ブログパーツ

『SAW 2』

2006年03月27日
低予算ながら、アイディア満載・仕掛けたっぷりな内容で成功を収めたソリッド・スリラー『ソウ』から、たったの一年。
誰もが予想した通り、パート2が早くも登場です。
しかも、一作目で監督、脚本を勤めていた発案者の二人(リー・ワネル&ジェームズ・ワン)は外されるという、“ダメ続編”の王道とも言える状況での製作は、観る前からB級の香りがプンプン漂ってきます。
どれくらい期待を裏切らない出来なのだろう・・・と、ワクワクしながら鑑賞しました。


で、見事に期待通りの“ダメ続編”だったのでした。


その、てんでダメなあらすじをざっと書きますと、
謎の連続殺人鬼・ジグソウの犯行が続く中、ついにその現場に残されたヒントからジグソウの隠れ家を発見!
←犯行に使われた機械に書いてあった、製造会社の住所が、そのまま隠れ家だと推理される。 これ、ヒントでも何でもないと思うんですが・・・。 CSIの面目丸潰れ。
警視庁の愉快な仲間達が、隠れ家に到着。ジグソウを発見!  青島! 確保だー!!
←明らかに、警察の到着を待ち構えていた犯人。なのに家の入り口には痛そうな仕掛けが用意してあり、警官がまんまと死傷。。そこに仕掛け作っとく意味、あるのか?
実は別の場所に8人の男女が監禁済みで、その中には逮捕に来た刑事の息子もいた!
←「2時間後に死ぬ仕掛けだよ」と言われているのにも関わらず、証拠品や家宅捜索から、場所を割り出す素振りも見せず、(8人を映す)モニターをのんきに眺めている愉快な仲間達。 そんな中、刑事は息子を思い、一人涙を流す(でもやっぱりモニター見てるだけ)。
一方8人は、自分達が脱出不可能な状況にあり、しかも神経ガスによって2時間後には死に至るという事を知る!
←「解毒剤は金庫の中だよ」 「みんなの頭の後ろに注目しようね」 「その順番は“虹の彼方”だよ」 って、ちゃんとヒントをくれているのに、まったくそこを探ろうとしない8人衆。 やりたい放題に行動して、死者続出。
警視庁の愉快な仲間達、時間が余っているのでダラダラしてみる。 
息子を囚われた刑事は、“ジグソウ逮捕に人生懸けて来た”女刑事の発案で、やたらと証拠品をひっくり返したり損壊させたりしてみる。 
でも効果無かったので、今度は犯人に殴りかかったりする。 キレる40代!

←とにかく、愉快な仲間達は時間を持て余している。 そして監督も、この設定を持て余していたに違いない。
7人衆が監禁場所を探索。
あちらこちらに個人宛のメッセージと解毒剤獲得の仕掛けを発見するも、ことごとく失敗。

←どれだけ話が進めど、一向に協力する姿勢が見えない7人衆。  頭が悪いだけなのか? いいえ、着実に死体の数を増やして行かないといけないさだめの“続編”だからです。
実は7人衆は、全て刑事に恨みを持つ人間だと判明。息子が危ない!
←観客に危機感を与えたかったのでしょうが、そんなにハラハラ出来ない、ヘッポコな脚本(&演出)。
刑事の拳の圧力に負け、ついに犯人が監禁場所を吐く! 
息子はその頃、謎の女性(前作で死の仕掛けから唯一生き延びていた、元麻薬患者)と二人、キレたチンピラから必死に逃げ続けていた! 
刑事は救出に間に合うのか?!

←刑事が犯人の要求で、単独行動で救出に向うので、またもやブラブラする愉快な仲間達。  どうする?オレら?  じゃ、メシでも喰いに・・・わー!監禁場所の割り出しに成功しちゃったー!  ・・・じゃ、メシはお預けって事で・・・。
監禁場所にそれぞれ到着する、刑事と愉快な仲間達。
刑事は息子を探して地下のバスルームに辿り着くが、そこにいたのはミイラ化した死体と、変なマスクのもう一人の犯人! 
その頃、“ジグソウ一本槍”の女刑事は、犯人(ジグソウ)の隠れ家の中で、驚愕の事実を知る!

← ・・驚愕、 ねぇ・・・


とにかく、続編に求められる“血を2倍・死者を2倍・爆発も2倍”というセオリーを忠実に守って進む物語は、爆発こそ無いものの、頭数の為だけに無意味に集められた登場人物が、これまた無意味に死んでゆき、緊張感は微塵も見あたりません。
前作のラストで観客の度肝を抜いた、“ノコギリでアレをギコギコ”に負けじと用意された“ナイフでアソコをギコギコ”も、所詮2番煎じで、大したインパクトはありません。

とにかく、意味ありげに差し出された謎解きや仕掛けは、どれも中途半端で不消化極まりなし。
中でも私が一番許せなかったのは、金庫開けのキーワード“虹の彼方に”の意味が明かされなかった事。
もう一つのキーワード“頭の後ろ”に気が付いたのは、たった一人。
その一人が、他の女子供をシャイニングばりに追いかけるうちに、映画の尺が足りなくなったのか、「まぁいいや」と思ったのか、《影の真犯人コーナー》が始まってしまい、結局金庫の事はうやむやにされてしまったのです。
これじゃあ気になって寝られやしないじゃまいかーー!!


そりゃ前作にも、ストーリーの矛盾とか適当さはありましたが、それ以上にそれを補うだけの勢いや(作り手の)情熱がありました。
この続編には、情熱も無ければ勢いも無い。
「やったー!当たったー!! 今のうちに続編作らにゃー!!」って、 それだけなのです。


やだやだ。 大人の世界って。


そして、誰もが予想したとおり、『ソウ3』も製作決定のようです。


この展開こそが、ある意味一番“ソリッド・スリラー”だったりして・・・。




     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

『SAW』

2006年03月26日
先日、“ダメ続編”だと薄々感付いていたにも拘らず『ソウ2』を観てしまったの私ですが、そもそも元はと言えば、全ては一作目が予想外に面白かったからこそ・・・。


と言う訳で、そんな記念すべき『ソウ』第一作目の感想です。
ソウのかんそう    ・・・(自己嫌悪)


いやー。面白かった。
昔、何かの雑誌で、おすぎが大酷評していたのでちょっと期待していたのですが、それを裏切らない程度に面白かったです。
設定がとてもいいですね。  引き付けられます。
小道具の扱いも良い。 上手に使っていると思います。
若いっていいですね。 
これを撮った監督&脚本のコンビって、当時まだ27・8才位の若者だったそうじゃないですか。
さぞかし沢山、映画を観ているんでしょう。 あと、MTVとか。
アングルとかカメラワークとかが、とっても今風(年寄りは酔う可能性有り)でした。
小道具の造形は、とってもおたくチックで、唯一の生存者である被害者の女性が頭に付けられていた“実写版サザエさん的頭のバランスを感じさせるマシーン”なんて、いい出来だなーと思いました。
キャスティングも、マイノリティーが大部分を占めていて、好感度大。
ダニー・グローヴァー、懐深いですねぇ(こんな役引き受けるなんて)。
ケイリー・エルウェスも、すっかりおっさんになっちゃって・・・。
『アナザー・カントリー』から、もう20年ですか・・・。   
そりゃ私もおばさんになるはずだ。


肝心のストーリーはと言うと、アラを挙げればキリが無いので大まかに書くと、
きちがい異常な思想を持つ犯人が、ガン宣告を受けた事でプチッと何かが切れ、担当医を始め、関係者(&無関係者)を死の罠に嵌めて一人高みの見物と決め込む。
と言うお話です。
本気でつじつまを合わせようとか、アラを探しているとキリが無いので、あくまでもディテールを楽しむ作品だと思います。
「細かいストーリーより、いかに殺されるか?!に全精力を注ぎ込んで、脚本書きました!」と言うオーラがビシビシ伝わってくるので、あんまり真剣にストーリーを読み込まなくてもいいのかもしれませんね。
しかし、さすがに真犯人の正体が明らかになるくだりは、「何でそんな近くで気付かれんのじゃ(怒)!!」と思わざるを得ないです。
“生”を尊んでいない、と言うのが、犠牲者選びの理由らしいのですが、ジャンキー・放火魔・狂言自殺魔はイイとしても、主役の二人が選ばれた理由となると・・・。 
逆恨み、 ・・・と言う事なのでしょうか?
もしくは、そもそも愉快犯なので、理由なんてあって無きが如しなのでしょうか?


脚本・主演と大活躍のリー・ワネルと、監督のジェームズ・ワンのフレッシュコンビは、なんか自主映画時代から、この“ジグソウ(腹話術人形)”にご執心で、「次回作も腹話術人形モノをやるつもりなんだヨ」と、メイキングで言っていました。
残念ながら、その次回作が“パート2”で、しかもメインスタッフから自分達が外されるとは、この頃の二人は知る由も無かったでしょうね・・・。
この作品を観た当時(1年程前)、「彼らが今後、くれぐれも“ブレア・ウィッチ路線”を歩みませんように」と勝手に祈っていた事を思い出し、今となっては『ブレアウィッチ』どころか『CUBE』並みに、原案者おいてきぼり状態になりつつあるんじゃないかと、他人事ながら心を痛めております。


あと、ラストの後味の悪さは『セブン』級なので、気力が満ちている時でなければ、鑑賞はあまりお勧め出来ない作品となっております。
映画史に残る(『オールド・ボーイ』が裸足で逃げていく)程、えげつない痛みを感じさせるシーンもありますので、いたいけな婦女子は指の陰からチラ見するぐらいが丁度いいかもしれません。


     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

『銀河ヒッチハイク・ガイド』

2006年03月24日
また一本、傑作が誕生しました。(していました)


好きな人は、とことん好きになる作品でしょうね。
あらすじを紹介すると、
ある日突然、地球上に飛来した無数の宇宙船。
驚く地球人達の耳に飛び込んできたのは、「地球の場所が、銀河バイパス設計上とっても邪魔なので、これから爆破する事になりました。 と、言う訳で、ごきげんよう。良い一日を。」というアナウンス。
たまたま宇宙人の親友を持っていた事で助かった、平凡なイギリス男性が、地球消滅後の宇宙で繰り広げる冒険活劇。


といった感じでしょうか。
とにかく、出てくる登場人物は誰もみなユーモラスでマイペース。
超マイナス思考のロボットや、スマステ3の香取慎吾よりもIQが低そうな銀河系大統領や、タオルに異常な愛情を燃やすヒッチハイカーや、宇宙一融通がきかない官僚気質の宇宙人などなど、個性的この上ないキャラクター達が、素晴らしく的を得たキャスティングで登場。


地球消滅と言う緊急時に、気付けの紅茶を求めてションボリしている主役を演じるのは、『ラブ・アクチュアリー』で、裸で延々スタンドインさせられる売れない俳優を演じていたマーティン・フリーマン。
これ以上ないほど、 The・イギリス人 と言う風体が、リアリズムの境地です。
イギリス映画のみならず、最近はハリウッドモノでも存在を存分にアピールしているビル・ナイも、フィヨルド製作に男のプライドを懸ける“惑星製作業者”役で、美味しいところを持っていってます。


笑えて、考えさせられて、為になって、一粒で3回美味しい作品でした。(いや、それ以上か)


それにしても、この作品はカルフォルニア在住の、例のデジタルバカの所に是非送ってやるべきですね。


よたよたと歩く、愛しき着ぐるみのマーヴィン(憂鬱なロボット)を観ていると、リック・ベイカーの頑張りの賜物で砂漠をギコギコ歩く、オリジナル3部作のR2-D2が思い浮かびますし、 ジム・ヘンソン・クリーチャー・ショップの職人技が光る、素晴らしく醜悪なヴォゴン人(官僚気質の宇宙人)を観ていると、露出狂コスチュームのレイアに嬉々として首を絞められるジャバの勇姿が思い浮かびます。
ハーマ・カヴーラに会いに行く一行が立ち寄る、多種多様な異星人がたむろする酒場のシーンなんて、どう考えてもオビ・ワンとハン・ソロが商談をするカンティーナへのオマージュじゃないですか。


こういうテイストのSW(EP1~3)が観たかったなぁ・・・。


ほとんどアニメみたいなポッド・レースが観たかったのではなく。


ナメクジみたいなジャバが観たかったのでもなく。



ましてやジャーのつくあいつなんかでもなかったんだよーー!!



・・・取り乱してしまいました。


とにかく、イギリスでしか作りえない、ユーモアと毒と哲学を織り込んだSFの傑作映画です。

観終わったら、一家に一台マーヴィンが欲しくなる事、請け合いです。

あと、イルカの合唱が最高でした。







     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

『死ぬまでにしたい10のこと』

2006年03月22日
突然ですが、映画とは『夢物語』であると、私は思います。


所詮は絵空事、と言うのは余りにも愛の無い言い方なので、こう言うのです。
観ていて不愉快になる『夢物語』もあれば、幸せな気持ちに包まれるものもある。
この作品も、そんな『夢物語』でした。

主人公が直面する『現実』(末期ガン)は、容赦なく彼女の人生に終止符を打とうとします。
そこで、彼女が残された人生に課した10の命題。


「娘に毎日愛していると言う」「娘が18歳を迎えるまでの全ての誕生日用にメッセージを残しておく」「自分の後釜(夫の再婚相手)を見つける」と言った、ハートウォーミングなものから、「お酒とタバコを思う存分楽しむ」「疎遠にしていた父親に会いに行く」と言う余命幾ばくもない故的なもの。
そして、青春真っ只中で初めて付き合った人と出来ちゃった結婚して、そのまま“愛はあるけど貧乏”な生活を送ってきた彼女ならではな、「夫以外の人と付き合ってみる」「誰かを自分に夢中にさせてみせる」と言う、煩悩丸出しなものまで、様々な課題。


映画はその過程を綴っていくのですが、その目線はあくまで冷静です。
病に倒れるくだりも、末期ガンを宣告されるくだりも、残された時間の描き方も、決して煽情的になる事無く、淡々と描かれて行きます。


私は『さあ泣け泣け』的な映画が好きではないので、ここは好感がもてました。


しかし反面、あまりにも淡々としすぎて、もっと伝わるべきモノが薄れてしまっている感がしてならないのです。


現実は、きびしい。


不本意な死の宣告を受け、人生を思い通りにならないまま終えるしかない人は、少なくない筈です。 
取り乱してしまうでしょうし・・・。  
『死』というものを受け入れるのには、どれくらいの時間と覚悟が必要なんでしょうか?


この作品の主人公は、そのハードルをわりと軽く越えてしまっている感じを受けるのです。 
そんな簡単に割り切れるのでしょうか?


容赦ない『死』というものを。


そして、この上なく恵まれた環境。
夫は優しく、主人公だけに惜しみない愛情を注いでくれる。
主治医はガンの告知をためらうほど、情の深い人です。
母親は、ぶっきらぼうですが面倒見がいい。
そして、新たにゲットする恋の相手は、これまた主人公に初めて会ったその日から彼女にゾッコン状態で、「僕を選んでくれなくても、君が幸せになってくれるなら、僕はそれでいい(涙交じり)」なんて、不倫したい主婦にとって理想的な台詞を捧げてくれます。


自分の後釜(後妻)候補も、偶然隣に引っ越してきた独身女性(美人・性格よし・手に職あり・子供好き)でばっちり。


『死ぬまでにしたい10のこと』は、いとも簡単に、そして完璧に達成されます。
話の合間合間に、主人公の死後らしきシーンが挟み込まれているのですが、そこに映し出される登場人物のすがすがしい表情も、何だか引っかかってしまいます。


彼らの顔には悲しみはなく、「あの人、いい人だったね」くらいの、いい想い出でしかないように思えてしまうのです。
別に末期の状態を映し出して、悲しみにくれる人々や、死に逝く主人公の姿で「さあ泣け」をやってくれる必要は無いんですが、もう少し死の影を濃く表現してくれたら、もっと彼女の残された『生』が引き立つのではないでしょうか。


とはいえ、この作品の中にははっとする台詞も出てきます。
人は誰しも、今ある『生』を当たり前に捉えている。
だからそこに『死』を突きつけられた時、初めて見えるものも多いはずです。
『死の影』があって、初めて引き立つ『生の光』、と言うのも変な話ですが、実際そうなのかもしれません。


冒頭、全身に雨粒を受けて、素足で芝生に立っている主人公に、溢れんばかりの『生』を感じました。
もうちょっとこの感じが、本編にも現れていたら、もっと深い感動があったかもしれません。


それにしても、一番可哀想なのは最後の恋の相手に選ばれてしまった、測量技師のリーさん・29歳(推定)です。


泣いちゃうくらい好きなのに、 旦那がいるから結ばれないと思ってたのに、 実は相手は「私、余命少ないんだけどなー」って思ったなんて・・・。


夢中にならせるだけならせといて、死別ですか。


先立つ方は、そらいいですわなー。    
残された方の身にもなってみい!!


って、怒ってもいいんだよ。
でも、意外とさっぱりした顔の後日談みたいなシーンがあったので、実はただの惚れやすい男だったのかもしれません。


って、どっかで見た顔だと思ったら、『ハッピー・フライト』の“たわし君”だったーーーー!!


あの映画でも「理想の相手」役だったなー・・・。


アメリカではこんな顔がイイ男なのか・・・?


やっぱり、あそこの国のハンサム規定はわかりません。


w157121-view.jpg
(↑ たわし・ふたたび)
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

『レジェンド・オブ・メキシコ』 

2006年03月21日
『エル・マリアッチ』『デスペラード』で映画ファンのハートを掴んだものの、その後のへタレっぷりが甚だしいロバート・ロドリゲス。


『フロム・ダスク・ティル・ドーン』はまだ“変な映画”として面白かったのですが、『スパイキッズ』を3作も撮るに至っては「もう終わったな・・・」と思われても仕方無い様なショッパイ映画でした。
起死回生を狙ったか、初心に戻ったか、そんなロバート・ロドリゲスが『デスペラード』の続編に手を出したと聞いてはいたのですが、なかなか観る機会が無く早や幾年月。
やっと観る事が出来ました。


公開当時、まるでジョニデが主役のような加工を施されたTVスポットを観た時は、「また客寄せに詐欺まがいの編集しやがって・・・」と思っていましたが、



しかし・・・
・・・これって、主役はバンデラスでいいんですかね?
 


胸張って「主役だぜ!」と言えない程影の薄い主役、アントニオ・バンデラス。


私の想像では、最初はジョニーが 「え?『デスペラード』の続き撮るの?俺も出して出して~」 と言ったに違いありません。
そしてちょこっとのつもりで撮り進めるにつれ、なんせジョニー・デップなので普通のキャラには仕上がらず、役柄は膨らむ一方。
気が付けば誰が主役か判らない映画になっていました。と、そんな感じでしょう。


バンデラスがいくらキリキリ回って銃をぶっ放そうと、お尻をプリプリさせながらギターをかき鳴らそうと、合間にジョニーがちょこまかちょこまか小ネタを仕込んでいるお陰でちっともインパクトが残りません。



あぁ、ジョニー・・・。あんたはさぞかし楽しかっただろうね。
付け腕に始まり、変な衣装やこだわりの食事、最後は眼を潰されたにも係わらず聴力だけで敵陣に乗り込む大活躍。


大体、映画のオープニングとラストの画面を飾るのがジョニー・デップな時点で、誰に一番比重が置かれているか察しが付くってなものです。


バンデラス・・・懐が広いのだね。
明らかに監督をはじめ、関係者みんなが浮かれてるもんなー。

ジョニデだジョニデだ、ワッショイワッショイ!!

って祭囃子が聞こえてくるようです。


そんな浮かれた仕事のお陰で、バンデラスの復讐劇も中途半端。
せっかく出てたウィレム・デフォーも中途半端。
ジョニーと絡むかに見えたエヴァ・メンデスも中途半端。
当然意気揚々と出ていたサルマ・ハエックも中途半端(いや、彼女は完全燃焼してたか)。
美味しい思いをしたのはジョニーとミッキー・ロークだけだったのでした。
まあ、ストーリー映画としてではなく、アイドル映画として観れば楽しめるかもしれないですね(もちろんジョニー・デップ目当てで)。
私としては、ブシェミが出てなかった時点でありえないですが。



ったく・・・。  
(ロドリゲス常連組の)ゴンザレスでさえ出てたってのにさ・・・。




注:ゴンザレス=見た目の印象から、私が勝手に命名。本名はダニー・トレホという役者。 たまにホセと呼ぶ時もある。

使用例:「ゴンザレスまた出てたねー」  「悪い顔だなー、ホセ」

d0037.jpg
(↑ ゴンザレス)
     ♪♪どちらのバナーでもどうぞご遠慮なく♪♪ →   にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

 | HOME | Next »

※当ブログで使用しているイラスト等の著作権は、全てはアガサにありますので、転載、二次加工、再配布の際は一言ご連絡下さいませ。