⑪ ミーカー保安官の娘のケリーさん/ショットガンで腹部を撃ち抜かれる
⑫ レイチェルの彼氏ブレイディくん/首をギュ~~って
⑬ ビジランテのおじさん・その1/車から放り出される
⑭ ビジランテのおじさん・その2/車から放り出される
⑮ ビジランテのおじさん・その3/車から放り出される
⑯ ビジランテのおじさん・その4/包丁で喉をカット
⑰ ジェイミーちゃんの義母カラザースさん/包丁でメッタ刺し
その他警察署のおまわりさん複数/刺殺

【今回のマイケル】
トラックで派手にはねられたのち、ジェイミーちゃんとつかの間の触れあいがあり、最終的には墓場でビジランテのおじさんたちにハチの巣にされるマイケル。突然地面に開いた穴に吸い込まれるようにして姿を消す。 生き埋めか。 地獄に戻ったってか。

【補足】
なんといっても本作のみどころはジェイミーちゃんを演じるダニエル・ハリスさん。 『13日の金曜日・完結編』のトミーを彷彿とさせる怪・名演で、ラストの豹変もトミーっぽいっちゃあトミーっぽいのですが、1作目のオープニングを正確に模したエンディングシーンは消化不良だったパート3のもやもやを晴らしてくれるとてもいいオチだったと思います。 ほんとにね・・・ここで終わってりゃあね・・・



5作目 『ハロウィン5 ブギーマン逆襲』
halloween-5.jpg
(そこはかとないスケキヨ感)

【一行あらすじ】
マイケル・マイヤーズが実の姪っ子をまだまだ徹底的にストーキングします。

【舞台】
イリノイ州ハドンフィールド

【主な登場人物と注記事項】
■ ジェイミー・ロイドちゃん ・ ・ ・ 伯父のマイケルに操られ義母を刺してしまった悲劇の姪っ子。 精神的なショックから失語症を患い入院中。 いまでも時々、「悪魔の子は死ね」的な悪口が書かれた石が窓ガラスを割って飛んできたりするので、おちおち昼寝もできない。 マイケルの怪電波を受信してけいれん発作を起こすことがある。
■ レイチェルさん ・ ・ ・ ジェイミーちゃんの義理の姉。 おかあさんを刺したジェイミーちゃんに変わらぬ愛情をそそぐ人格者。  
■ ティナさん ・ ・ ・ レイチェルの友達。 ジェイミーちゃんにも姉のように接してくれる人格者。 気は優しけど危機管理能力ゼロ。
■ ビリーくん ・ ・ ・ ジェイミーちゃんと同じ病院に入院中の男の子。 ジェイミーちゃんにホの字。 喋ることができないジェイミーちゃんの言葉を唯一解読できる。 愛ゆえか。
■ サム・ルーミス医師 ・ ・ ・ おなじみ武闘系医師。 子ども相手でも一歩も引かない大人げない大人系医師。 ほぼ恫喝に近いトークでジェイミーちゃんから情報を引き出そうとします。
■ マイケル・マイヤーズさん ・ ・ ・ めんどくさい親戚のおじさん選手権 世界ランク1位。

【今回の流れ】
・ パート4のラストからスタート
・ 地下の穴に落ちたマイケルは、都合よく開いていた坑道を抜けまんまと逃げ果せますが、疲れがたまっていたのか押し入ったホームレスの家で寝込んでしまいます。
・ せっかくおふとんで寝かしてくれてたホームレスのおじさんを目覚めた瞬間ボコるマイケル。 恩は仇で返すスタイル。
・ マイケルが悪さを目論む → 入院中のジェイミーちゃんがひきつけを起こす が延々繰り返される。
・ やさしいティナおねえさんが狙われていると知ったジェイミーちゃん、病院を抜け出しパーティ会場へ向かう。
・ ビリーくんもついていきます。 騎士道精神です。
・ パーティ会場からおなじみマイケルの生家まで、行く先々でジェイミーちゃんの関係者をとにかく殺す。

【今回の設定】
突然追加された二大設定「ジェイミーちゃんとマイケルのシンクロ」「とんがり靴とロングコートの謎の男」。 とくに「謎の男」はさんざん画面に見切れた上、最後は誰が主役かわからなくなるほどの大暴れを披露し、現場を混乱の渦に陥らせます。(現場=わたし) おまえ誰やねん。 続編イケるやろ的な見切り発車キャラやめてくんろ。

【お亡くなりになったみなさんとその死因】
① 世捨て人的なホームレスおじさん/後ろからドーン
② レイチェルさん/ハサミで心臓をひと突き
③ ティナの恋人のマイクさん/熊手で頭をグサッ
④ ティナの友達のサミーちゃん/でっかい鎌でスライス
⑤ サミーちゃんの恋人のスピッツさん/干し草を集める鍬みたいなやつでお腹グサー
⑥ 見張りのおまわりさん・その1/刺殺
⑦ 見張りのおまわりさん・その2/刺殺
⑧ ティナさん/包丁でグサー
⑨ ジェイミーちゃんの警護にあたっていたおまわりさんエディ/めちゃくちゃボコられる
⑩ ジェイミーちゃんの警護にあたっていたおまわりさんチャーリー/首吊り
病院の人複数名/死因不明
マイケルが収容された警察署内の人全員/死因不明

【今回のマイケル】
レイチェルさんやいろんな人の死体で自室をコーディネート。 ジェイミーちゃん用のちいさい棺も盗んできていたので、そこにジェイミーちゃんが入ってくれた時はちょっとうるうる・・・。 死体部屋でつかの間の親戚づきあいを楽しんだのち、追いかけてきたルーミスに鎖の網をかけられフルボッコ。 逮捕され留置されるも謎の男の乱入で脱走成功。

【見切り発車】
Halloween-5-tattoo.jpg
(とつぜん謎の男とお揃いタトゥー設定ほうりこんでくるのやめてくんろ)



6作目 『ハロウィン6 最後の戦い』
Shape2_h6.jpg
(眉毛が雑!)

【一行あらすじ】
マイケル・マイヤーズが姪っ子の息子を徹底的にストーキングします。

【舞台】
イリノイ州ハドンフィールド

【主な登場人物と注記事項】
■ ジェイミーさん ・ ・ ・ マイケルの姪っ子。 いつのまにやら誘拐&妊娠&出産していた激動人生。 中の人が過去2作のダニエル・ハリスさんから別の人に変わっていて「どちらのジェイミーはんでっか」状態に。
■ ダニーくん ・ ・ ・ マイケルの生家に住むストロード家の末裔。 謎の男の夢ばかり見ます。
■ カラさん ・ ・ ・ ダニーの母。 出戻り。 5年ぶりの帰郷らしいがまだ大学生ということは出て行ったのは高校生の頃か?
■ トミー・ドイルさん ・ ・ ・ 1作目でローリーがベビーシッターしていたトミー少年が大きくなったよ! あの事件以来マイケルの生家を見張り続けてきた粘り強さ。 オカルト研究家でもある。
■ ウィンさん ・ ・ ・ スミスグローブ精神科病院の医師。 ルーミスさんとは旧知の仲。 実は謎の男の正体。
■ サム・ルーミス医師 ・ ・ ・ 番外編を除いて皆勤賞!
■ マイケル・マイヤーズさん ・ ・ ・ むずかしいことが苦手なせいか、あたまのよさそうな組織の言いなりに。 指示がないと動けないなんて情けないぞマイケル。 もっと自由にストーキングしようよ!

【今回の流れ】
・ 15歳になったジェイミーちゃん、謎の施設で赤ちゃんを出産
・ 謎の男にとりあげられた赤ちゃんは謎の儀式を施される。
・ 看護師の協力を得て赤ちゃん奪還に成功したジェイミーちゃんが施設から脱走、追うマイケル。
・ ニュースでジェイミーちゃんの報道を見たトミー、ジェイミーちゃんが隠していた赤ちゃんを保護し自宅に連れ帰る。
・ 同じくしてルーミス医師がスミスグローブ精神科病院時代の同僚・ウィン医師と再会。
・ トミーが見張り続けてきたマイケルの生家に動きあり。
・ ダニーとカラと赤ちゃんを自宅で保護し、ルーミスとも共同戦線を張るトミー。
・ 都会で人気のラジオDJがハドンフィールドから生配信することになり、久しぶりのハロウィンイベントにわく町民。
・ マイケルの生家でどったんばったん大騒ぎしたのち、謎の組織によってさらわれるダニーと赤ちゃんとカラ。
・ ルーミスとトミーは謎の組織のアジトに潜入し、組織の下働きみたいなことをやっているのがバカらしくなったマイケルは組織の関係者をとにかく殺す。

【今回の設定】
謎の男やマイケルの体にあったタトゥーはルーン文字の「棘」を意味し、「棘」は災いを表す悪魔の象徴。 ケルトの伝説によると、その昔サミーンの夜になると「棘」の呪いから逃れるため子どもの血を捧げていたという。 ケルトの僧は天文学者でもあり、「棘」はサミーンの夜に現れる星座であることを知っていたらしい。 ちなみにサミーンとはハロウィンのことで、ケルトにかぶれていたウィン医師はマイケルの血を引く赤ちゃんを最後の生贄にするつもりなのだそうです。

またケルトかよ。 つうか、みんな忘れてた番外編との謎の統合性やめてくんろ。

マイケル少年が姉を殺したのは、謎の男の声をきいたのがきっかけだった、という新設定が追加。
ダニー少年も同じ声をきいている、という蛇足つき。 もうめちゃくちゃ。

【お亡くなりになったみなさんとその死因】
① ジェイミーさんの出産に立ち会った助産師さん/ 壁のでっぱりに頭をグサー
② ジェイミーさんに車を盗まれたトラック運転手/首の骨ボキー
③ ジェイミーさん/農機具で胴体をドター
④ カラさんのおかあさんのデブラさん/斧でバサー
⑤ カラさんのいけすかないおとうさんのジョンさん/刺されて感電してボカーン
⑥ 勘違いDJのバリーさん/刺されて吊るされてブラーン
⑦ カラさんの弟のティムさん/包丁で喉をスパーン
⑧ ティムさんの恋人のベスさん/包丁でメッタ刺し
⑨ ウィン医師/マチューテであたまをカパー
⑩ 組織のお医者さん/鉄の柵に顔をムギュー(ちなみに演じていたのはシリーズ4作目でマイケルの中の人だったジョージ・P・ウィルバーさん)
その他病院関係者多数/マチューテでズザーン

【今回のマイケル】
殺せといわれれば殺し、やめろといわれればやめる、よくいえば従順、悪くいえば主体性がないただのニート。 もっと夢を追ってほしい。(夢=女子高生)

【人に歴史あり】
ポール
(トミー役は、なんと現アントマンことポール・ラッドさん)

【おまけ】

(テーマ曲がロック調になったよ!)


7作目 『ハロウィンH20』
H20-3.jpg
(髪切った?)

【一行あらすじ】
ひさしぶりに帰ってきたマイケル・マイヤーズが実の妹を徹底的にストーキングします。

【舞台】
カルフォルニア州サマーグレン

【主な登場人物と注記事項】
■ ケリー・テイトさん ・ ・ ・ 元ローリー・ストロード。 実兄から身を隠すため名前を変えて第二の人生を謳歌中。 私立高校の校長。 息子も生徒。
■ ジョン・テイトくん ・ ・ ・ ケリーことローリーの息子。 花の17歳。 心配性のおかあさんに疲弊。 演じるのは当時人気若手俳優だったジョシュ・ハートネット。 今人気がないという意味ではない。
■ ブレナンさん ・ ・ ・ ローリーの恋人。 同じ高校の生活指導教員。
■ ロニーさん ・ ・ ・ 高校の警備員。 エロ小説家志望。 演じるのはLL・クール・J。 死なないオーラがすごい。
■ モリーさん ・ ・ ・ ジョンの恋人。 演じるのは今やすっかり賞レースの常連ミシェル・ウィリアムズ。 眉の細さがすごい。
■ ノーマさん ・ ・ ・ 高校の事務員。 演じるのは『サイコ』のジャネット・リー。ザ・伝説。 ローリーを演じるジェイミー・リー・カーティスのおかあさんでもある。 「シャワー室の排水溝が詰まって・・」というセリフがあったり、『サイコ』で乗っていたのと同じ車に乗り込んだり、退場シーンで『サイコ』のテーマが流れたりとオマージュ尽くしのゲスト出演でした。
■ マリオンさん ・ ・ ・ ルーミス医師を介護していた看護師。 実は1作目の冒頭、スミスグローブ精神科病院にマイケルを迎えにきていた看護師さんでもある。 役名のマリオンはもちろん『サイコ』から。
■ マイケル・マイヤーズさん ・ ・ ・ いろいろと設定が変わった結果、今までどこでなにをしていたのかさっぱりわからないけど突然思い立ってローリーを探しにきた感じに。 車のカギを盗むだけで持ち主の母子は見逃したり、ちょっと丸くなった印象。 もういいおじさんだもんなー。

【今回の流れ】
・ 1998年10月29日、イリノイ州ラングドン。マリオン看護師の家が荒らされ、ローリーのファイルが盗まれる。
・ 10月31日、北カルフォルニアのハイウェイ139号。 道の駅のトイレでマイケルが車のカギを窃盗。
・ ハロウィンということでいつも以上にピリピリしているローリー、息子に外出禁止令を出してキレられる。
・ 一度は禁じた郊外活動だけど、息子に申し訳なくなって許可を出すローリー。 しかし息子はすでに校内に残りパーティする方向で調節中。
・ 息子は学校にいないと思っているローリーと実は居残っている息子。
・ さまざまな思惑が交錯する中、盗んだ車でローリーの高校へやってきたマイケルがローリーとジョンの関係者をとにかく殺す。

【今回の設定】
1998年時点でジョン17歳ということは、ローリーは1978年の事件から3年後の1981年にジョンを出産という計算に。 はいジェイミーちゃん設定消えた―。

【お亡くなりになったみなさんとその死因】
① マリオンさんの隣家に住むジミーくん/ホッケーシューズを顔に刺される
② ジミーくんの友達/刺殺
③ マリオンさん/包丁で喉をカット
④ ジョンの友達のチャールズくん/包丁で喉をカット
⑤ チャールズくんの恋人のサラさん/包丁でメッタ刺し
⑥ ブレナンさん/刺殺
? マイケル・マイヤーズさん/斧で断首

【今回のマイケル】
シリーズ初!ローリーに助けを求めるように手を差し伸べるマイケル!(ただし握られず首を斬られた模様)

【人に歴史あり】
maxresdefault.jpg
(冒頭殺される少年ジミーがジョセフ・ゴードン=レヴィットさん!)

【おまけ】

(テーマ曲がオーケストラ調になったよ!)



8作目 『ハロウィン・レザレクション』
e04b1031390f6a26f25241b04b5bd24c.jpg
( ほ う れ い 線 ! )

【一行あらすじ】
マイケル・マイヤーズが、勝手に実家にあがりこんで生配信を始めた若者たちにお仕置きします。

【舞台】
イリノイ州ハドンフィールド

【主な登場人物と注記事項】
■ ローリー・ストロードさん ・ ・ ・ いつ実兄が訪問してきてもだいじょうぶなよう備えを欠かさない出来る女。
■ ハロルドさん ・ ・ ・ 入院患者。 猟奇殺人鬼マニア。 害はないが殺人鬼にちなんだマスクをかぶって徘徊する癖がある。
■ サラさん ・ ・ ・ 大学生。 友達に誘われネットの配信番組への出演を申し込む。
■ ジェンさん ・ ・ ・ サラさんの友達。 配信番組への出演を足掛かりに有名人になることを夢見る。
■ ルディくん ・ ・ ・ サラさんとジェナさんの友達。 料理マニア。 ネット配信が成功すれば奨学金が受けられると聞き応募。 どういうシステムなんだよ。
■ フレディさん ・ ・ ・ ネット配信番組のディレクター。 犯罪者のお宅探検番組「デンジャーテイメント」で一攫千金を目指す。 カンフー映画好き。
■ マイケル・マイヤーズさん ・ ・ ・ 実家を荒らす奴はゆるさない!

【今回の流れ】
・ 前作『H20』から3年後、マイケルを仕留めたと思いきや、殺したのはマイケルのお面をかぶせられた救急隊員だったことを知り心を病んだローリーは、多重人格症と重度の自殺願望からグレース・アンダーセン精神科病院に入院していた。
・ ・・・というのはマイケルを返り討ちにするためのローリーの小芝居。
・ 案の定やってきたマイケルと屋上で対決。
・ いいとこまで行くものの、マイケルに前回の失態を突かれたローリーが隙をみせてしまい、非業の死。
・ 実家に戻ったら勝手にネット配信の中継場所にされてたマイケル、番組関係者をとにかく殺す。

【今回の設定】
今までの流れで行くと、ローリー亡き後狙うのはその息子ジョンと相場が決まっていると思うのですが、権利の問題なのかギャランティの問題なのか全く関係ない若者を殺し始めるマイケル。 というか、ローリーが死んだあとの蛇足感がすごい。 そこからが本番なはずなのに全く盛り上がらない。 ヘッドカメラを使ったネット配信という設定も全く活かされていない。 POVムーブメントにのっかったのかもしれないけれど見づらいだけ。 突然の「幼児だったマイケル虐待疑惑」も1作目と全く統合性とれてなくて興ざめ。 あと、新ヒロインのサラが悲鳴でガラスを割る特殊能力が紹介されていたのに、マイケルと戦う際にはまったく出てこなかった。 ホントにびっくりした。 なんだったんだよ・・・

【お亡くなりになったみなさんとその死因】
① グレース・アンダーセン精神科病院の警備員さん・その1/首を斬られて乾燥機へ
② グレース・アンダーセン精神科病院の警備員さん・その2/包丁で喉をカット
③ ローリー・ストロードさん/背中を刺されて屋上から落下
④ 番組カメラマンのチャーリーさん/カメラの三脚で喉を突かれる
⑤ 配信番組出演者のビルくん/包丁で脳天ブッ刺し
⑥ 配信番組出演者のドナさん/鉄の棒で串刺し
⑦ 配信番組出演者のジムくん/素手で脳天カチ割り
⑧ 配信番組出演者のジェンさん/生首転がし
⑨ 配信番組出演者のルディくん/二丁包丁で壁にはりつけ
⑩ 番組スタッフのノーマさん/刺されて吊るされる

【今回のマイケル】
フレディにタジタジになったり股間に電気ケーブルをあてられてビリビリになったりと、イイトコなしのマイケルさんでした。

【ドラゲナイ】
IMG_5684aaa_convert_20190410135802.jpg
(入院患者のハロルドさん)
resize_image_convert_20190410135814.jpg

ド・・・ ドラゲナイ??!!



9作目 『ハロウィン』(ロブ・ゾンビ版リメイク)
halloween2008.jpg
(時代の移り変わりとともにいかめしい顔に)

【一行あらすじ】
マイケル・マイヤーズが実の妹を徹底的にストーキングします。

【舞台】
イリノイ州ハドンフィールド

【主な登場人物と注記事項】
■ デボラさん ・ ・ ・ マイヤーズ家の大黒柱。 ストリップで家族を養う。 子煩悩。
■ ロニーさん ・ ・ ・ デボラさんの内縁の夫。 アル中のヒモ。 クズ中のクズ。
■ ジュディスさん ・ ・ ・ マイヤーズ家長女。 ズべ公。 マイケルに無関心。
■ マイケルくん ・ ・ ・ マイヤーズ家長男。 おかあさんといもうと大好きっ子。 小動物の虐待が趣味。
■ ブーちゃん ・ ・ ・ マイヤーズ家次女。 まだ乳幼児。
■ ローリー・ストロードさん ・ ・ ・ 花の17歳。 陽気な女子高生。 ドイル家のベビーシッターで小遣い稼ぎ。
■ トミー・ドイルくん ・ ・ ・ 近所の小学生。 
■ アニー・ブラケットさん ・ ・ ・ ローリーの友達。 ベビーシッターで小遣い稼ぎ。 祭りの日はローリーに仕事を丸投げして彼氏と遊ぶ予定。
■ リー・ブラケットさん ・ ・ ・ 保安官。 アニーのおとうさん。 ルーミスさんの話をわりとすんなり受け入れる飲み込みの早さが自慢。
■ サム・ルーミス医師 ・ ・ ・ 児童心理学者。 マイケルの異常性にいち早く着目し、カウンセリングを受けさそうとするも一歩及ばす。 事件後は担当医師として治療にあたるも、目の前で再び殺人を犯されてしまい、以来一度も会話はなし。 成長したマイケルを見捨てて暴露本を出版。

【今回の流れ】
・ イリノイ州ハドンフィールド、10月31日。 おかあさんの職業について同級生から暴言を浴びたマイケル、トイレでケンカする。
・ おかあさんが呼び出され、ルーミス医師から異常性を指摘される。
・ マイケル、帰り道でいじめっ子に奇襲攻撃をかける。
・ ひとりぼっちでハロウィンのお菓子巡りをしたマイケル、キャンディを食べるのに飽きたので、前からムカついていたクズ義父と子守りもせず彼氏と乳繰り合うおねえちゃんを殺すことにする。
・ 11か月後、スミスグローブ精神科病院。 ルーミス医師の質問に知らぬ存ぜぬを貫くマイケル。 おかあさんは毎週面会に来てくれるものの、家に帰れないストレスが限界マックス。
・ ストレス解消に看護師さんを刺すマイケル。
・ ギリギリのところでマイケルを信じていたおかあさん、絶望のあまり自殺。
・ 15年後。 病院移送の際脱走するマイケル。
・ ハドンフィールドで妹探しにいそしむ。
・ 妹をみつけたマイケル、ローリーの関係者をとにかく殺す。

【今回の設定】
貧困生活、崩壊寸前の家族、義父のDVや性にだらしのない姉、先天性の気質に後天性の攻撃性がプラスされたマイケルのバックグランドなどが約一時間にわたり描かれます。 成長したマイケルが身長2メートル超・500キロの墓石を持ち上げる怪力の持ち主というバケモノ設定も今回初。 ローリーについては、17年前デボラさんが自殺した際、ブラケットさんが赤ちゃんだったブーを独断で連れ去り、遠い土地の病院前に置いてきたということが判明。 その後奇遇にもハドンフィールド在住の夫婦が養子に引き取ったため、同じ町に戻ってきたとのことです。

【お亡くなりになったみなさんとその死因】
① ネズミのエルヴィス/メスで刺殺
② 同級生のウェズリー/丸太で撲殺
③ 義父のロニー/包丁で喉をカット
④ ジュディスの彼氏のスティーブくん/金属バットで撲殺
⑤ ジュディスさん/包丁で17回刺される
⑥ 入院先の看護師さん/フォークで刺殺
⑦ 母デボラさん/拳銃自殺
⑧ 移送に立ち会った看守・その1/鎖でぶたれる
⑨ 移送に立ち会った看守・その2/壁に頭を叩きつけられる
⑩ 移送に立ち会った看守・その3/仲間の看守が撃ったショットガンに被弾
⑪ 移送に立ち会った看守・その4/喉をカット
⑫ 看護師のグロリアさん/喉をカット
⑬ 病院の警備員・その1/死因不明
⑭ 病院の警備員・その2/死因不明
⑮ マイケルに親切だった看守のイスマエルさん/演じるのはみんなだいすきダニー・トレホさん。 殴られて水に浸けられて頭をテレビで潰されるという念の入った殺されっぷり
⑯ トラック運転手のジョー・グリズリーさん/演じるのはみんなだいすきケン・フォーリーさん。 2分ほどの出番ながら、きちんと名乗ってから瞬殺されるというおいしい殺されっぷり
⑰ ローリーの友達のリンダさん/絞殺
⑱ リンダの恋人ボブくん/包丁で壁にはりつけ
⑲ ローリーの養父/刺殺
⑳ ローリーの養母/首の骨を折る
㉑ アニーの恋人のポールくん/刺殺
㉒ ローリーを助けに来たおまわりさん・その1/刺殺
㉓ ローリーを助けに来たおまわりさん・その2/刺殺

【今回のマイケル】
兄妹の再会を喜び合おうとマスクを外しかけるも思い切り刺されるマイケル。 その後ルーミスに弾丸を打ち込まれローリーと絡み合い一緒にベランダから落下。 おまえをころしておれも死ぬ的なアレか。 最後はローリーの手で顔面に一発ぶち込まれ、男の本懐を遂げたおにいちゃんなのでした。

【人に歴史あり】
ダニエル
(いなかったことにされちゃったジェイミーちゃんが)

image.jpg
(アニー役で戻ってきたよ! これぞホントのレザレクション!)



10作目 『ハロウィンⅡ』(ロブ・ゾンビ版リメイク)
Halloween II Rob Zombie Deleted Scenes (4)
(マイケルがひげじいさんに・・・!)

【一行あらすじ】
オレの嫁をみてほしい!

【舞台】
イリノイ州ハドンフィールド

【主な登場人物と注記事項】
■ ローリー・ストロードさん ・ ・ ・ マイケルの妹。 家族をうしない、現在アニーのおうちに居候。 いつおっかない兄貴が訪ねてくるかわからないため安定剤が欠かせない日々。 一方ともだちは順調に増え、新生活をエンジョイしつつもある。
■ アニー・ブラケットさん ・ ・ ・ おかあさんのような包容力でローリーのお世話をします。 ローリーと同学年のはずなのに・・
■ ブラケットさん ・ ・ ・ 保安官。 アニーのおとうさん。 演じるブラッド・ドゥーリフさんがめちゃくちゃかっこいい。(個人的見解)
■ サム・ルーミスさん ・ ・ ・ マイケルの元担当医。 マイケル関連本で荒稼ぎ。 炎上マーケティングどんとこいの割りに打たれ弱いところもある。
■ デボラ・マイヤーズさん ・ ・ ・ マイケルのおかあさん。 前回亡くなっているので今回はもっぱらおばけとして出演。 妹にきらわれて弱気になっているマイケルをドンと励まします。
■ マイケル・マイヤーズさん ・ ・ ・ フードつきコートをかぶったひげじいさん。 時折ガンダルフに見えなくもない。 おばけのかあちゃんから「今年こそ家族であつまろうね」と応援される。 もちろんとうちゃんは呼ばれていない。

【今回の流れ】
・ 白馬・・・混乱や破壊を招く怒りなどの本能・純真・体を動かす欲動を象徴する。 「夢に見る潜在的精神病」 より
・ 入院中のマイケルを見舞うデボラさんが、白い馬の人形を持つマイケルに「おかあさんだと思って大切にしてね」と語る。
・ 前作から一年後の10月29日、いまだに悪夢にうなされるローリー。 入院中の自分を追ってきたマイケルが、病院関係者を殺しまくる夢である。
・ レコード店でバイトするローリー。 マイケル本の出版会見で記者に痛いところを突かれ逆ギレをかますルーミス。 おばけのかあちゃんに気合をいれてもらうマイケル。 三者三様である。
・ お腹がすいたので殺した犬の生肉をくらうマイケル。 同時に吐き気を催すローリー。 シンクロ設定復活か?
・ 10月30日、デボラが勤めていたストリップ小屋に行き、関係者を殺すマイケル。
・ 10月31日、ルーミスのサイン会にリンダのおとうさん乱入。 あわや発砲事案。
・ ルーミスの暴露本を読み、自分がマイケルの実妹のエンジェル・マイヤーズであることを知るローリー。
・ 調子こいてテレビのトーク番組に出演し、思いっきりコケにされるルーミス。
・ 自分を連れ去ったブラケットさんとその娘のアニーに腹を立て、友達とハロウィンパーティに出かけてしまうローリー。 ブラケットさんはともかくアニー関係ないやろ。
・ 酒飲んであばれるローリー。
・ 狙われたアニー。
・ 帰宅したローリー、待っていたマイケルにさらわれ農場の納屋に監禁される。
・ おかあさんのありがたいおはなし。

【今回の設定】
ママがおばけになっちゃった!

【お亡くなりになったみなさんとその死因】
① マイケルを移送していた運転手さん/事故死
② マイケル移送に立ち会っていた検視官?/首を切断
③ 看護師のダニエルズさん/刺殺 (※夢オチ)
④ 同僚の看護師さん/刺殺 (※夢オチ)
⑤ 駐車場管理人のバディさん/斧で割られる (※夢オチ)
⑥ 農場のおじさん・その1/ナイフで目と胸を刺される
⑦ 農場のおじさん・その2/鹿の角で串刺し
⑧ 農場のむすめさん/刺殺
⑨ むすめさんの飼い犬/調理
⑩ ストリップ小屋の従業員/顔を踏みつぶされる
⑪ ストリップ小屋のオーナー・ルーさん/壁にたたきつけられる
⑫ ルーさんの愛人/壁にたたきつけられる
⑬ パーティにきていた狼男のコスプレ男性/刺殺
⑭ 狼男とおっぱじめようとしていたハーリーさん/絞殺
⑮ アニーを警護していたおまわりさん/首の骨を折る
⑯ ローリーの友達のマヤさん/メッタ刺し
⑰ アニーさん/刺殺
⑱ 通りすがりのドライバー/窓ガラス割り死
⑲ ルーミスさん/脳みそがむき出しになるまでメッタ刺し
⑳ マイケル・マイヤーズさん/撃たれた後農機具に串刺しになり更に包丁でメッタ刺し

【今回のマイケル】
おばけのおかあさんと幼少期の自分にはげまされ、ひたすら家族の再結成を夢見たマイケル。 最後は殺されちゃったけど、妹の口から「おにいちゃんあいしてる」が聞けたので生粋の筋肉シスコン野郎としては万事オーライなのではないでしょうか。

【人に歴史あり】
オクタビア
(オスカー女優 オクタヴィア・スペンサーさまのお通りだい!)

【オレの嫁をみてほしい!!】
シェリ
(なにはともあれシェリ・ムーン・ゾンビ)

【追記】
・ オリジナル1作目と2作目とシリーズ4作目を足して、シェリ・ムーン・ゾンビで割ったようなロブ・ゾンビ版完結編。 もはやマイケル・マイヤーズの映画というよりシェリ・ムーン・ゾンビの映画と言えなくもないほど出ずっぱりなので、方向性の違いはあれど、ポール・W・S・アンダーソン監督とロブ・ゾンビ監督は似た者同士なんじゃないかと思う。 一度ゆっくりお酒でも飲んでみればいい。
・ 1作目のかあちゃんとキャラ設定がまるで違うのは、あくまでマイケルが求めたかあちゃん像ということでオッケーなんだけど、ローリーも見てるからな・・白いかあちゃん・・・ まぁその・・ 白は破壊衝動ってことで・・
・ シリーズ始まって以来初めて声をだすマイケル。 これも怪物ではなく「人間マイケル」を強調したのでしょう。 ハロウィンっぽくはないけれど、ロブ・ゾンビの映画としては百点満点だと思います。





お わ っ た ー ! ! !

今回、ハロウィンのおさらいをしようと思い立ったはよいものの、まぁどのレンタル屋さんにも置いてないことこの上なくてですね!
いやマジで、ホンッッッッッットに置いてないんですよ! 特にパート2以降! 
ロブさんのはあるんです! 1も2もあるんです! なのに昔のはさっぱりない!!
なぜだ! レンタル屋さんはマイケルに故郷の村を焼かれでもしたのか!
・・ということで、いろいろ手を尽くしながらなんとか完走しました。 
悔いはない。 正直なかにはダルいやつもあったけど、「なぜオレは大枚はたいてこんなことを・・・」と自問自答した瞬間もなくはなかったけど、悔いはない。

10分で読み終わらなかった方、すみません。
このまとめが、新作をご覧になるみなさん、もしくは「ハロウィンについて知りたいけど完走する元気がない」というみなさんにとって、なにがしかのプラスになればさいわいです。

それではみなさん! たのしい『ハロウィン』を!!



【おまけ・最新作予告編】


(はい!レザレクションの設定消えたー!!!)



     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。