ブログパーツ

すきもの主婦が選ぶ音楽映画ベストテン

2016年01月26日
おばんでやんす。 アガサです。
おばはんでやんす、じゃないですよ。 いや確かにおばはんですけども。違いますよ、おばはんっていうかアガサですよ。

ということで、例のごとく枝葉がわっさわっさと伸び放題みたいな文章でスタートしてしまったわけですが、今回の本題はズバリ「音楽映画ベストテン」
そう、例のごとく大人気ブログ・男の魂に火をつけろ! 様による年末恒例ベストテン企画にシレッとのっかる季節が今年もやってきたのですよ! しかも今年は「音楽映画」! わーい!わし音楽映画だいすきー!(←毎年言ってるような気が・・・)








って、ここまでは書いていたものの続きを書く時間がなく、あれよあれよ言う間に月日は流れ、気づいたらとっくの昔に集計期限はおろか年すら越していました。
ふたたびおばんでやんす、アガサです。 泣きたいです。

ということで、もうワッシュさんの企画には参加できませんが、いちおう自分なりに10作品選び出してはいたので、本来の意味での完全なる便乗企画として、すきもの主婦が(勝手に)選んだ音楽映画ベストテン&泣く泣くベストテンから外した作品などをざっくりご紹介させていただこうと思います。
あらかじめお断りしておきますが、ド定番ばっかりですよ!

では、興味のある方だけどうぞ~!


第1位 『ウエスト・サイド物語』

(1961年公開/監督 ロバート・ワイズさん&ジェローム・ロビンスさん/出演 ジェット団、シャーク団、マリア、アニタ、他)

リタ・モレノ! リタ・モレノ! リタ・モレノ!

ミュージカル好きの母にくっついて初めて観た時から、わたしの音楽映画オールベストは永遠に『ウェスト・サイド物語』です。
今までもこれからも塗り替えられることはありませんね!
音楽もストーリーもダンスも映像もすべて最高!
どのシーンも鳥肌必至なのですが、中でもわたしが一番すきなのはこの「America」!
リタ・モレノが刻む生命力に満ちたステップ・・・!もう観ているだけで自然と涙が溢れてきますよね!幸せすぎて!

中・高生の頃、毎晩のようにサントラLP盤に合わせて熱唱していたこと、今この場をお借りして、ご近所のみなさまに謝罪させていただきたいと思います。
たぶんめっちゃうるさかったと思うねん。
特に「Somewhere」のあたり。

余談ですが、そんなウェストサイドだいすきなわたしではあるものの、『ツインピークス』を初めて観た時は、そのあまりにあまりな変わりように、ベンジャミン・ホーン氏とジャコビー先生がトニーとリフだとは全く気付きませんでしたよね。
あと、せっかくなのでトニーがアイドルだったという母に「これトニーだヨ」と教えてあげたところ、ショックのあまり絶句していたことをご報告させて頂きたいと思います。
今となっては、いい思い出です。


第2位 『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』

(1994年公開/監督 ヘンリー・セリックさん/出演 ジャックさん、サリーさん、悪鬼、他)

昨年末の「アニメ映画ベストテン」の際にも選出した『ナイトメア』を今回も同じく2位に入れてしまいました。
だってホントに人生変わるぐらい衝撃だったんだもん・・・。
細かいことは昨年の記事に書いているので省略しますが、音楽でいうとこの「What's This?」は特に印象が強くてですね。
そこに至るまでの物語から一転、キラキラとした色の洪水とハッピーな音符の渦が押し寄せ、わたしの頭の中もまさに「What's This?」状態に。
雪の斜面をジャックが滑り降りてくるシーンでは、「ストップモーションアニメなのに、雪に筋がついている・・・かき分けた跡がついている・・・なんという細やかさ・・・っていうかどうやってるの・・・?」と、もう脳内物質ドバドバ大放出でしたよね。ドバドバ76分ですよね。

この曲を受けての「making christmas」で繰り広げられる幸せな対比も最高です!


第3位 『トップ・ハット』

(1936年公開/監督 マーク・サンドリッチさん/出演 フレッド・アステア様、ジンジャー・ロジャースさん)

今回一番頭を悩ませたのは「アステアの作品を何本まで入れるか」という点だというぐらい、フレッド・アステア超だいすきなわたしな訳ですが。
放っておいたら10本全部アステアになりそうなので、心を鬼にして一本だけ選んだのがこの『トップ・ハット』。
なのですが、リンクを貼っている動画は『イースター・パレード』の「Drum Crazy」というね。
だってホントは選べないし!全部入れたいし!(←駄々っ子主婦43歳)

フレッド・アステアは本当に美しい。 物腰も、すっと伸びた背筋も、足の上げ方も、手の仕草も、視線の送り方も、何もかも美しい。
そこだけ重力が無くなったようなステップ。 水盤の上を滑っているような回転。 精密機械のようなタップのリズム。 ただひたすらうっとりするばかりです。
あと、観ているだけで笑顔になっちゃうんですよね。 幸せすぎて。 ああ、たまらん。 タップ習いたい。


第4位 『メリー・ポピンズ』

(1965年公開/監督 ロバート・スティーヴンソンさん、ハミルトン・S・ラスクさん/出演 ジュリー・アンドリュースさん、ディック・ヴァン・ダイクさん、子ども、銀行マン、山羊、牛、馬、豚、鶏、小鳥、他)

ジュリー・アンドリュースさんの作品では、『サウンド・オブ・ミュージック』もぜひ入れたかったのですが、そんなんしてたらベスト20とか30とかになってしまうのでぐっとこらえて本作のみを。
こちらも中学生の頃が初見だったと思うのですが、音楽も映像も最高すぎて一瞬でだいすきになってしまいました。
「A Spoonful of Sugar」や「Supercalifragilisticexpialidocious」や「Chim Chim Cher-ee」などなど有名な曲が目白押しの本作ですが、わたしが一番すきな曲はこの「Feed the Birds」。
寂しさと優しさが混然一体となった名曲だと思います。


第5位 『ブラス!』

(1997年公開/監督 マーク・ハーマンさん/出演 ピート・ポスルスウェイトさん、ユアン・マクレガーさん、他)

吹奏楽経験者でこの映画をキライな人、いないんじゃないでしょうかね。
イギリスの小さな炭鉱の町にあるブラスバンドを描いた本作は、ドラマ面も音楽面も完璧な作品だと思います。
余談ですが、わたしの周りのラッパ吹きは高確率で「Danny Boy」で泣いていました。 まあね、おいしいもんね、ラッパ。
エンディングの威風堂々もずるいですよね。 マジこのタイミングでエルガー。 そりゃ泣くわ。 威風堂々で泣かない吹奏楽経験者がいようか! (いたらすまん)

あと、ずっと昔ロンドン旅行した際、ラッパ吹きの姉とロイヤル・アルバート・ホール詣でをしたのはいい思い出です。そうです、自慢です。


第6位 『ロッキー・ホラー・ショー』

(1976年公開/監督 ジム・シャーマンさん/出演 ティム・カリーさん、スーザン・サランドンさん、ミートローフさん、他)

どれだけオスカーノミネートされても受賞しても、「あー!タチ・タチ・タチ・タッチミーの人だー!」って言われるスーザン・サランドンさんの気持ち、考えてみろよ!(→考えてみた)(→結論・たぶん全く意に介さない)

こちらも初見時の衝撃と興奮が忘れられない作品ですね。
それより先に、スーザン・サランドンさんの大真面目な作品をいろいろ観ていたので、「(やっとる役)イロモノやんけー!」とビックリしたのですが、ファッションといい曲といい、こりゃ奇抜さだけじゃない極上のエンターテイトじゃないか!と心を鷲掴みにされました。

またまた余談ですが、今から十数年間前、この作品を市内の映画館でリバイバル上映する(しかもコスプレ&合唱&踊りOKのイベント上映)というのでいそいそと出かけた途中、原付で派手にすっころび救急搬送されたのは今となってはいい思い出です。
しかもそれは結婚式の約一か月前だったというね。 各方面からめちゃくちゃ怒られましたよね、まあね。
顔に包帯を巻いての挙式はなんとか免れましたが、いまだに雨の日は頬の傷跡と心の傷が痛みます・・・。 ああ・・観たかったなぁ・・・。(そっちか)


第7位 『ウェインズ・ワールド』

(1992年公開/監督 ペネロープ・スフィーリスさん/出演 ウェイン、ガース、カサンドラ、ロブ・ロウ、他)

音楽映画と言えば『ウェインズ・ワールド』ですよね。
うさんくさいプロデューサーのウォーケン様や贅沢な使い方をされるキム・ベイシンガーさんなどがたのしい『ウェインズ・ワールド2』も、ぼかぁだいすきですよ。


第8位 『ギター弾きの恋』

(2001年公開/監督 ウディ・アレンさん/出演 世界で二番目に上手いギター弾きエメット・レイ、素朴なハッティ、お金持ちのブランチ、他)

音楽映画と言われたらこれも外せない、ウディ・アレンの『ギター弾きの恋』。
実在する天才ギタリスト「ジャンゴ・ラインハルト」に憧れる架空のギタリスト・エメットを主人公にした、甘く苦く切なく心にしみる音楽映画の傑作です。
とにかくエメットがダメ男でダメ男で超ダメ男で、観ている間じゅう「ほんまこいつ・・・」ってなるものの、どうしても憎むことができないんですよね。 それは彼が奏でるギターから飛び出す音のカラフルさに惹かれてしまうからなのか、自分の中に潜む「ダメな子ほどかわいい」本能によるものなのか・・・。
ウディ・アレンの映画はどれも音楽の使い方が鬼センスなため、鑑賞後必ずサントラも欲しくなってしまうという、非常におさいふにやさしくない魔性の映画だと思います。


第9位 『プリシラ』

(1995年公開/監督 ステファン・エリオットさん/出演 テレンス・スタンプさん、ヒューゴ・ウィーヴィングさん、ガイ・ピアースさん、他)

すごく苦しくてすごく愛おしくてすごく美しくてすごくだいすきな映画です。
エージェント・スミスになったり裂け谷のエルロンド卿になる前のヒューゴさんも凛としててすてき。


第10位 『ブルース・ブラザース』

(1981年公開/監督 ジョン・ランディスさん/出演 ジョン・ベルーシさん、ダン・エイクロイドさん、神さま、他)

とにかくかっこいいし音楽さいこうだし、観ているだけで頭がクラクラしてハッピーな気持ちになります。 
落ち込んだ時によく効く、法律で禁じられていない種類のおくすり、それが音楽なのだなぁ、と心底思える傑作。
全編を彩る神さまたちの饗宴もたまらんのですが、主演のおふたりのひょうひょうとした佇まい、ハチャメチャでたのしいやりとりなども超すてきです。
パトカーのシーンなんかも、あそこだけずっと流して観ていたいぐらいすき。
若き日のスピルバーグのカメオシーンになるたびに、毎回「おかあさんみて!これスピルバーグ!監督のスピルバーグ!」とドヤ顔で報告していたのも、今となってはいい思い出です。(我が家ではグレムリンの時も同じ現象が起こっていた)





と、いうことで、以上がすきもの主婦が選んだ音楽映画ベストテンでした。

とにかく映画もすきなら音楽もすきで、歌謡曲だろうとクラッシックだろうとテレビのBGMだろうと、耳に入った瞬間からだがゆらゆらと動いてしまうようなわたしなので、正直、音楽映画として10本だけを選ぶのは今までのお題以上に困難でした。

一度挙げたものの泣く泣く外した作品としては、『ONCE ダブリンの街角で』(音楽がめちゃくちゃいい!)『マイ・フェア・レディ』(グラナダ版ホームズのジェレミー・ブレットさま!)『サウンド・オブ・ミュージック』(すべての山に登れ!)(メンタル的な意味で)『天使にラブソングを…』(音楽映画ジャンルにおける、ダメチームの再生と復活パターンの先駆けですよね!)『マグノリア』(Wise Upで号泣!)『青春デンデケデケデケ』(ギター少年浅野忠信さんとロック中年佐野史郎さまの夢の共演!)『バンディッツ』(女囚ロック!)『ミート・ザ・フィーブルズ 怒りのヒポポタマス』(とてつもなく不健全で、とてつもなく爽快な切株マペットショー!)『ロック・オブ・エイジズ』(すげえトム!)『海の上のピアニスト』(ピアノがツルーってなるトコ!)『シャイン』(神さまに祝福された天才!)『ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ』(才能に人生を支配された天才!)『不滅の恋/ベートーヴェン』(飲んだくれの父!)『アマデウス』(埋葬シーンの衝撃!)そして、『雨に唄えば』などなど!

・・ホントにキリがないことに気づいたので、そろそろ自重します。
長々とお付き合い頂き、ありがとうございました。
これからもすばらしい映画作品たちの映像に、声に、音楽にうたれながら生きていきたいものですね!

では最後に、『雨に唄えば』の中でわたしが一番すきなシーンをご紹介しておしまいにさせて頂こうと思います。



Make 'Em Laugh!




- こちらもぜひどうぞ -

音楽映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ! 音楽映画ベストテン:結果発表 - 男の魂に火をつけろ!




     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。