ブログパーツ

『狼の血族』

2006年10月11日
20061011213634.jpg  1984年製作


秋の夜長に、ゴシック・ホラー。

要するに、秋の夜長に色んな映画を観ているアガサです。
毎回毎回長文になってしまうレビューに少し新風を吹き込むべく、今回は短文でお送り致します。

“赤頭巾ちゃん”をモチーフに、狼人間と人間の恐ろしくもエロチックなおとぎ話を、多重構造でお届け。

『クライング・ゲーム』『ことの終わり』のニール・ジョーダン監督が、監督第2作めに撮ったゴスなファンタジー。
80年代に大流行した不思議系美少女を主役に、夢の中のさらに夢、いや、どこからが夢なのかすら判別不可能な、複雑に入り組んだ怪奇なおとぎ話が展開されます。

当時としては最先端の特殊メイクにより、今見ても少しも遜色の無い“狼男への変身シーン”や、魔力に充ちた森の装飾など、見所は盛り沢山。
獣よりも野蛮な人間。
獣よりも品性に欠ける人間。
悪いのは狼なのか?人間なのか?
そんな教訓交じりの大人のおとぎ話に、まったりと酔いしれました。

しかし、私の中でどうしても許せなかった事が一つ。
それは主役の少女を演じていたサラ・パターソンが、あまりに大根だった事。
それも少々の大根ではなく、
・・・なんと言うえばいいんでしょう
・・三浦大根くらい?

不思議系として目を瞑るのが困難なくらい、平坦かつ無表情なヒロインのせいで、幻想的な雰囲気がぶち壊しです。

それと大挙して登場する狼くんたち。
本物の狼を見たことが無い私から観ると、どっからどう観てもワンちゃんにしか見えないんですが・・・。

ギリで狼っぽいものから、かなりコリーっぽいもの、果てにはどう見てもシベリアンハスキーにしか見えないものまで、賢そうなワンちゃん達が総勢10数匹、ワッホワッホと駆けて行く様は、恐ろしいと言うよりは、

はっきり言うと、微笑ましい。


そこは特殊効果でなんとか出来なかったのか?ジョーダンさんよぉ?

テレンス・スタンプが悪魔役で出演していたのを観て、何だか得した気分でした。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。