ブログパーツ

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

2016年05月11日
captain-america-civil-war-poster-cap_convert_20160509213903.jpg


※ 以下、どこもかしこもネタバレを含んでいます。


あらすじ・・・
ヘルムート・ジモ大佐はその日、家族を喪った。
母国ソコヴィアで繰り広げられた、危険な人工知能ウルトロンによる人類滅亡計画と、それを阻止しようというアベンジャーズとの闘い。
あまりに強大な力を持つウルトロンによって、壊滅的な被害を受けたソコヴィア。
その中に、ジモ大佐の家族がいた。
憧れのアイアンマンを間近で見て、純粋にはしゃいでいた彼の子どもも。
特殊部隊に属していた自分の「家にいれば大丈夫」という言葉を信じ、自宅から出なかった妻も。
留守がちだった自分に変わり、義娘と孫を守っていた父親も、みなヒーローたちの闘いに巻き込まれ、亡くなってしまった。
犠牲になったのは一般市民だけではない。 アベンジャーズと共にウルトロンに立ち向かっていた者の中にも、死傷者は出ていた。
誰もがみな被害者で、誰もがみな犠牲者。
では誰が、一体誰が加害者なのか。
ナチスの残党なのか。 気まぐれに地球に攻め込んでくる異星人なのか。 暴走する人工知能なのか。 人助けの名のもとに過剰な破壊行為を繰り返すアベンジャーズなのか。 数十億人を救うためなら、いくらかの命が失われても仕方ないと思っているアベンジャーズなのか。

ヘルムート・ジモ大佐はその日、なすべきことを悟った。
アベンジャーズに、あの思いあがったヒーローたちに、彼らが重ねた罪の重さを教えてやるのだ。
何人助けようと、おまえらは所詮ただの人殺しに過ぎないのだということを自覚させてやるのだ。
自分が味わったのと同じぐらいの喪失と絶望を、彼らに与えてやるのだ。

と、いうことでジモさん一年間みっちり時間をかけて復讐計画を立てました。
元・特殊部隊とはいえ、ただの人間である自分がアベンジャーズに挑んでも普通に負けるだろうから、内輪揉めで殺し合わせ方が手っ取り早いとふんだジモさん、まずはアベンジャーズのリーダーであるキャップをストーキングして弁慶の泣き所であるバッキーちゃんの存在を掴み、「バッキーちゃんに重大な罪を犯させる」作戦を実行してキャップに揺さぶりをかけ、尚且つ、たとえどんな容疑がかけられていてもキャップならバッキーちゃんをかばうに違いないというトコロまで察し、けれどもキャップ以外のメンバーはそこまでバッキーちゃんに肩入れしないだろうからキャップとの間に溝が生まれるだろうと予想し、案の定バッキーちゃんを保護しに出かけたキャップがアイアンマンと対立しはじめたので、しめしめとばかりに第2段階「バッキーちゃんと同時期に開発され、いまだ冷凍睡眠状態のままの暗殺部隊をよからぬことに利用するため探しに出掛ける」作戦に出て、それを止めるべく自分を追ってシベリアに来るであろうキャップと、なんだかんだでキャップを手伝いにくるであろうアイアンマンとが相討ちを始めるように、第3段階「超極秘資料であるアイアンマンの両親暗殺事件の映像をジャストなタイミングで流す」作戦でとどめを刺します。

ひとつでもズレたり予想と違うリアクションがあったら一発アウトな作戦ですが、なあに、そこはそれ、元エリート特殊部員のジモ大佐ですから。 
根気と努力で見事成功させてみせますよ。
すべては家族と自分のため。 アベンジャーズをぎゃふんと言わせるためなら、民間人を何人巻き込もうと構いませんとも。
そう、他でもないアベンジャーズがそうであるように。



キャップ!!! バッキーちゃん!!! キャップ!!!! バッキーちゃん!!!!

ほんとに、こんな感じの声にならない叫びで鑑賞後のわたしの脳内が埋め尽くされましたよね! 
キャップ!バッキーちゃん!わしゃずっとこれが、こういうのが観たかったんじゃ・・・!!!

去年初めて『シビル・ウォー』の予告を観た時から、ずっと泣いていまして。 
バッキーちゃんの肩にそっと手を置くキャップ。 キャップを愛おしそうに見つめるバッキーちゃん。 アイアンマンの両側に立ち、怖ろしいほどに息の合ったコンビネーション攻撃を繰り出すキャップとバッキーちゃん。 キャップに並んで全力疾走するバッキーちゃん。 そんなバッキーちゃんを守るため、仲間であるアベンジャーズのメンバーに背を向けるキャップ。 
かなしい!でもたまらん!これ絶対つらいやつ!でもたまらん!はよくれ!この本編はよくれ!! 
そんな揺れる想いを体じゅう感じたあの頃。

で、ついにお目見えした『シビル・ウォー』。 
世の中に100点満点という概念があるとするならば、『シビル・ウォー』は250点満点です。 
これはもはや、意味が通じるかどうかの問題ではない! わたしの心の中がそれぐらい暑苦しい状態になっているということなのです・・!
とにかく、本作はバッキーちゃんに始まりバッキーちゃんに終わりますからね。 
どういうことかというと、1991年、洗脳を施され極秘任務に就かされるバッキーちゃんで幕を開け、2016年、再び冷凍睡眠装置に入るバッキーちゃんで幕を閉じるのです。 
どうですか、この「感想の序盤ですでに大オチを書いてしまう」という暴挙。 
大胆でしょう。 大胆と言えば、逃走生活の途中なのに市場に果物を買いに来るバッキーちゃんも相当大胆ですよね。 ていうか、かわいいですよね! 
プルーンを手に取って「これ熟してるかなぁ・・・」って思案するバッキーちゃん! 
ウィンターソルジャーとしてやらされてきた暗殺はさておき、やってもいないテロ行為の容疑で全世界から追われているとは露知らず、のんびり市場を散策するバッキーちゃん! 
なんだったらもう、このバッキーちゃんの何気ない一日だけをみっちり2時間ぐらいの長編映画にしてくれても、わたしは全然かまいませんよ! やるか?! おはようからおやすみまでのバッキーちゃん密着ドキュメンタリー、いっちょやってみっか?! なんやったら「情熱大陸」とかでもええんやで?

新しい服を買ってくるたびに、いちいち左腕の袖をチョキチョキ切ってノースリーブにするバッキーちゃんとかも出てきます! 
ジャケットは袖切るの大変だから、大き目のサイズを買うバッキーちゃん! 
お風呂から上がったら、錆びないようにクレ5-56を吹き付けるバッキーちゃん! 
なにそのバッキーちゃん!! ぎゃわいいいいいいいいい!!

『シビル・ウォー』に出てくるのは、きゃわいいバッキーちゃんだけではありません。 残酷な現実をひたすら真摯に受け止めようとするバッキーちゃんの痛ましい姿も、もちろんそこにありました。 

本作の大きなテーマは「復讐」でした。 
アイマンマンに怒りの声をぶつけるソコヴィアの犠牲者遺族。 
謎のテロリストに父王を殺された若き王子。 
限りなく人災に近い災害で何もかも失った元特殊部員。 
両親が事故死ではなく暗殺されたと知った二代目社長。 
行き場のない憤りと癒しようのない悲しみに支配された人々がよすがにするのは「復讐」。 
いつか必ず罰を与えてやる、という仄暗い正義心。

怒りを抱くことは誰にも止められないし、また、止めるべきでもないと思います。 
それは人として当然の反応で、時には救いになることもあるかもしれない。 
でも、直接なにものかに報復するとなると話は別で、それはまた新たな被害者と復讐者を生み出すことにつながってしまう。
それがわかっていてもなお、復讐を止めることが出来なかったジモ大佐と、攻撃の手をゆるめることが出来なかったアイアンマン。 
一方、黒い豹のコスチュームに身を包んだ王子は、一度剥き出した殺意を心の奥に封印した。 
なぜなら、復讐が人にもたらすものの虚しさを目の当たりにしたから。

(一般人を巻き込みすぎの)ジモ大佐が異常だとか、アイアンマンが大人げないとか、そういうことではなく、・・・いやもちろんそこに関して言いたいことは沢山あるのですが、わたしが唸らされたのはブラックパンサー陛下の人格者っぷりというか、徳の高さというか、この世から無くならないであろう「諍い」への、ひとつの道筋というか。 
どれだけ納得がいかなくとも、どれだけ相手が憎かろうとも、誰かが収めないとこの不幸は終わらない。 
だったら自分が終らせよう。 
闇雲に仕返すのではなく、公平な裁きに任せよう。

そして、復讐という選択肢をとらなかった人が本作にはもうひとり登場します。 そう、バッキーちゃんです。

バッキーちゃんの運命は、あまりに非情で、あまりに過酷でした。 
病弱な親友を含む多くのアメリカ国民を守るため戦地へ赴き、そこで敵の捕虜となり、さらには怪しげな人体実験の被験者とされてしまう。 
死を覚悟していたバッキーちゃんでしたが、ある日、か細かった親友が別人のようなたくましい姿となって自分を救いに来てくれました。 
驚きながらも、見た目はともかく中身はまったく変わらない親友との再会を心から喜び、共に母国のために闘おうと誓ったバッキーちゃん。 
しかし、数々の成果をあげていた最中、敵の狡猾な罠にはまり、列車から振り落とされてしまいます。 
死んでもおかしくない程の傷を体中に負いながらも、なぜか命は助かっていたバッキーちゃん。 
その後彼を待っていたのは、ヒドラによる人体改造と徹底的な洗脳でした。 
冷徹な暗殺者ウィンター・ソルジャーへと作り替えられたバッキーちゃんは、ヒドラの傀儡として数えきれない暗殺を実行してゆくことになります。 
少しでも正気を取り戻しかけると、すぐ施される再洗脳。 
自由な意思も、反抗する機会すらもない数十年間を、バッキーちゃんはいったいどんな気持ちで過ごしていたのか。 

完全な傀儡ならまだよかったでしょう。 
良心も大切な人の記憶も何もなければ、死んでいるのと同じ状態なら、まだ楽だった。 
でも、バッキーちゃんは覚えていたのです。 
洗脳は完璧でしたが、記憶の消去は万全ではなかった。 
絶対にそばにいると決めた親友の存在も、重ねさせられた非道な殺人行為も、全てバッキーちゃんの中には残っていたのですよ。
それがどれだけの苦痛だったか。 どれだけ残酷なことだったか・・・。

なぜバッキーちゃんがこんな目に遭わなければならなかったのか・・・・ そう思うだけで、わたしはつらくてかなしくて、心が引き裂かれそうな気持ちになりました。 
バッキーちゃんは全て覚えていた。 ヒドラはそれを、忘れさせてくれなかった。 
親友を殺そうとしたことも、共にヒドラという敵に立ち向かっていた科学者兼企業家とその妻を殺させられたことも、なにもかも抱えて、自分を責めて、誰にも救いを求められず、たったひとりきりで暗闇の中生きてきたバッキーちゃん。 
さぞかし恨んだことでしょう。 
ヒドラを、運命を心の底から憎んだことでしょう。 
でも、バッキーちゃんは報復ではなく、なにもかもを受け止めることを決めた。

洗脳されていたとはいえ、殺したという事実は消えないし、それは間違いなく自分の罪だ、と。 
誰かに責任を押し付けてしまえば楽なのに、というか、バッキーちゃんに責任なんてないというか、むしろ完全に彼も被害者なのに、「事実」から逃げず、ひたすら真摯に向き合い続けたバッキーちゃん。 
冒頭の市場のシーンは、とても愛らしいシーンでもあったけれど、同時にとてもかなしいシーンでもあったのですよね。 
キャップに連絡をとろうと思えばとれたのに、「たすけて!」って言えば絶対駆けつけてくれることはわかっていたのに、だからこそ常に孤独でいることを選んだバッキーちゃんの覚悟がね・・・ホント・・・ ホントマジで・・・ バッキーちゃん・・・(嗚咽)

そしてキャップもまた、そんなバッキーちゃんのことを理解していたし、信じていた。 
「前作『ウィンター・ソルジャー』の時、どうして自分を川から救い出してくれたのか?」とバッキーちゃんに問うキャップ。 
でも、本当はわかっていたんですよね。 
『ファースト・アベンジャー』でヒドラの工場から脱出する際、燃え盛る炎の中「先に逃げろ」と叫んだキャップに、「絶対にお前を置いてなんて行かない!」と答えたバッキーちゃん。 
キャップには、あの頃のバッキーちゃんと今のバッキーちゃんは何も変わっていないとわかっていたのだと思うのです。 
操られていても、中身は親友のジェームズ・ブキャナン・"バッキー"・バーンズだと。 
自分が命を預けることができ、命を預かることができる相手だと。 

バッキーちゃんは、犯罪者の自分が正義のヒーローであるキャップを頼ったらどうなるか、どれだけキャップに迷惑をかけるかわかっていたから頼らなかった、 
キャップは正義のヒーローである自分が暗殺者であるバッキーちゃんをかばったらどうなるか、どれだけアベンジャーズに迷惑をかけるかわかっていたけど、迎えに行かずにはいられなかった。 
そこにあるのは、キャップとバッキーちゃんのお互いへの揺るぎない愛情と信頼なんですよね。 
キャップはバッキーちゃんを裏切らない。 バッキーちゃんもまた、キャップを裏切りたくない。

本作の最後、自ら冷凍睡眠に入ることを決意したバッキーちゃん。 
それは彼の贖罪でもあり、二度と大切な親友を傷つけたくない(洗脳状態に陥るか否かを自分でコントロール出来ない以上いつでも起こりうる)からでもあり、数十年間続いた苦しみからの解放でもありました。 
どこまでも誠実なバッキーちゃん。 
なにがあってもキャップを守りたいバッキーちゃん。 
少し休んでほしい。 悪夢にうなされることなく、安らかに過ごしてほしい。 
再びわたしは泣きましたよね。 っていうか、バッキーちゃんのシーンはほぼ泣いてましたよね。

ただ、このままバッキーちゃんが寝ていたら、同世代の友人がひとりもいなくなってキャップかわいそうなので、なるべく早めに起床していただきたい・・! 
ブラックパンサー陛下のラボも相当最新鋭っぽいですけど、ここはやはりスターク社長が開発中のBARFですよね! 
トラウマ治療装置がうまいこと機能するようになれば、バッキーちゃんが脳に植え付けられたダメージも、社長のご両親に対するかなしみも、みーんなまとめて解決できるはず・・・! 
ほんでみんなで宇宙ゴr・・・ ・・サノスをやっつけようぜ!!

「キャプテンアメリカ」シリーズはいったんここで終了し、次にキャップ関係者が登場しそうなMCU作品は2018年の『ブラックパンサー』かなぁ・・という雰囲気ですが、あと二年もバッキーちゃんが眠ったままなのかと思うと、というかそんなバッキーちゃんを毎日見舞いに行きそうな勢いのキャップを思うと気が気ではありませんね! 
やっぱりここは、一旦MCUを離れてでもいいのでバッキーちゃんとキャップの日常に密着したなにがしかのアレを早急にお願いしたい! 「情熱大陸」とかでもいいから!

あと、「キャプテン・アメリカ」シリーズが始まった頃、主演のクリス・エヴァンスさんがキャップとして契約していたのは6作品だけで、となるとキャップがキャップであるのは残り一作、『アベンジャーズ3』しかないことになってしまうのですが、去年あたりからエヴァンスさんの心境に変化が表れ、契約更新も夢ではなくなってきているようなので、是非これからもキャップとバッキーちゃんの二人三脚物語を紡いでいって頂きたいものですね! 
なんだったら、既に9作品分契約しているバッキーちゃんに二代目キャップを襲名して頂いて、Wキャップという超オレ得な黄金タッグを結成(略



- 追記 ―

・ いちゃいちゃするエージェント13とキャップを生暖かい眼差しで見守るバッキーちゃん(とファルコン)かわいい!

・ というか、ファルコンとバッキーちゃんがすごくいい関係になりそうな感じで、そこもホッとしましたよね! なんだろうなぁ!やっぱキャップの周りにはいい人が集まってくるのかなぁ! 「共通の友人がキャップ」って、それもう絶対に気が合いそうじゃん!

・ もちろんブラックパンサー陛下も含めて仲良しグループですよ! みんなでドライブとか行けばいいじゃない! 海行ってビーチフラッグ対決とかすればいいじゃない! ムキになって爪を出す陛下と空飛んでズルをするファルコンとイジケるバッキーちゃんのもとに「焼きそばやけたよー」ってキャップがごはん持ってくる15分ドラマ、毎朝8時から放送すればいいじゃない!

・ もうあれだ、キャップの新しいシールドもバッキーちゃんの新しい腕も、陛下に頼んでヴィブラニウムで作ってもらえばいいじゃない! カンカンカーンっつって! 友人価格でお安く分けてもらえばいいじゃない!

・ それにしても、ヒドラの洗脳って水に浸かったぐらいで解けるものなのか・・・ 意外と再々洗脳し直してたのかもしれんな・・。 大変だねヒドラも・・・

・ 結局キャップは、最初から一ミリもブレていないんですよね。 誰もが「死んだ」と判断した親友を「生きている」と信じ、組織に背いて単身助けに行った『ファースト・アベンジャー』と、誰もが「非情な犯罪者」と判断した親友を「真実の姿は違う」と信じ、組織に背いて単身迎えに行った『シビル・ウォー』。 キャップの信念はずっと同じなのです。  友達を信じ、仲間を信じ、個々に出来ることを全力でやるのみ。 たとえその結果、誰かを巻き込んで(もちろん巻き込みたいわけではない)しまっても、そのせいで憎しみをかっても、全てを受け止める覚悟をしている。 完璧ではないけれど、善人でい続けるために。 彼の中の善良性を信じ、血清を託してくれた、アースキン博士との約束を守るために。

・  怒りに我を失ったアイアンマンに対し、「I can do this all day.」と拳を構えるキャップの姿。 相手が悪党ではなく仲間であることのかなしみもあるものの、これほどシリーズのラストに相応しいシーンはないと思いました。 キャップはこれからもキャプテン・アメリカであり続けるのでしょう。 たとえ盾をもっていなくても。

・ 両親を殺されたと知り、気持ちの収拾がつかなくなっているスターク社長。 そんな場面でまで冷静さを求めるのは酷すぎるかもしれません。 けれど、「母の仇!」という気持ちと「我儘なキャップに代わりアベンジャーズを引っ張って行くのは自分だ」という気持ちがごっちゃになり、どんな言葉にも耳を貸せなくなってしまっている社長はあまりに危険すぎる。 とはいえ、アーマーを身に纏ったアイアンマンの頬を叩いても彼は止まらない。 キャップは最後の手段として、シールドで起動装置であるリアクターを破壊するしかなかった。 その行為が、キャップにとってどれほどつらい決断だったことか。 胸にシールドを突き立てられた社長よりも、突き立てたキャップの表情の方がより激しく傷ついているように見えて、「なんでここまでしなければならなかったのか・・・」と無念でなりませんでした。 

・ あくまでわたしの解釈ですが、この時の社長もまた、驚きとショックに入り混じり、幾分バツの悪そうな表情を浮かべていたように思えたのですよね。 アーマーが止まったことで「やりすぎた」という状況を飲み込み、苦しみとかなしみと罪悪感で歪むキャップの眼差しを見て、叱られた子どもにも似た表情になっていた社長。 その後キャップに「盾は置いていけ。お前には持つ資格なんてない」と吐き捨てるのも、なんかすごく子どもっぽいというか、ホントは社長もそんな事言いたいんじゃなくて「ごめん」って言いたいんだけど、それを言ったら負けたみたいになるから、「まだオレの方が正しい」ということを表すため放った一言だったんだろうなぁ・・と。 本当にシールドをあっさり捨てて、「親友」であるバッキーちゃんを支えながら自分を置いて立ち去るキャップを見ながら、社長はどれだけ傷ついただろう。 

・ でもね、すごく社長もかわいそうなんですけどね、やっぱりキャップのことを仲間だと言いながらも、最後の部分ではキャップの話には耳を貸さず自分の判断を優先した社長もね、残念だったと思うのですよね。 キャップはバッキーちゃんを含め、みんなのことを信じた。 ワンダのことも、ホークアイのことも、初対面であるアントマンのことすら信じた。 一方、社長はキャップのこともワンダのことも信じられなかったのではないでしょうか。 だからワンダを閉じ込め、キャップを「正してやろう」と追い込んだ。 

・ 先日観た『バットマンvsスーパーマン』もそうでしたけど、なんでヒーローって人の話を聞かないんだろうなぁ。 いや、ヒーローではなくても、人は概して他人の話を聞かないものですけどね。 ちょっと落ち着いて小一時間話し合えば、解ける誤解はあるだろうし、キャップのことを本当に信頼していたのなら「あいつがそういうんなら、ちょこっとバッキーちゃんのこと調べてみっか・・・」ってなるんじゃないかと思うのですけどね。 この辺りは、人を使う立場で生きてきた社長と、人に使われる立場だった(実際は言うこと聞かずに自分の判断で動いていましたけど)キャップたちならではの違いなのかもしれませんけどね。

・ 要するに、『シビル・ウォー』に足りなかったのはワンダー・ウーマンさまってことですかね! もうおまえら全員ワンダーウーマンさまに一回シバいてもらいなさいよ! 「おまえらバカなんじゃね?」ってピカピカ光る縄で締め上げてもらいなさいよ! 縁起物ですよ!

・ いろいろとかなしみの深い結末となってしまいましたが、こんなことになってもなお、社長の精神状態を案じ、仲間のために動こうとしているキャップがいれば、まだまだ仲直りのチャンスはあると思いますし、あとは社長がどれだけ大人になれるかの問題かなぁという気がしますので、ええと、なんだ、次回『スパイダーマン ホームカミング』でピーター・パーカーくんにしっかり指導してもらって、なんとかがんばれ社長! 

・ ホント、社長がピーターに言ったという「自分が正しいという思いこみは危険」って、今日一のおまいうなんですよねぇ・・・。 社長しっかりして!  ケロヨンペッパー・ポッツとも縁が切れたことだし、なんだったらメイおばさんと付き合って新しい価値観を見つけるのもいいかもヨ!

・ それにしてもメイおばさんがマリサ・トメイさんとはな・・・ だったらベンおじさんはクリスチャン・スレイターさんぐらいにしとかないとな・・! (と思ってしまうわたしは『忘れられない人』だいすきっ子)

・ 【映画を観ているスパイダーマン・ファンの気持ち】
 ピーター 「半年前この力を身につけて・・」 
 ファン (半年・・?じゃあベンおじさんは・・?)
 ピーター 「できることがあるのにしなかったせいで、不幸なことが・・」
 ファン (ベンおじさんだ・・!ベンおじさんだ・・・ ザワザワ)

・ 空港でオールスターが繰り広げる大乱闘シーンの「祭りだワッショイ感」な!

・ 巨大化するアントマンから漂うスーパー戦隊シリーズ臭な! さいこうだなおい!

・ スパイダーマンとアントマンがおいしすぎて、ホント、MCUの世界って幸せだなぁと思いました。 あっちでもこっちでも繋がっているって、ステキやん・・・!

・ 「個人個人で判断して行動に出るのではなく、部外から第三者の意見も取り入れよう」というのが、今回アベンジャーズが決断を迫られたソコヴィア協定の内容だったわけですが、「第三者っつったって、その部外者が正しい判断力を持っている保障なんかないじゃないか。 信用できない組織ではなく、自分たちの道は自分たちで決めよう」と異議を唱えるキャップと、「いやいや、独断に頼るのではなく外の判断も仰ごうよ」という賛成派のアイアンマンが真っ向からぶつかってしまうものの、クライマックスでは他でもないそのアイアンマン自身が、自分勝手な判断で復讐に走るトコロがとても皮肉でしたねぇ。

・ で、しでかしたテロ行為に対し、個人的な報復ではなく第三者による公平な裁きを受ける予定となったジモ大佐もまた、死刑になって終り、というのではなく、きちんと公的機関に拘束されることで、自らの行為を振り返りつつ贖罪の日々を送ってゆくのか、というと全くそんな雰囲気ではなく。 結局、正義とはなんなのか、どんな風に行うのが正解なのか、よくわからないことに・・・。

・ たぶんきっと、ブラックパンサー陛下の選択が一番希望があるのでしょうね。 公平な裁きに委ねたところで、肝心な法に裏切られることも多々あるだろう。 けれど、それでも私的制裁に走るのではなく、客観的な視線から冷静に判断するべきなのだろう、と。 そのためにも、信頼できる第三者が必要なのですが、さて、ヒドラが根深くはびこるMCUの世界で、そんな機関は存在し得るのでしょうか。 

・ アベンジャーズの正義はこの先どんな方向へ向かってゆくのか。 たとえそこにあるのがますます苦くつらい展開だったとしても、わたしはまだまだ期待することをとめられそうにありません。  そう、キャップがキャップでいる限り・・・!




関連感想
『キャンプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』(キャップ1作目)
『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(キャップ2作目)
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(ソコヴィアが登場する前作)






     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。