ブログパーツ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』

2011年07月30日
T3IMAXOneSheetFINAL450_convert_20110730010923.jpg

大変申し訳ないのですが、どこもかしこもネタバレしておりますので鑑賞後にご覧下さい。



第1作目あらすじ・・・
いいロボットとわるいロボットがちきゅうにやってきてケンカをはじめます。

第2作目あらすじ・・・
ちょっとぐあいがわるくてねていた、わるいロボットがげんきになったので、またいいロボットとケンカをはじめます。

第3作目あらすじ・・・
いいロボットのなかまがみつかったのでみんなでよかったねーっていっていたら、わるいロボットがやってきて、またまたケンカをはじめます。

・・・高度な知的生命体のくせにケンカしすぎだろ!おい!

transformers+3+sentinel+prime_convert_20110730012128.jpg
(※ 今回の裏主役・センチネルプライムさんです。 おじいちゃぁぁ・・ん!)

と言う訳で、『トランスフォーマー3』を観てきました。
「大味な映画界」における西の横綱と呼ばれている(※アガサの中で)マイコー・ベイが、もうひとつの別名・破壊王の名に恥じない壊しっぷりを今回も惜しみなく披露。
相変わらず、車のどの部品がどこに動いて最終的なロボット形になっているのかも、ロボット同士がどういう殺陣を行っているのかさっぱりわからないままに「ま、いっか。」という爽快な気持ちにさせてくれる傑作アクションとなっていました。
ビルをズタズタに引きちぎり、アスファルトを抉り出し、大空に咲き誇る大輪の花火の如く火薬を降り注がせ、思いつく限りの破壊行為を華麗にスクリーンに焼き付けるベイさんの映像マジックに、ひたすら圧倒されたわし。
なんだったらもう、ベー師匠と呼んであげてもいいくらいです。(なぜか上から目線)

ストーリーも相変わらずどうでもいいエアリーというかソフトリーというかとてもふんわりとした感じでしたので、いっその事、かたやきソバの人ことサム・ウィトウィッキーとその恋人とが繰り広げる乳繰り合いのくだりは全カットでもいいのではないかと思わなくも無いのですが、まぁ、「人間ならではの心理的駆け引き」を駆使して敵を手玉に取るといった活躍もありましたので、過去の作品に比べればかなり扱いが改善されたのかなぁ・・と言う気がしないでもないです。
前2作では「世界を救ったヒーロー」だったものの、その経歴が現実社会では全く通用せず、いまだ就職先すら見つからないまま恋人にお小遣いを貰うヒモ青年と化しているサム青年の姿が、なんというか、ネット世界では闇プログラマーだけど実生活では闇自宅警備員、みたいなせつなさを感じさせて、なんだかグっときましたね。
ただね、恋人がキャリアもお金も美貌も思いやりも兼ね備えているゴージャス美女という点はね、グっとこないですよね。
大人の事情で、前2作の相手役だったミカエラさんが降板したのはしょうがない。 
けれども、その代わりが先に述べたような出来すぎ美人で、しかもかたやきそばがナンパしてゲットしたというお手軽さがね。
初対面で好きになるか?アレを。 あんなかたやきそばを。
e+Trailers+720p+Shia+LaBeouf,Josh+Duhamel,John+Turturro,Tyrese+Gibson+stills+screenshots+photos+reviews+hot+posters+covers+wallpapers1_convert_20110730010950
(※ しかも今回は、水木しげるの漫画に出てくるサラリーマンみたいになっちゃってるかたやきそば)

人間部分はさておき、ロボット部分はと言いますと、今回もいいロボットことオートボット軍団が、そらもうカッコイイのカッコよくないのと大騒ぎでしたよ。うそ。カッコよくないはうそ。べらぼうにカッコイイです。
前作(第2作目)のジェットファイア翁に引き続き、今回も「おじいちゃん枠」としてセンチネルプライムという高齢ロボットが登場するのですが、これがまた非常に魅力的なキャラクターでして、「わしゃもうただのおいぼれじゃわい・・」と猫を被っている前半から、一気に「うそじゃボケー」とばかりに闘争心を顕に暴れまくる後半のキレ具合がとてもすばらしかったです。
その昔、ディセプティコンとの死闘の最中、重要な機密を持って姿を消したままになっていた重要人物(ロボット)であるセンチネル翁。
実はその機密とは、どんなものでもたちどころに移動させる事が出来るという超すごい転送システムであり、それを起動させられるのはセンチネル翁だけ。 
で、センチネル翁もオプティマスも、そのシステムを平和的(緊急避難や物資の輸送)に使おうと思っていたのだけれど、わるいロボットことディセプティコンのリーダー・メガトロンはそれを好戦的(兵士の輸送や武器の搬入)に使おうと狙っており・・と、またもや「重要なアイテム」をめぐる善と悪の戦いに突入するかと思いきや、実はじつは、センチネル翁本人は既にメガトロンと密約を交わしており、ディセプティコンとの闘いで壊滅状態になっている自分の故郷(サイバトロン星)の修復と引き換えに、システムをわるい事に使うことを了解していたという。 要するに超わるいジジイという事なんですね。

自分を信じ、慕ってくれたオプティマスを裏切ってしまったセンチネルじいさん。
もともとはオートボットの総司令官であったにも関わらず、自分の元部下すらも容赦なく撃ち殺す非情さの裏には、故郷を復興したいという切なる願いが秘められているのがとても哀しいセンチネルじいさん。
最後は故郷に骨を埋めたかった、センチメンタルなセンチネルじいさん。(←これが言いたかっただけ)
なんかね、もっと他のやり方はなかったのか、と腹を割って話し合って欲しかったですよね。
だって、ちまちま直していても埒があかないからって、転送システムでサイバトロン星ごと地球に移してきて、そんでもって60億人ほどいる人間のみなさんに人海戦術で修理してもらおうとかね。 あのサイバトロン星をね。 全部金属で出来ている、なんかややこしそうな仕組みの星というか宇宙ステーションを。

・・・

・・

え出 来 る か ー !!!

そりゃまあ我々地球人も機械関係にはそこそこ強いと思うけども!
まるまる星ひとつの修理は無理っスよ! あとね、持ってきた星をどこにどのように泊めておくのかさっぱり想像出来ないし! 無茶ぶりだよおじいちゃーん!

あと、センチネルじいさんの気持ちに理解を示しつつも、どことなく「でももう今は地球があるからそれでいいじゃない」みたいな諦めというか心変わりをみせ、全力で転送システムをぶっこわすオプティマスも、なかなかどうしてアレなんじゃないかと。
結局、サイバトロン星、粉々になっちゃっていましたからね。 アレはもう、直せないよ・・・。

とまぁ、楽しくつっこみながら観てきた本シリーズも今回でついに完結とのこと。
豪快なトランスフォームも見納めかと思うと、一抹の寂しさが心を過ぎったりもしますが、最後までサービス精神の塊みたいな映画を作ってくれたベー師匠に、心から感謝の念を表したいと思います。
ロボットを使ってR指定を回避しつつの「背骨ぶっこぬき」や「生きたまま四肢を引き千切る」といった切株描写はもとより、人間を一瞬で骸骨にしてしまう怪光線まで盛り込みつつ最後に相応しい地獄絵図に仕上げてくれて、本当にありがとうございました。
とても楽しい娯楽映画でした。


― 追記 ―

・ 劇中は気付かなかったのですが、センチネルじいさんの声を担当していたのはレナード・ニモイさんだったそうなのですよね。 本編でサム青年が『スタートレック』を見ながら「お、これはスポックが暴走するエピソードだな」みたいな事をつぶやくシーンがあったので、事前に吹き替えの件を知っている人にとっては、ちょっとしたネタバレになっていたということでしょうか。 スタッフの遊び心、イイ!

・ 新ヒロインの中の人が、時々ギャル曽根に見えた件。

・ やりたい放題モードになった時のマルコヴィッチさんって、本当にイイ顔をしていますよね!憎たらしいほどに!

・ そんなマルコヴィッチさんが、劇中かたやきそばに「Impress me」と言うシーンがあるのですが、パンフレットを見ていたら、「Surprise me」になっていました。 ・・セリフ、途中で変わったのかなぁ?(意味の違いは大きいと思うんだけども)

・ そんなマルコヴィッチさんとタトゥーロさんが一同に介するシーンがとても面白かったです。 どっちのおっさんも好き放題してんでやんの。 最高だなおい。

・ アイアンハイドさぁぁぁぁ・・ん!!。・゜・(/Д`)・゜・。

・ 前作(第2作目)のピラミッドに続き、今回はなんとあのアポロ計画に隠された真相が明らかに!! 
キミは知っているか・・・なぜ人類は、1972年以降月に行っていないのか・・・

なんだよ!

・ 焦土と化したシカゴの片隅で、絶望に顔を歪めるかたやきそばの前に颯爽と現われるオプティマスの姿を、私はいつまでも忘れる事はないでしょう。 金属の集合体であるロボットをここまで男臭く、かっこよく描く事が出来るのか、と、心の底から感動しました。 本当におもしろかったです!すばらしい映画をありがとうベー師匠!!
 

<参考記事>
『トランスフォーマー』(第1作目)感想
『トランスフォーマー/リベンジ』(第2作目)感想


     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

おっさんホイホイ。

2011年07月24日

こんにちは、アガサです。
夏休みに入って、映画が一本も観れていません。

と言う訳で、おっさんのみんなー! 懐かしソングはじまるよー!!
(以下オール動画です。 ニコニコ動画分はコメント非表示での視聴をおすすめします)

【夏といえばワイハーですよね!】




【小6の頃放送委員をしていたのですが、昼休みにこればっかりかけていました】




【ちょっとしんみりしちゃったりしてね・・】




【アビニオンのぼうさん!】




【HAZEDON!】




【黒べえの声は肝付兼太大先生ですよ!】




【ハニバルとうさん!!(←ちがう)】




【馬の声はすわしんじさん】




【憎い・・・憎い・・・隣のドラネコ・・・!!!】



全部わかったあなたとは、うまい酒が飲めそうです。

【余談・明日こそはなんか映画観たいものじゃのう・・】

     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

『ミッドナイト・ミート・トレイン』

2011年07月21日
midnight-meat-postsm_convert_20110714143206.jpg


あらすじ・・・
真夜中に、肉を、列車で、運ぶんですよ!


“血の本”という、見るからにおっかない名前を冠に掲げた小説シリーズの中の一遍、「ミッドナイト・ミートトレイン 真夜中の人肉列車」を、『VERSUS ヴァーサス』『あずみ』でお馴染みの日本人監督・北村龍平が華麗に映像化。
目ん玉が飛び出たり、目ん玉がぶっこ抜かれたり、トンカチでポカーンと叩いたら生首が飛んだり、その生首の視点で画面が回転したり、列車の内と外とをカメラがぐるんぐるん回ったり、やたらと反射された世界の中の映像を使ったりと、なんかもう「趣向をこらしてみました!」という意気込みだけでおなかがいっぱいになりそうな、とても楽しい映画でしたよ。

主人公のフリーカメラマン・レオンは、自分が住むニューヨークの“心臓”を撮る事が夢なのですが、なかなか「コレ!」という一瞬を捉える事が出来ず、事故写真などで日銭を稼ぐ日々。
ある日同棲中の恋人が、有名画廊のオーナーとの面接を取り付けてくれて、意気揚々と今までに撮った自信作を携え出かけるレオン。
しかし、オーナーからは「これじゃあ上っ面を撫ぜただけだじゃねえかよこのへっぽこカメラマン!」(※要約)と厳しいダメ出しを食らい、もっと踏み込んだ写真を撮るべく、真夜中のダウンタウンへと繰り出すのであった・・・。
・・・
・・で、まぁ、真夜中の列車で肉と出会うんですけどね。(←雑なまとめ)
ニーチェの有名なアレ(深淵をのぞき込むとき、その深淵もこちらを見つめている)の通りの展開が繰り広げられる原作をそこそこ忠実になぞった本作。  
ただ、それだけだとあっという間に終わってしまう(※原作は短編小説)ので、レオンの恋人がすわファイナルガールか?!というような頑張りをみせたり、精肉工場でかくれんぼしたりといった肉付けがなされています。
他にも、日本人監督だからなのか、事件の発端となる女性が日本人モデルだったり、主人公がベジタリアンで豆腐好きだったり、BGMがちょっと日本チックだったりもしますので、日本のお客さんはプラスアルファの部分でも楽しめるかもしれませんね。

原作同様、物語のクライマックスで、“なぜ・公営の地下鉄で・堂々と・肉を・さばいているの・か”という5W1Hっぽい秘密が明らかとなるのですが、この部分がやや説明不足なので、原作を未読の方にはわかりづらかったのではないかと思います。

(※ 以下ネタバレ)



実はNYの地下には、人類が誕生するずっと前から存在している“父祖”が棲まっていてですね。
クトゥルフ神話でいうトコロの“旧支配者”のようなモノなのかもしれませんが、ニューヨーカーの中の一部の人々は、百年以上に渡ってこの“父祖”のお口に合うようなマイウーなシーメーを用意し続けていたという訳なのです。
なぜそんな田舎の旧家に嫁いだ嫁みたいな事をしなければならないのか。
それが“恐怖”なのか“畏怖”なのか“崇拝”なのかはわかりません。 
もしかしたら、ごはんをあげないと近所じゅうに「うちの嫁は食事の支度も満足に出来ない」と触れ回れられるからなのかも(※要約・NY市民を手当たり次第喰い散らかされるからなのかも)しれませんね。
ともかく、“父祖”の僕となった人間は、夜毎人気の無い地下鉄に乗り込み、乗り過ごした人やたまたま居合わせた人をトンカチでどつき倒し、“父祖”のみなさんが食べ易いよう、服を脱がせて歯を抜き髪を刈り目ん玉をほじくり出し、最後に逆さに吊るした状態にセッティングするという重労働を任される事と相成るのです。 
あのね、たぶんちょいちょいね、人間側にクレームがついてたんだろうと思うのですよね。 
「おまえが持ってくるメシさぁ、髪ついてんじゃん。アレあるとさぁ、飲み込む時ムグってなるから刈っといてよ」
とか
「目ん玉にはDHAが含まれてるってほんまでっかTVで言ってたから別のお皿によけといてよ」
とか
「歯は噛みにくいから予め抜いとくのが気配りってもんでしょ」
とかもうおまえらどんだけグルメやねん! 黙ってもしゃもしゃ食べといたらええねん!

ホント、めんどくさい父祖ですよね! そりゃストレスでイボも出来るわ!(※お食事係のおじさんは、なぜか体にイボイボが出来ていて、それを切り取って壜にコレクションしておくのが日課となっているのです。ま、そのエピソード自体はストーリーに全然絡んでこないんですけどね。)

地下鉄における謎の失踪&殺人事件に引き込まれてしまった主人公は、イボイボのおじさんをストーキングした挙句、この“父祖”の存在を目の当たりにし、恋人の心臓を生きたまま抉り出す程の圧倒的パワーに完全降伏してしまいます。
まあね、“街の心臓”を撮りたいって言ってたらほんまもんの心臓を見せられるとかね。 そりゃ「コレわアカン!」ってなりますよね。
ただ、完全降伏するだけならともかく、そのまま大いなる力の僕となってしまうのが、ちょっと唐突すぎたように感じました。
そこに至るまでに、“父祖その1”にスカウトされるくだりもあるのですが、もうちょっと“なぜ主人公が選ばれたのか”とか“恐怖に屈したのではなく魅入られた”みたいな描写があってもよかったのではないかなぁ・・と。

さて。そんな摩訶不思議な物語の出演キャストですが、『特攻野郎Aチーム』でフェイスマンになる前のブラッドリー・クーパーや、『X-MEN3』でジャガーノートになった後のヴィニー・ジョーンズ、『特攻野郎Aチーム』でコングになる前のランペイジ・ジャクソンや、『青い珊瑚礁』で珊瑚礁になる前のブルック・シールズなど、とても未公開映画とは思えない程の充実っぷり。 す み ま せ ん 、 珊 瑚 礁 は う そ で す 。

いかにも「殺される為だけにやって参りましたー!!」といった面持ちの中年男性が、主人公の知りあいの役で登場するのですが、「どこかで観た事あるなぁ・・」と思っていたら『プロデューサーズ』でゲイの演出家助手を演じていたロジャー・バートさんでした。 
ロジャーさん、たしか『ホステル2』でも散々な目に遭っていたのですよね・・  まぁ・・ね・・そういう日もありますよね!がんばれロジャーさん!
ちなみに、エンドクレジットをぼんやりと眺めていたら、“テッド・ライミ”の文字が流れてきましたので、どうやらサム・ライミさんの弟さんもどこかで殺されていたようですね。 顔と名前が一致していないのでアレなのですが、もしかしたら途中で目ん玉引っ張られてたサラリーマン・・だったのか・・も・・ うん・・マァ・・ね・・ そういう事もありますよね!がんばれライミさん! 

若干、観客を置いてきぼりな部分はあるものの、ザバーと流れる血糊や適度なグロは夏のお供に最適なのではないでしょうか。
ま、ざっくり言うと、カップルとかでイチャイチャしながら観りゃいいんじゃねえの。(←雑なまとめ・2)
“血の本”シリーズは他にも何作品が映像化されているようですので、また機会がありましたら観てみたいと思います。


     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

夏休み・親バカ企画「ロボえもん」

2011年07月19日


※ 今回の記事は親馬鹿スピリット全開となっておりますので、そういうのが苦手な方はくれぐれもご注意ください ※


明日からいよいよ夏休み(※岡山市調べ)と言う事ですので、今回はちょっと趣向を変えて、我が家の鬼才すぎるちびっこが描いたまんがを貼ってみようと思います。 いや、手抜きとかじゃないですよ。 ただの親バカですよ。

小2の時、「ラブラブハッピー」で衝撃のデビューを果した姉に続けとばかりに、独創性溢れるまんがを描き始めた妹・現在小学1年生。
彼女の奥底に秘められていた恐ろしい才能が、今、開花する・・・!


「ロボエもん」
IMG_0003_convert_20110719095627.jpg
「パクリじゃないよ」(←本人談)


ロボ2
「きょうもなぐられた」
(がたがた)(※机の引き出しが開く音だそうです)
「やあ こんにちは。 ロボエもんです」

ロボ3
「だれ」
「きみは30さいでしぬ」
「よけいなおせわだ」
「ぼくわきみが30さいでしなないためはいたんだ」(※ぼくは君が30歳で死なない為に来たんだ)

ロボ4
「わかった ごめん」
「わかってくれたか」

<おわり>

・・・

・・

シ ュ ー ル !


とりあえず、会っていきなり「30歳で死ぬ」とか言われたら、そりゃのび太もキレるわなぁ。あ、のび太じゃないのか。
さいごの「わかってくれたか」の見下している感じなんかもうね、Mっ気がある人にはたまらないですよね。
解説してれる間なんども「パクリじゃないよ」と言っていたちびっこの澄んだ瞳が印象的でした。

そして同時に発行された第2巻。

「ロボットノドウブツ」(かっこロボエもん)
ロボ5
(※「え?なにこれ? ロボットン ドクブツ?」と聞くと「てんとうむしこみっくす!ロボットのドウブツ 2かん だよ!」とややキレ気味に訂正されました。)


ロボ6
「まって みっちゃん」
「ふん」
「また どじたが みっちゃんを さそってやがる」
「ロボエもーん」
「またいじめられたの。」

ロボ7
「まって
 そのまえに
 けんかロボット」

ロボ8
「いけー」
「はい」
「テテテテー ばたばた」(せつめい ほんとうわちょうちょごうだったのです)
「わーん」

<おわり>

「まって、その前に」って焦らしておいて、すぐけんかロボットを出すのは何故なのか、と訊ねてみたトコロ、「本当はこの後どらやきを食べ始めるシーンを描こうと思ったんだけど、めんどくさくなったからロボットを出した」との事でした。 ですよねー。食事シーンはめんどくさいですよねー。
最後に登場する「チョウチョ号」がいまひとつ理解困難なのですが、本人は「けんかロボットだと思ったらチョウチョのロボットだったの!おもしろいでしょー!」と極めて満足している様子でしたので、もう、それだけで母は幸せです。


と言う訳で、ちびっこたちの自由な発想に心打たれながら、やっぱうちの子は天才だわ!!と自分に言い聞かせつつ、長い長い夏休みを楽しく過ごしたいと思います。

ぜんこくのちびっこしょくんもいいなつやすみを!(大人には夏休み、ないですけどね!)

     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』

2011年07月17日
harry_potter_and_the_deathly_hallows_part_two_ver8_convert_20110715220057.jpg
いつもより多めにアイシャドーを入れております!!

“ハリー・ポッター”ほど特殊な映画が、今までにあっただろうか、と、ふと思いました。
名作と呼ばれるシリーズ映画はいくつもあります。
『スター・ウォーズ』、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『ロード・オブ・ザ・リング』、『トイストーリー』、『ゴッド・ファーザー』・・。
個々に切り取っても面白かったそれらと比べ、ハリー・ポッターは単体で観るとあまりにご都合主義の塊で、あまりに説明不足で、あまりにツッコミどころの多い映画でした。
しかし、有名すぎる原作と共に、新しい続編映画が作られるたび世界を熱狂させ、特別な想いを芽生えさせてきた。
「続けて観る」事で、登場人物たちをまるで自分の隣人、友達、家族のように感じさせてしまう特殊な映画。 それが“ハリー・ポッター”なのではないでしょうか。

そして、今回ついにその物語が完結の時を迎えました。

上・下巻合わせて1100ページ強という原作のストーリを、Part1,Part2に分割し、たっぷりとした時間をかけて描かれた最後の瞬間。
前作(Part1)と同様、今までの流れを知らない人には全く優しくない作品です。
現われるキャラクターは多く、ほとんど語られる事無く消えてゆくキャラクターも多い。
ハリーはひたすら苦悩し、しかし信念を貫き、彼を支える人々はそれぞれの覚悟を固め、過酷過ぎる運命に立ち向かう。
あどけない笑顔を浮かべていたハリーが、うすらヒゲを生やして魔法の杖を振りかざすに至るまでに、どんな試練を越えてきたのか。 
その事を知らないままに鑑賞すれば、きっと本作は「やたらと悲惨」で「なんでこうなっているのかイミフ」で「ヴォルデモートって結局何がしたかったの?」という印象ばかりを与えてしまうことでしょう。
しかし、彼らを見守り続けてきた私にとっては、深い感動を与えてくれる本当に素晴らしい終幕でした。

“魔法の力”を違和感なく表現した映像美は圧巻の一言。
個々のキャラクターには見せ場が与えられ、過去に数回しか出てこなかったキャラもまた、最後の挨拶とばかりに登場しますので、ファンの心を大いにくすぐってくれるのではないでしょうか。
溢れんばかりの哀しみを湛えた、とても辛い物語です。
省かれた部分もありますので、「なぜもう少しそこを説明してくれなかった」と悔しく思わなかったといえば嘘になります。
が、観終わった時には、見事に絶望を乗り越え希望を取り戻したキャラクターたちに惜しみない拍手を送りたくなるであろう、見事な完結編だったと思います。
10年分の感謝を込めて、ありがとう!ハリー・ポッター!



(※ 以 下 ネ タ バ レ 感 想 で す の で 鑑 賞 後 に ご 覧 下 さ い )

続きを読む "『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』"
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 | HOME | Next »

※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。