ブログパーツ

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

2016年04月01日
gal-gadot-as-wonder-woman-twitter_convert_20160331230911.jpg



※ さっそくですが、以下ネタバレします。



あらすじ・・・
バットマンが「スーパーマンやべぇんじゃね?」ってなって、スーパーマンは「バットマンやべぇんじゃね?」ってなって、ワンダーウーマンが「おまえらバカなんじゃね?」って立ち上がります。


・ いやぁ、おもしろかったですね!ワンダーウーマンとゆかいな仲間たち

・ ホント、今すぐタイトルを『ワンダとマントと由々しい奴ら』に変えても問題ないんじゃないかと思います。 それぐらいワンダーウーマン超メイン。 ワンダーウーマン超つよい。 ワンダーウーマン超さいこう。 本編の冒頭2時間15分ぐらいは、ワンダーウーマンの為の壮大な前フリと言っても過言ではない!

・ クリプトン星から地球へやってきたカル=エルが、クラーク・ケントとして農場の夫婦に育てられ、自分を追ってやってきた同じくクリプトン星人で父の仇・ゾッド将軍と、あっちこっちで取っ組み合いのケンカをする前作『マン・オブ・スティール』から2年後の地球が舞台となっている本作。 実は、その取っ組み合いの際にとばっちりで崩壊したビルの中には、ゴッサムシティの番人・バットマンことブルース・ウェインさんの自社ビルも含まれていたようで、ブルースさんはスーパーマンに対し、可愛さ余って憎さ百倍的な感情が渦巻いている訳なんですよね。

・ 前作で、実父のジョー・エルから「ここ(地球)のやつらはちょっと程度が低めだから、優秀なお前が彼らを率いてやりなさい」みたいな、地球のわしらからしてみたら若干カチンとくるニュアンスの教えを授けられたスーパーマンはというと、そこまで上から目線になるつもりはなかったものの、「これは人間アホだわ」「これは取り上げとかなきゃだわ」と自己判断で世界各国のなんやかんやに介入しまくりで、結果的に「おいおい神様気どりかよ」「でも神さまみたいなもんだし」と、賛否の声は日に日に高まる一方でして。

・ で、神さまっぽいことしてる割に、人命救助リストのトップには自分の彼女がいたりするもんだから、余計に「ちょまてよ」って言われちゃうんですよね。 わかりますよ、そりゃ地球のあっちこっちから同時に助けを求める声がした時、誰から助けるかっつったら思い入れの強い人からに決まってますよ。 カル=エルも人の子。 クリプトン星の人たちよりも自分の子どもを最優先で助け出したジョー・エルの子なんです。 血筋なんです。 責めてないですよ、わたしだって同じことしますから。

・ と、いうことで、腕力的にも所在地(だいたい空飛んでるから)的にもアンタッチャブルな存在であったスーパーマンは、彼女を助けた際に無関係な地元の人々まで殺した容疑と、前作でブルース・ウェインさんの自社ビル含む多くのビルを壊し多大な死傷者を出した容疑で、公聴会に呼ばれてしまいます。 

・ まぁ、呼ばれたからと言っても、実際のところスーパーマンには非はないのですけどね。 恋人・ロイスを救った一件での虐殺は仕組まれた罠ですし、前作のアレはゾッド将軍のテンションに合わせてたらああなっちゃっただけで。 場所が地球だったのが悪かったんです。 建物が密集していて重力も弱い、地球という舞台がいけなかったんです。たぶん。

・ しかし、そうは思ってくれないのが、公聴会を開催する議員や、スーパーマンが現れる前から正義のために自警活動をしていたバットマンで。 彼らは自問します。 「自分たちを守ってくれる頼れるアニキ」と無邪気に慕うには、スーパーマンの力は強大すぎるのではないのか、と。 今はいい。 いちおう「ロイスと地球」のために飛び回ってくれる今はいい。 けれど、何かの拍子にそれが悪い方向へ向かったらどうするのか。 スーパーパワーの前には地球など、ひとたまりもないのに。

・ バットマンことブルースさんなんて、自社ビルをぶっ壊されたり家族同然の社員を死なせたりしていますから、尚のこと疑念にとらわれますよね。 うたた寝するたび悪夢にうなされるブルースさん。

・ スーパーマンの存在に安心ではなく危機感を抱くことしか出来なくなり、排除の方向へと向かってしまうブルースさん。 一方、なんとか人の役に立とうとしているだけなのにちょいちょいメディアでディスられてへこむスーパーマンは、異星人でもないのに、つまりジョー・エルが言うところの「程度の低い」地球人のくせに、正義面して街を闊歩するバットマンに苛立ちを感じるように。 人助け第一の自分とは違い、犯罪者を勝手に裁き、処刑まで下している(ように見える)バットマンは正義ではない。 こんな地球人をのさばらせておくわけにはいかない。

・ 知らず知らずのうちに、お互いを敵視するようになってしまう二人。 しかし、彼らはまだ気づいていなかったのです。 その対立構造が、ある男の手によって作られたものであることを・・・。

・ その男とはそう、スーパーマンの宿敵としてお馴染みの天才犯罪者レックス・ルーサーです。

・ 偉大すぎる父親から巨大企業・レックスコープを引き継いだルーサーは、その生い立ちから「正義」にも「神さま」にも何の期待もしていません。 少しだけ語られる「父親からの暴力」と、異様なほどにこだわる「父が建てた屋敷」から、いかにルーサーが父親に支配され、抑圧された少年時代を送ってきたかが慮られます。 

・ 「この世に神様なんていない。 もしいたとするならばその神よりも上の存在になってやる。」 ルーサーはいつからか、そんな風な考えに取りつかれてしまったのではないでしょうか。 父親への復讐か、救ってくれなかった神への反発なのか、「この世で一番強い生き物」に執着するようになったルーサー。 人間とは思えないような超人的な能力を持つ「メタヒューマン」がいると聞けばその情報を集め、スーパーマンが現れれば徹底的に調査・分析する。 そして彼らを、「神」を、自分のゲームの駒にしてやろうと目論む。 その手始めが、スーパーマンとバットマンを相討ちにさせる計画だった。 

・ このルーサーのキャラクター、わたしはとても素晴らしかったと思います。 ジェシー・アイゼンバーグさんの大胆で狡猾ではかなげな演技のおかげで、ルーサーはただ憎々しいだけではなく、どこか悲劇的な人物にもなっていた。 一番救いを求めているのは、彼なのかもしれないのに、誰も彼を助けることが出来ない。 「神」を操るという無謀な行動で、父親を越えようとしていたルーサー。 かわいそう。 こんなかわいそうなルーサー、初めて観ましたよ。 

・ あのキョロキョロと動く目や、社交界のど真ん中にいるのに常に浮いている感じや、ここ一番の舞台でしどろもどろになってしまうところや、上手に笑顔が維持できずひきつるほっぺたとか、ホントなんとかしてあげたい。 「もういいんだよ」って言ってあげたい。 「がんばらなくていいんだよ」「弱いことを恥じる必要はないんだよ」って。 誰だってみんな弱いいきものなんだよ。

・ かわいそうと言えば、ブルースさんも気の毒度高いですよね。 潤沢な資金と地道な努力だけでゴッサムシティの治安を守ってきたバットマン。 ピエロに苦しめられたりもしましたが、わたしは元気です。 とはいっても、こめかみには白髪が目立ち、唯一心開けるのは執事のアルフレッドだけ。 

・ なんといっても生身の人間ですから、普通にケガもするし歳もとるんですよね。 でも、両親を失った時の哀しみと悔しさと怒りを原動力に、傷だらけになりながらも必死で正義を貫こうとしてきた。 衰えてくる体力に、タイヤを叩いて逆らってきたんです。 そしたらある日、フワフワ~っと人間離れした異星人が現れて、バンバン人を助け始めちゃうじゃないですか。 めちゃくちゃ軽々と。 おまけにあいつ、撃たれても平気だし、空飛ぶし、ロケットだって持ち上げちゃうし。 なんなのそれ。 チートすぎるだろ。 タイヤと格闘して頑張ってるオレはなんなんだよ。 今まで何個のタイヤを潰してきたと思ってるんだよ。 来るならもっと早く地球に来いよ。 お前がいれば、お父さんもお母さんもチンピラに殺されなくて済んだんじゃないか。 タイヤを叩く必要もなかったじゃないか。 

・ もしかしたら、ブルースさんとルーサーは似ているのかもしれませんね。 「立派」過ぎて越えられる気がしない父親と、自分が信じてきたものを崩されたショックと、どうにもならない程の無力感。 苛立ちの矛先は、いつしか「万能の神」へと向かっていた。 スーパーマンへと。

・ バットマンとクラークが、ルーサーとブルースさんが、スーパーマンとルーサーが、もっときちんとゆっくり時間をかけて会話出来ていれば、今回の大破壊は避けられていたのではないでしょうか。 だって、チャンスはあったんですから。 ただ、互いが互いの声に耳を傾けようとしなかっただけで。  

・ 「自分の気持ちばかりで、相手の心を理解しようとしないと、その先にあるのは無為な争いなんじゃないか?」 同じ目的のために闘えるはずの二人が、心と体をすり減らしながら格闘するという、とても虚しい姿を観ながら、そう思ってしまいました。 ホリー・ハンターさんもそう言ってたじゃん!

・ はい! ということで、ここまでが前フリの約2時間15分になります! くるよくるよー! いよいよあの人がくるよー!!


・ き た よ ー ! ! !\ドンドコドコドコドコ/

・ もうね、最初の辺りにも書きましたけど、ワンダーウーマン超つよい!ワンダーウーマン超さいこう! 初登場のパーティシーンから、つまり、ワンダーウーマンのコスチュームを着ていない時から超さいこうでしたからね! ゴージャスな肢体と知的な眼差しでスクリーンに現れた瞬間、わたしのハートはダイアナ・プリンスさまに撃ち抜かれました。 ありがとうございます。 この世にワンダーウーマンを生み出してくれたみなさま、ありがとうございます。

・ そこに居るだけで存在感が半端ないんですから。 周りにいるのがベンアフとかジェシーさんとかコードネームおじさんとかであるにも関わらず、ですよ。 あの濃い面々の中において、後光が射すぐらい神々しいんですから。 そりゃもう本作のタイトルは「ワンダとマントと以下略」でいいですって。 出演時間と印象度で比較したら即決ですって。 

・ パーティシーンで強烈な印象を与えたあともまた、まあ焦らすの焦らさないのって! スタタタターって階段を駆け上がる。 かっこよく車に乗る。 衣装チェンジする。 怪しいやつに目を光らせる。 それぞれは短いショットなんですけど、それぞれが美しい。 あと、強い。 なんつうか、存在が、強い。

・ で、散々興味をかきたてておいて、ついに登場するのが写真のワンダーウーマンなんですけどね。 そうなんですよ、まだ生身じゃないんです! でも、写真だけなのにこっちはテンションガチ上がりですよ! おかしいでしょ?! スーパーマンもバットマンも出てない、写真のワンダーウーマンが映っているだけのスクリーンを観て、満身の笑みを浮かべているわたしがいたんですよ! 確認していませんが、きっと周りのお客さんもそうだったと思います! 

・ 写真だけで大成功な訳ですから、ご本人が登場したらどうなるんだって話じゃないですか! 正直、バットマンとスーパーマンのくだりに「なぜだかわからないうちに険悪になってるナー」ぐらいの関心しか持てないぐらい気もそぞろですよ!  いや、観てましたよ!もちろんそっちも観てましたけどね!

・ で、ついに、ついにその時がきた。 しかも男たちのアホな闘いに参加せずに、ドロンするのかと思わせておいての、「まったくあいつらしょうがねえなぁ」的な参戦ですよ! このね、飛行機から降りる時の颯爽としてる具合ね! ザ・颯爽!って感じじゃないですか! この颯爽を観たら、もう他の颯爽は観られない! もう自分が何を言っているのかわからない!

・ 天才犯罪者・ルーサーが、ゾッド将軍の亡骸と自分の血液を融合させて生み出した超生物・ドゥームズデイ。 人間であるバットマンはもちろん、スーパーマンですら歯が立たない強敵の前に立ちはだかり、シールドとソードを構えて「この手の輩は前にも相手したから」と不敵な笑みを見せるワンダーウーマンさまの有言実行っぷりをとくとご覧ください!かぶりつきで!\ドンドコドコドコドコ/

・ 腕から青白い光線出せるからね!ワンダーウーマンさまは! あと、ドゥームズデイと闘っている間じゅう「ちょっとは骨のあるやつが現れたわい」って顔してるからね! 余裕だから! テンパってる男連中とは違うから! ばんざい!ワンダーウーマンさまばんざい! わしもワンダーウーマンさまのピカピカ光る縄で締め上げられたい!

・ そんなワンダーウーマンさまの単独主演作は、来年公開になるとのことなんですが、気になる最新画像がこちらですよ。
wonder-woman-movie-first-look-pic.jpg
ワンダーウーマンさまの故郷なんだからワンダーウーマンさま級の豪傑がゾロゾロいるってことなんですよね! ほんとうにありがとうございます! 今から言っておきますが、ありがとうございます!

・ ということで、やや暑苦しい文章が続きましたが(いつものことですが)、『バットマン vs スーパーマン』はワンダーウーマンさま誕生記念作として申し分ない作品でしたし、人の話を聞かない男たちが腕力だけで物事をおさめようとする姿はめちゃくちゃ現実とリンクしていておもしろかったですし、よく言えば「一難去ってまた一難」、悪く言えば「終わりそうで終わらない、まとまりに欠けるストーリー」もいつものザッくん(ザック・スナイダー監督)らしくて気になりませんでしたし、わたしはすごく好きです。 この作品。 というか、超すきです。 大好物。

・ あと、ベンアフのバットマンもすごくよかった! いい塩梅に枯れたベンアフ版バットマンのこと、もしかしたら歴代バットマンの中で一番すきかもしれません。 アルフレッド役のジェレミー・アイアンズさんもこわいぐらいに(役に)ハマっていましたし! 「ダークナイト」シリーズのブルースとアルフレッドはあくまで若き主人と執事でしたが、こっちのコンビは完全にカップルだな! よっ!ご両人!お似合いですよ!!

・ 謙虚さを醸し出そうとしないスーパーマンもすきでしたよ! 空からマントをヒラヒラはためかせてゆっくりと下りてくるトコとか、あのね、あそこ別にあんなかっこつけなくてもいいんですよね。 普通にパーッと下りてきてサーっと救出すればいいんです。 でも、やたらと逆光とかマント具合とか気にしてんでやんの。  

・ メキシコで火災事故から少女を助けた時、群衆に神さま扱いされてまんざらでもない顔をしていたスーパーマン。 オレ、おまえのそういうトコきらいじゃないよ。 気分良かったんだよね。 いいよいいよ、人間臭くていいよ。 素直がいちばんだよ。

・ 実はわたしは、あまりにも無駄に人々の暮らしを壊し過ぎていた前作があまりすきではなかったのですが、本作はそのモヤモヤが逆に活かされるような内容になっていて、「ああ、前回のアレは壮大な前フリだったのだなぁ」と感心してしまいました。  やるじゃんザっくん! 

・ とは言え、今回もかなりエグイ闘い方しているんですけどね、スーパーマン。 その点ブルースさんはえらいですよね。 同じ壊すにしても、人気のない港を選んで被害を最小限に抑えようとしてますからね。 やはりアルフレッドが教育係なだけのことはあるなぁ。

・ ロイスとTAOさんの扱いがひどすぎたので、そこだけはザっくんにしっかり反省していただきたいものです。 「ただ爆死」とか「ただ槍持ってウロウロブクブク」とか、どんだけ雑な役回りなんだよ。 特にロイス。 ワンダーウーマンさまに夢中なのはわかるけど、もうちょっと魅力的に描いてくださいよ。 これじゃあ、スーパーマンが異常なほど惚れ込む理由がわからないよ。 まぁ、それ(ロイスがただのめんどくさい女にしか見えないこと)はクリストファー・リーヴさん版の頃から感じていたけども。

・ なにはともあれ、これで『ジャスティス・リーグ』への橋渡しはバッチリですね。 MCUとは違った泥臭さのあるDCエクステンディッド・ユニバースの今後がめちゃくちゃ楽しみです! 

・ 「DCエクステンディッド・ユニバース」て! まあまあ長い名前だな! いいぞ!このもっさり感! きらいじゃない、オレはきらいじゃないぞ!

 


     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Trackback
管理人の承認後に表示されます

※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。