ブログパーツ

『LIFE!』

2015年02月26日
268196cf84349d47ea8f217723cf2a54.jpg



映画監督としてもハズレ作品のないベン・スティラーさんが、オレ祭りを開催しました。 
目立たないけど才能あるオレ! 
意外と人望厚いオレ! 
女性からもウケのいいオレ! 
行く先々で熱烈歓迎されるオレ! 
通りすがりのおじさんすら命がけで助けずにはいられなくなるオレ! 
スケボーの腕もイケてるオレ! 大自然に映えるオレ! リストラされても結局一目置かれるオレ! なんかもう、むせ返らんばかりのオレ!オレ!オレ!
ところがどっこい、ぜんぜん嫌味に感じないのがすごい! そう、なぜならわたしもまた、ベンに首ったけだから!

ということで、ただ立っているだけで全身から「人のよさ」みたいなオーラがにじみ出てしまう愛され俳優・ベン・スティラーさんが、その個性を最大限に活かして作った『ウォルター・ミティ氏の隠されたる人生』を観たのですが、世帯主である父親を若くして失い、そのかわりに家族を養うため自分の夢を諦めた男が、人生の中盤に差し掛かり、誰かのためではない人生を歩み始めるという、清く正しく美しいお話でしたので、ホントもうどこにも文句のつけどころなんてなかったですよね。
ストーリーも映像も音楽も、超センスいいですし。
現実世界でも映画の中でも、ベンは愛されているんだなぁ・・・と、疑念を抱く余地など見当たらない。 
ホント愛されてる・・・  
愛されて・・・ ・・ 
・・・愛されて・・る・・・? (ガバッ)(心のおひつが開いた音)

ちょっとまってくれよ!人生うんぬんという表のストーリーはさておき、もうこんなもん、どっからどうみても「ショーン・ペンがベンステに捧げた16年愛」の物語じゃねえですか! 違わねえ!何も違わねえぞ!

劇中次から次へと登場する、ベンステに愛を注がずにはいられなくなる人々。 なかでも最も熱のこもった視線を送り続けるのが、誰あろう「世界的フォトグラファー」のショーン・ペン氏でありまして。
ライフ誌の写真部責任者といちカメラマンという事務的な関係でスタートした2人の16年間。
しかし、その初めての対面の瞬間から、ペン氏のベンステに対する想いは既に始まっていたのですよね・・・!
ビジネスの垣根を越え、自分の魂とも言える「写真のネガ」を託す相手として、ベンステに全幅の信頼を寄せていたペン氏。
劇中描かれるエピソードは極めて少量ですが、わたしには言葉にしていただかなくてもわかります。ええ、わかりますとも。ペン氏の中で、ベンステの存在がどれほど大きなものになっていたか、ってことはね。

ゆくゆくのことを考え、ベンステのお母さんにもベンステの留守を狙ってしっかりご挨拶済みのペン氏。
たぶん日常的に盗撮という名の密着撮影を行っていたであろうペン氏。
ベンステが職を失うと聞けば長年の労をねぎらいプレゼントを用意するペン氏。
その中には、サプライズ演出のタネもしっかり仕込んでおく抜け目のなさだよペン氏。
しかも、サプライズの発表の場はというと、こともあろうに世界中で愛されている超有名雑誌の最終号の表紙。
なんだったらジャーナリズム史に残り続けるんじゃないかという程の、めちゃくちゃハードな依頼に応えて、「写真家人生最高傑作」として用意したその写真こそ、何を隠そうベンステの隠し撮り写真だったという・・・
 
・・・オレは今、「雑誌の私物化」とか「公私混同」とかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ・・もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・! っていうかおそろしく肝の座ったストーカーだな!ベン逃げてー!

ということで、どうにもこうにも白飯をよそう手がとまらない、非常に濃密なストーk・・じゃなかった愛情物語だった本作。
あまりにも美しすぎる物語なので、お伽噺をみているような現実感のなさを感じてしまう部分も多々ありましたが、決して甘いだけでも美しいばかりでもないほろ苦い人生には、こういう毒っ気のない、いっぷくの清涼剤のような映画も必要かなぁという気がしないでもないので、時々観返して滋養を得たいものですね。
ただし、関西出身のお笑い芸人さんが声を当てた吹き替え版の方は、ただの1シーンであろうともうっかり観てしまおうものなら全身に毒がまわり、その場で体力・精神力共にガリガリ削られる恐れがありますので、今後とも摂取しないよう全力で気をつけて行きたいと思います。





     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。