ブログパーツ

『ヒューマン・レース』

2014年12月31日
ヒューマン

あらすじ・・・
突然見ず知らずの場所に集められた人々が、死のルールに則り、最後の1人になるまでひたすら走らされます。

「GANTZ」と「死のロングウォーク」を足して2で割って血糊や火薬でデコレートしたような殺伐ストーリーがとてもおもしろく、いったいどんなオチがつくのだろうか・・とワクワクしながら鑑賞していたら、巨神兵と初号機を足して2で割ってこじんまりとさせたような謎の生き物が出てきて「オレたちの闘いはこれからだ・・・!」で終幕。
 
わー!とんちき映画だー! 極限状態に陥った人間の醜悪な生き様をホラーテイストで描いた意識高い系ホラーだと思ってたら、週刊ジャンプでいきなり打ち切られた格闘漫画ばりのとんちき映画だったー! 

観終わった瞬間は呆気にとられてしまいましたが、今となっては楽しい記憶しかありません。
ただ、「頭がバーン」は最初のインパクトこそあれバリエーションが少なく徐々に飽きてしまうので、もうちょっと出し惜しみしてくれた方がよかったかも。



     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。