ブログパーツ

『ウルトラヴァイオレット』

2007年10月29日
20071028221259.jpg
ミラ・ジョヴォヴィッチもグラサン(死語)も、ウルトラ仕様。

こんにちは。
映画界の“強い女”ナンバー1はトリニティに決まってらぁ、が信条のアガサです。
ちなみにG.I.ジェーンさんはガチンコ勝負だとナンバー1だと思いますが、女ではないので除外します。

で、近年、トリニティに追い付け追い越せの大活躍を魅せてくれているミラジョヴォ(正式名称ミラ・ジョヴォヴィッチ)が、 『イーオン・フラックス』 でこのジャンルに殴り込みをかけてきたオスカー女優・セロン姐を返り討ちにするべく出演した 『ウルトラヴァイオレット』 をやっと鑑賞の巻。

あらすじ・・・
ここは、あなたの理解を超えた世界・・・。

どれくらい越えているかと言うと、人類の多くが謎のウィルスに感染し、“ファージ”と呼ばれる吸血鬼っぽい生き物になってしまったので、政府は彼らを“施設”に収容し、抹殺しようとしたが、何とか逃れて反政府勢力となった“ファージ”たちは地下組織となり、テロ行為を繰り返し、政府は“ファージ”一掃計画の為、体内に“ファージ”に対する抗体を持つクローン少年を製造したが、その少年を“ファージ”の斬り込み隊長・ヴァイオレットが奪還しつつも、情が湧いてしまったヴァイオレットは“ファージ”を裏切り、少年と共に逃走したら、ところがどっこい、調べてみると少年の体に抗体などなく、逆に非感染の人間を“ファージ”に変える菌がトップリと入っており、どうやら政府の本当の目的は、“ファージ”掃討ではなく、人類に“ファージ”感染の恐怖を与えておいてから解毒剤を売りつけてガッポリ儲けよう、と言う事だったので、少年を悪用しようとする悪い大人たちをヴァイオレットが皆殺しにして、まんまと逃げおおせる事が出来たくらいなのだ。

・ ・ ・ ね ?

(理解を)越えてるでしょう?


てかもう、さっぱり訳がわからない・・・・゚・(ノ∀`;)・゚・

よろしかったら今日も一押し・・・!にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← ←悪いようにはしやせんぜ、旦那

雰囲気だけで突っ走った感じがかなり強い本作。
物語に登場する様々なキャラクターの説明は、ことごとく端折られる事態になっております。
ミラジョヴォ演じるヴァイオレットが異様に強い理由も、バイオニック・ジェミーばりの改造を受けたからなのか、キリ・ビルばりの猛特訓を受けたからなのか、ただ単に大人の事情からなのか、さっぱり判りません。

ただ、それが“ウルトラ”の部分なんだよ。 と言われれば、なるほど納得。

ミラジョヴォが思う存分飛び走り撃ちまくりなぎ倒しヘソを見せてくれるだけで、ファンである私たちは充分満足なのですよ。
それ以上の事なんて、求める筈がないじゃないですか。ねぇ。
やだなぁ、もう。


建物をグルリと包囲されて逃げ場の無いミラジョヴォが、次のシーンでは脱出していようと、
鉄壁の防衛システムを誇る敵のアジトにどうやって潜入するのかと思いきや、次のシーンでは既に潜入済みであろうと、
至近距離から撃たれても無傷であろうと、
ミラジョヴォの髪の色が、気分ひとつで変わる理由が明らかにならないままでいようと、
仕舞いにゃ宿敵に殺されたのに、難なく生き返った理由が「友達が祈ってくれたから」であろうとも、
ミラジョヴォのヘソとお尻のアップがあればそれでいいじゃないか。

そういう映画なんです、おそらくは。

さて、そんなプチ・ミラジョヴォ祭りな本作。
物語の鍵を握る少年・シックス役を演じたのはなんと、 『記憶の棘』 でニコール・キッドマンを弄んでポイ捨てした、熟女キラーことジョナサン・ブライトくん。
この作品に於いても、出逢った瞬間からミラジョヴォを惹きつけ、世を儚んだ様な憂いの瞳で鷲掴みにし、命懸けで自分を護らせると言う見事な三十路コントロールっぷりを披露。
で最後は、何とか宿敵を倒したものの茫然自失のミラジョヴォに対し、本編中初めての笑顔を浮べ優しく励ます、と言う抜かりの無さ。

・・さすがぢゃ・・・熊殺しのジョナサンよ・・・!

・・・熊殺しってなに?(軽く自問自答)

ラストの見つめ合いで、完全にジョナサンの虜になってしまった事が推測されるミラジョヴォ。
みんなの理想を超えた世界で、ジョナサンくんの浮気に悩まされていない事を祈るばかりです。
なにせアイツは世界にその名を轟かせる、熊殺しのジョナサンですから・・・。

・・だから熊殺しってな(以下略)



     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

『マスターズ・オブ・ホラー/虫おんな』

2007年10月28日
20071025231402.jpg
ホント勘弁してください(泣)

10月も残すところあと数日・・・。
秋の気配も色濃くなってきた今日(正確に言うと昨晩)、またもや我が家にアイツが出現しました。

アイツですよ。 

黒い悪魔こと
頭文字(イニシャル)Gの事ですよ!
・゚・(゚`Д´゚)・゚・

まだ世帯主さまご帰宅には当分時間がありましたので、仕方なく近くにあったカビキラーを噴射。
・・・秒殺でしたね。

いやぁ、 カビキラー最強!!

て事で、虫繋がりの 『虫おんな』 を鑑賞の巻。

あらすじ・・・
女40代。 虫一本で生きて参りました━━っ!!

がモットーの昆虫学者・アイダは、心の底から虫を愛する女。
でもって、同じくらい女性を愛する彼女(要するにレズ)は、今日も“同居中の虫たち”が原因で意中の女性からフラれてしまうのでした。

そんなある日、アイダの元に届いた差出人不明の小包。
中に入っていた謎の昆虫はなんと、アイダが目を離した隙に逃亡。
しかし丁度時を同じくして、研究室前で見かけた若い女性・ミスティとフォーリンラブしてしまったアイダは、昆虫がいなくなった事にも気付かず
アハハ・・・ ウフフ・・・ 捕まえてごらんなさ~い
と、完全に脳内お花畑状態。

そしてその間に、謎の昆虫・通称ミックは着々と人類征服計画の駒を進めており、その野望実現の為に利用していたのはなんと、ミスティの若き肉体だったのです。
愛するミスティの体が、ゴツい虫に寄生されている事を知ったアイダ・・・。

彼女が選ぶのは、虫か?! 女か?!



よろしかったら今日もここらで一押し・・・!にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← ←

軽快なロックをBGMに始まる本編。
背景は“虫てんこ盛り”なのに・・・、
画面にデデーンと映っているのは、怪奇さが漂うアンジェラ・ベティス(『MAY』『ツール・ボックス・マーダー』)なのに・・・、
キャメロン・クロウの作品を観ている様な錯覚に陥ってしまうのは何故・・・?!

パキパキという虫の足音と、甘酸っぱい初恋のドキドキ感がコラボレイト。

あぁ・・・なんて素敵なファンタスティック!(←若干意味不明)

そんな風に思ってしまったらあなたはもう、ラッキー・マッキー監督の思う壺なのかもしれません。

ウワーッ!虫!虫! 逃げたってば、虫!
あぁ・・素敵・・もしやコレは運命の出逢い・・?
チョ!虫! 犬!犬は止めてあげてー!
なんて不器用なのアイダったら・・キュン・・
ギャーッ!耳!耳はアカン!アカンてぇぇぇえ!
あぁ・・2人の恋に未来はあるの・・おせーて!おせーて!

てな感じに、監督の掌でコロコロ転がされつつ、物語は一気に“怪奇ホラー道”をひた走ります。
で、
もはや“ラブストーリー”復帰は不可能か・・?
と、愛しさとせつなさと心細さが過ぎったその時、ウルトラCの超技オチで、まさかの“ラブストーリー”回帰を果たすのです。

こやつ・・・  やりおったわい・・

“青春ラブコメディ”に、見事に着地しよったわい・・・!

(※ラブコメではないかもしれない)

『クリープショー』 の胡散臭さと 『ヒッチコック劇場』 の追い込まれ感を堪能できる、とても楽しい作品だったと思います。

虫全般に抵抗ない方
や、
耳に虫が入る感触に耐えられる方
や、
カブトムシをバリバリ食べる様なシーンが平気な方
には、特にオススメの一本です。

て、ハードル高っ!

ちなみにアガサは死ぬほど虫ギライです。・゚・(*ノД`*)・゚・。

ホント・・ゴメ・・もうご勘弁を・・・(涙)

それにしても、 『マスターズ・オブ・ホラー』 シリーズは、今時点でハズレ無しですねぇ・・。
さすが、マスターだぜ!!
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

『悪魔のいけにえ3/レザーフェイス逆襲』

2007年10月25日
20071024220817.jpg
アラゴルン(※ロード・オブ・ザ・リング)とピーター(※ゾンビ)が夢のコラボレイト

こんにちは、アガサです。
先日近所のレンタル屋で見事ゲットして参りましたお宝に、ようやく着手致しました。
と言うのも今月、WOWOWのホラーに対する吹っ切れ方がハンパで無かったお陰で、『マスターズ・オブ・ホラー』が今時点で計10作品未見状態。
プラス、購入済みのお宝ビデオが4本。
その上、るしはさんお薦めの小説 『隣の家の少女』 まで、我慢しきれず購入してしまったからどんどこしょ。

・・・どうすんだ? コレ・・
いつ観る(読む)んだ? こんなに・・?

ふんとにもう! 廣瀬さんのおたんちん!!
(※WOWOWの社長さん)

でまぁ、この中で一番ロマンティックが止まらない 『悪魔のいけにえ3』 から、とりあえず成敗する事に。

あらすじ・・・
別離前に、空港までのラスト・ドライヴを微妙な空気と共に楽しんでいたライアンとミシェル。
ところが道は突然大渋滞に。
何でも
道路わきの干拓地から、屍蝋化した死体がザックザク
と言う大事件が起きているらしいのです。

幾ばくかの不安は過ぎったものの、何とか現場を通過した2人はひたすらに車を走らせますが、なんといきなり道路に飛び出したアルマジロに衝突!

キタァ! アルマジロくん──!!
今や南部ホラーの代名詞とも言えるアルマジロくんが、コレにもきっちりご登場。
やっぱりすごいね悪いけは。
いいぞ僕らの悪いけ一家!


しかし、アルマジロくんの飼い主は現れそうにもないので、2人はアルマジロくんのご遺体を放置したままさらに先へ進み、うらぶれたガソリンスタンドへ。
見るからにヤヴァそうな臭いがプンプン漂う店主は、ミシェルを目視確認するなりフルスロットルでセクハラ三昧。
そんな時颯爽と現れたのは、さすらいのカーボーイ・テックス(ヴィゴ・モーテンセン)

正義の人・テックスは曲がった事が大嫌い。
店主をボロクソに貶す事で火に油を注ぐ結果になりましたが、いわゆるひとつの想定外ハプニングってやつなのでしょう。そうでしょう。
決して 「いらん事しい」 な訳ではないのです。
何故なら彼は、アラゴルンだか・・ (モゴモゴ)


ところが事態は更に悪化。
激怒した店主がライフルを持ち出し、テックスを射殺してしまったのです。
ライアンとミシェルはほうほうのていで逃げ出し、生前のテックスに聞いていた近道をひた走ります。
ところが、行けども行けども町はおろか人影すら見当たらず、その上背後からは謎の四駆が追いかけて来て、2人の車に動物の死骸を投げつけます。

そして死骸を降ろし、パンクしてしまったタイヤを交換していた2人の耳元で、突如鳴り響くチェーンソウの爆音。
お待たせ!満を持してのレザーフェイスさん、華麗に入場です!
いきなり現れた小汚い巨漢に動揺しつつも、懸命に逃げる2人。
交換途中のスペアタイヤで一目散に逃げ出しましたが、いきなり目の前に飛び出した人影を避けようとして、対向車線の車と激突。
重症を負ってしまいました。

対向車を運転していたベニー(ケン・フォリー)に、謎の「チェーンソウ怪人」の事を必死に説明するライアンとミシェルでしたが、かれこれ2年以上、この近隣の森で仲間とサバイバルごっこを楽しんでいたベニーですので、話半分にしか聞いていません。
揚句、傷の痛みを和らげてやる為、2人に鎮静剤を一服盛る始末。
迫り来るレザーフェイスを前に、心地良い束の間の睡眠をプレゼントしてしまう結果になってしまいましたが、勿論これも気遣いが出来る男ゆえのハプニングなのでしょうとも。そうですとも。
決して 「いらん事しい」 な訳ではないのです。
何故なら彼は、ピーターだか・・ (モゴモゴ)


果たして彼らは、怪人レザーフェイスとその背後に見え隠れするき○がい一家の魔手から、逃れる事が出来るのか?
かくして、テキサスの森の奥深くで、長くしつこい恐怖の一夜が幕を開けるのであった・・・。



よろしかったら今日もここらで一押し・・・!にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← ←


よぉし! 予想通り予想通り!!

しまっていこー!!


いや、ホント。
予想通りですから。
ショックなんて失望なんてある訳無いぢゃないですか!

泣いてなんか無い。

泣いてなんか・・・

ウワワ━━。・゚・(*ノД`*)・゚・。━━ン!!!!!!


(製作者の心の中では)正統なる続編に位置づけられているらしい今作。
冒頭、まずテロップで説明されますには
オリジナル一作目の生き残り・サリーは、事件の4年後療養所で死亡。
警察は、一家のうちで電ノコ担当だったらしき “W.Eソーヤー” なる人物を逮捕、ガス室送りとなった事で、事件は一応の解決を見ていた。

そうなのですがちょっと待て、 W.Eソーヤーって誰やねん。

だって、ヒッチハイク好きなお兄ちゃんは轢死でしょ?
老けた長男はドレイトン、レザちんはババ、双子のお兄ちゃんはチョップトップ。って、やっぱりいないじゃないですか!頭文字W.Eなんて!
やいこら! いい加減なテロップ入れんなこんちくしょう!

とまぁ、こんな冒頭からも察しがつくように、終始いい加減。と言うか適当。と言うか・・・。
思いついた設定は入れてみるけど、最後まで描ききれていないのでどれも消化不良。
ほぼメンバー総入れ替えとなったき○がい一家。
肝っ玉母ちゃん。(ママ)
性根の悪そうな幼い妹。
義手の兄。(ティンカー)
猟奇的なイケメンの弟。(テックス)
末弟のレザちん。(ジュニア)
そしてなぜか、ミイラ化したお爺ちゃんだけはそのまま再登場。
エプロンとネクタイ着用こそ変わらないものの、容姿はガラリと変わってしまったレザちんは、いい感じに肩まで伸びたロングヘアと端正な顔立ちで、ちょっと太目のジョン・ボン・ジョヴィに見えなくも無い。

・・・ゴメン、ソレはうそ。

とにかく、自称続編のクセにガラリと替わった一家の皆さんもレザちんも、新規加入メンバーのヴィゴ・モーテンセン(チョップトップ的役割か?)にも、一片の狂気すら感じられないと言う致命的ダメージは救いようが無いのでは。
“悪魔”というよりは、ただの“小悪党”な一家で、これでは『悪いけ』の後継者を名乗る資格なんて無い・・・、と慣れない日本酒片手に呟いてしまうアガサなのでした。

とまぁ色々書きましたが、これを 『悪いけ』 と思わず、ただの「小汚いマスク着用でチェーンソーを振り回す怪人が若者にロックオンするありがちなホラー」だと思えば、ソコソコ面白い出来だった様な気もします。
暗い森の中、一家が仕掛けた罠をかわしながら逃げ惑う主人公たち。
いつどこから現れるともわからない怪人の影。
真っ暗闇で、誰が画面に映っているかも定かではない。
無論、位置関係もさっぱりわからない・・・。

なんというサスペンス感だスゲースゲー(←棒読み)

そんなこんなで、もはや関わった人の間では黒歴史に認定されているであろう事必至の本作ですが、アラゴルン(瀬田版で言う所の馳夫さん)ことヴィゴが
はにかみながらヒロインの手に、五寸釘をブスッ
なんて微笑ましい(?)シーンもありますので、『ロード・オブ・ザ・リング』でヴィゴのファンになった方などには、ヒロインの姿をアルウェン(リヴ・タイラー)の姿に脳内変換しつつ鑑賞頂ければ、それはそれで楽しめるのではないかと・・・。

しかしなんですなぁ・・・。
これを観ると改めて、リメイク版 『テキチェン』 は面白かったんだなぁ・・・と実感出来ますなぁ。
ひどい事ばっか言ってゴメンね、ベイ師匠・・。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

恐怖のカロリーちゃん

2007年10月23日
お腹が出てきました。

いきなりのカミングアウトで恐縮ですが、女30代半ばを迎え、アガサのお腹もいよいよポッコリ感を増してきました。

なにせ食べ物全てが美味しいんですよねぇ・・。
健康だからこそですが。

そんな訳で、さすがにこのままジャバ・ザ・ハットの一途を辿ってはイカンと思い、ダイエットとまでは言いませんが一日の摂取カロリーくらいには気をつけてみようと。

成人女性の一日の摂取カロリーは約1800kcalらしいので、とりあえず目標を1600kcalくらいに設定して、いざ出陣。

今日のお昼はどうしよう・・・と思いつつスーパーのパンコーナーへ。
で、ふと目に入ったのは、山崎パンの「ミニスナックゴールド」。
アガサが幼少の頃からおやつに食べていた、懐かしの菓子パンです。
そうかそうか。
久しぶりに今日のブランチは「ミニスナックゴールド」と熱いポタージュスープでも・・・

・・・え?

item-08.gif エネルギー 613kcal


ろ・ろっぴゃくじゅうさん・・?!

菓子パンひとつが613キロカロリィ?!



こ・殺す気かぁぁぁぁ━━!!

これひとつで一日摂取量の3分の1を持っていってしまうとは・・・。
恐ろしや・・・。
恐ろしや、ミニスナックゴールド・・。


で、天使の様な悪魔の笑顔を持つ「ミニスナックゴールド」は断念し、売り場を物色していると、「日清焼きそばUFO」が安売りされているではないですか!
久しぶりに流しをボコらせてみるか・・

・・・って、カロリー表示を見てみると・・

20071023114900.jpg エネルギー 553kcal


・・な・ なかなかどうして高いじゃん・・・。

で、基本大食いのアガサですので横にあった「大盛りUFO」もチェックしてみると・・・

20071023115419.jpg  エネルギー 718kcal


・ ・ ・

な・な・ななひゃく~?!
20071023211149.jpg
                        

一日目標値の半分近い数値で真っ向勝負の「大盛りUFO」。
やる、やる、とは聞いていましたが、ここまでやるヤツだとは思ってもみませんでしたよ・・・。(何を?)

と言うか、自炊しろ・・・私・・○| ̄|_

とりあえず、筋トレ方面に気持ちを切り替えたいと思います。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

『マスターズ・オブ・ホラー/愛しのジェニファー』

2007年10月21日
20071020232559.jpg
可愛さ余って憎さ数千倍。

こんにちは、WOWOW大好きアガサです。
WOWOWを観続けてかれこれ10数年。
WOWOWのドコが素晴らしいって、「映画」はもちろんの事外国のドラマや人気歌手のライブ、スポーツまでオールマイティに放送してくれる気の配り方が最高です!
テキストはバインダー式で内容も充実。お手紙の書き方まで教えてくれるんだよ。
なんと1級検定合格者の4割が日ペンの出身者でて美子ちゃんかよ!

一人ノリ突っ込みが鮮やかに決まった所で、真面目な話、WOWOWは思いもよらぬマニアックな映画もたまーに放送してくれるのでとっても重宝しています。
ラス・メイヤーの 『ワイルド・パーティ』 ラリー・コーエンの 『悪魔の赤ちゃん3部作』 も、鑑賞出来たのはWOWOWさんのお陰・・。
(ちなみに、アガサが好きな舞台中継などもやってくれるトコも高ポイント)

で、そんなWOWOWの今月のラインナップが凄い事に。

『テキサス・チェーンソウ・ビギニング』 !

『SAW1~3』 !

『ハイテンション』 !

『マスターズ・オブ・ホラー (シーズン1・2)』 !



・・・なんかヤな事でもあったの?廣瀬さん?(※WOWOWの社長)


そんなこんなで『マスターズ・オブ・ホラー/愛しのジェニファー』のあらすじ・・・
吾輩は “ジェニファー” である。
本当の名前はわからない。
どこで生れたかとんと見当がつかぬ。
何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。
たまたま拾ってくれたオヤジは、吾輩の得体の知れない魅力に興味を持ったらしく、家に連れて帰ってくれたので、体でお礼をしておいた。
どうやらオヤジは吾輩のお礼が痛く気に入ったらしく、吾輩の些細な粗相は大目にみてくれたので、その都度お礼をしておいた。
しかし、だんだんお礼の効果は薄まった様だ。
吾輩は 「小腹がすいたので身近にあった獲物を頂戴した」 だけなのに、オヤジは吾輩を叱り付け、ついには人気の無い河原で、吾輩の首を刎ねようとしたのである。

しかし、もはやこれまで。と観念していたら、そこに別のオヤジがやって来て、吾輩を救ってくれたではないか。
人間と言う種族の、なんと情け深い生き物である事か。
ちなみにこの新しいオヤジの名前はフランクと言うらしい。
早くも吾輩の豊満ボディに釘付けのようだ。
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。
ありがたいありがたい。


いつもありがとうございます!にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ ← ←よろしかったら今日も一押し♪


ちなみに実際の本編は、フランク目線で描かれています。
・・・言うまでも無いですか?

しかしこれがあながち、アガサの「いつもの適当あらすじ」と言う訳でも無いのですよお客さん。

本作のジェニファーは、どこまでいっても正体不明。
エイリアンなのか、奇形なのか、モンスターなのか、はたまた「人肉食主義」なだけの普通の人間なのか。
何も明らかにされないまま、フランクは“もがけばもがくほど絡みつく、秘技かにばさみ”の如きジェニファーの肉感攻撃に、あれよあれよと捕り込まれてしまいます。

ジェニファーは、優しい人には甘え、ムカツク人には牙を剥き、本能のままに性欲を解き放ち、本能のままに人を喰らう。
「え? え? 何で怒ってるの?」
と、隣の少女を昼食に頂戴した事に激昂するフランクを見て、オロオロしているジェニファーの姿は、純粋さすら感じる程。

もしかしたら、ジェニファーは可哀想な生き物なのかもしれない・・・。
人間界で暮してしまったが為に起きた悲劇であって、離れ小島とかでヒッソリと動物を捕食しながら生きて行けば何の問題も無い。
何なら“希少動物”として保護してやればいいさ・・・。


なーんて思ってしまったアナタは、既にジェニファーの策にはまってしまっているのかもしれませんね。

ジェニファーの姿をそのまんま、計算高い (けどそれを表に出さない) 女性に当てはめても、充分しっくり来ると言う不思議哉。
無防備そうな女性に気を付けろ。
意外と、何よりも鋭い刀を忍ばせているかも・・ですよ。

ダリオ・アルジェント(監督)とクラウディオ・シモネッティ(音楽)と言う、ホラーファンにはたまらない名コンビによるこの作品。
魔女もウジも大音量のBGMもありませんが、えも言われぬ不気味さと惜しみない臓物ぶちまけっぷりは見応え充分です。

『ヒッチコック劇場』を思わせる大オチも、綺麗にまとまっていたと思いました。

ダリ夫さんの新作 『マザー・オブ・ティアーズ』 は、いつ頃お目にかかれるのでしょうねぇ・・・。゚+.(・∀・)゚+.ドキドキ。
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 | HOME | Next »

※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。